背筋がゾゾッとする彫刻。「小谷元彦展:幽体の知覚」展

2011年 1月 5日 21:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京・六本木の森美術館で、小谷元彦氏の個展「小谷元彦展:幽体の知覚」が開催中だ。

 本展では、東京藝大在学中より15年以上にわたり蓄積されてきた作品の数々とともに、新作のインスタレーション、彫刻、映像作品を披露している。森美術館ならではの広い空間を利用した大規模な作品展示は、それぞれの展示室でガラリと様相を変え、見る者を幻想の世界へと誘う。

 小谷氏の創作のベースは彫刻にあるが、映像や写真といった複数の媒体も用いる。動物の皮、毛、骨、筋肉といったかたちの根本にあるものを顕在化させ、さらには空気、現象、気配、感覚といった目に見えないものを可視化するような作品を手がけている。

 英文タイトルの「Phantom Limb」は、小谷氏のギャラリーでの初個展と同じタイトルであり、「幻肢または幻影肢:手術や事故などで手や足などの一部を失った人がいまそこにはない手や足が存在するかのような感覚を覚える」という意味を持つ。それは、先天的に手足を持たない人にも同じような感覚が得られることがあるという。見えないけれど、確かにそこにある(あった)ものの感覚。

Related article

  • 空気と水の関係を問う、ジョエル・マイロウィッツ個展
    空気と水の関係を問う、ジョエル・マイロウィッツ個展
  • いちょう並木にロイヤル・ガーデン・カフェがオープン
    いちょう並木にロイヤル・ガーデン・カフェがオープン
  • 現代美術界の奇才、初の大規模個展「会田誠展:天才でごめんなさい」が森美術館で開催
    現代美術界の奇才、初の大規模個展「会田誠展:天才でごめんなさい」が森美術館で開催
  • アルテック80周年記念モデル
    アルテック80周年記念モデル
  • ブルーノ・ムナーリにオマージュを捧げる照明
    ブルーノ・ムナーリにオマージュを捧げる照明
  • 開館記念展11日まで、アキバの新しい顔「3331 Arts Chiyoda」
    開館記念展11日まで、アキバの新しい顔「3331 Arts Chiyoda」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「イスラエル映画傑作選」 東京フィルメックスレポート
  • 2
    「レンジローバー・イヴォーク5ドア」が初公開
  • 3
    ザハ・ハディドのソファ、B&B Italia新作
  • 4
    ヘブンリーベッド、「BALS TOKYO GINZA」で展示販売
  • 5
    ジャズ名盤講座第24回「ECM編」
  • 6
    ニッポンデザインを牽引「渡辺力さんの仕事」
  • 7
    今週末見るべき映画「her/世界でひとつの彼女」
  • 8
    ファッションで見る、実写版映画『ルパン三世』衣装展
  • 9
    日本屈指のテーラー・久保田博氏|『ブルーシアーズ』創立10年目の本音
  • 10
    今週末見るべき映画「ゴダール・ソシアリスム」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加