背筋がゾゾッとする彫刻。「小谷元彦展:幽体の知覚」展

2011年 1月 5日 21:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 同じポーズの少女が5枚並んでおり、手は真っ赤に染まっている。血のようにも見えるが、どうやらラズベリーの果実を手でつぶしてしまったようだ。13、14歳くらいだろうか、まだ大人になりきれない少女は、目を開けたりつむったり、アンニュイで空ろな表情を浮かべる。

「ファントム・リム」1997年 Cプリント 148x111cm(各、5点組)高橋コレクション、東京

「ファントム・リム」1997年 Cプリント 148x111cm(各、5点組)高橋コレクション、東京 撮影:木奥恵三 写真提供:森美術館

 手の「赤」は、キリストの磔刑のようにも見えるし、子ども時代を終える初潮のメタファーにも見える。スカートの中身が見えそうで見えない膝の角度からも髪の毛1本1本からも緊張が感じられ、何か見えないものに縛られている、ゆえにそんな表情を浮かべるのかとも思える。それが痛々しい感覚となって見る者を刺激する。

「ファントム・リム」1997年 Cプリント 148x111cm 高橋コレクション、東京

「ファントム・リム」1997年 Cプリント 148x111cm 高橋コレクション、東京 撮影:国守正和 Photo courtesy: YAMAMOTO GENDAI, Tokyo

 小谷氏は、この作品からもわかるように、初期の頃から従来の彫刻への概念をリセットするような作品を発表してきた。写真という媒体もそうだが、写真に写された少女の透明感、軽やかさは実体、重力からの解放にも思える。

Related article

  • アートの常識を覆した若者たち「ビューティフル・ルーザーズ」
    アートの常識を覆した若者たち「ビューティフル・ルーザーズ」
  • 瀬戸内アート旅、玄関口の作品も見逃すな:瀬戸内国際芸術祭
    瀬戸内アート旅、玄関口の作品も見逃すな:瀬戸内国際芸術祭
  • クリエーターの提案から、たった一つの贈り物を探しに
    クリエーターの提案から、たった一つの贈り物を探しに
  • 「ネイチャー・センス」展 プレビュー、吉岡徳仁新作
    「ネイチャー・センス」展 プレビュー、吉岡徳仁新作
  • ドイツデザインのステイショナリー、フィリッピ最新モデル
    ドイツデザインのステイショナリー、フィリッピ最新モデル
  • 厳選15ギャラリーによるアートフェア「G-tokyo 2010」開催
    厳選15ギャラリーによるアートフェア「G-tokyo 2010」開催

Prev & Next

Ranking

  • 1
    アマン東京|静謐な美が宿る極上の空間
  • 2
    あのクリエイターに今、ききたいこと。坪井浩尚さん/プロダクトデザイナー
  • 3
    銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
  • 4
    錦織圭、闘魂の赤を語る。タグ・ホイヤーの日本限定モデル”Air-K”。
  • 5
    ジャズ名盤講座第1回「ブルーノート~1500番台編」
  • 6
    【特別インタビュー】美容室assort KEN KOBAYASHI × MOROCCANOIL
  • 7
    フォトギャラリー:フェラーリ「599XX」日本初公開
  • 8
    夏に涼しく美しい、新・日本の名作椅子「イリス」
  • 9
    Bang & Olufsenの新型液晶テレビ「BeoVision 8」
  • 10
    スウェーディッシュ・ファッションの現在

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加