背筋がゾゾッとする彫刻。「小谷元彦展:幽体の知覚」展

2011年 1月 5日 21:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 小谷氏は彫刻という概念の脱構築を意識していると書いたが、この作品もまさにそうだ。動物の毛皮という「死体」を素材に用いドレスを作った。

「Human Lesson (Dress 01)」1996年、狼の毛皮、ほか 所蔵:高橋コレクション

「Human Lesson (Dress 01)」1996年、狼の毛皮、ほか 所蔵:高橋コレクション

 「木彫で扱う木材はそもそも“木の死体”であり、動物の死体である剥製はそれと同様のこと」と小谷氏は語っている。また、狼少女の話がテーマの根底にあるという。双頭の狼は、お互いが前進するとその体は千切れてしまう。そう考えると、人間の少女を育てた狼の表情は、いずれ訪れる別れを予期し、悲しみの遠吠えをしているように見えてくる。

 かわいらしい鹿の剥製だが、その四肢には拘束具のようなものが着けられている。エレクトロというタイトルからすると、鹿はサイボーグ化されてしまったのか。

「エレクトロ(バンビ)」2003年、鹿の剥製、アルミニウム鋳造、ほか 61x60x29cm 所蔵:肇子フェリエ氏

「エレクトロ(バンビ)」2003年、鹿の剥製、アルミニウム鋳造、ほか 61x60x29cm 所蔵:肇子フェリエ氏

 小谷氏の作品では、一貫して「痛覚を表象する」と言われているが、鹿が無表情なだけに「走ったら器具が筋肉にめりこむのだろうか」とか「成長を止めるためにつけられているのか」といったように見る方が感情移入してしまい、痛々しさが倍増する。

Related article

  • 究極の米作りを模索、鮮度にこだわる 「今摺り米」
    究極の米作りを模索、鮮度にこだわる 「今摺り米」
  • 東京デザイナーズウィーク速報
    東京デザイナーズウィーク速報
  • 落合多武個展「スパイと失敗とその登場について」
    落合多武個展「スパイと失敗とその登場について」
  • 見て、聞いて、触って、香って「森」の今を知る
    見て、聞いて、触って、香って「森」の今を知る
  • テオ・ヤンセンが作る未来の生命、ビーチ・アニマルを見よ
    テオ・ヤンセンが作る未来の生命、ビーチ・アニマルを見よ
  • ミナ ペルホネン15周年記念展のテーマは「進行中」
    ミナ ペルホネン15周年記念展のテーマは「進行中」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    今週末見るべき映画「自由が丘で」
  • 2
    フォトギャラリー:レクサス「SC430 The Eternal Jewel」
  • 3
    天然の黄金色が美しい、奇跡のような植物のジュエリー
  • 4
    次世代のロフト「有楽町LOFT」が1日オープン
  • 5
    気分はヨーロッパのキッチン? 日立の新しい大型冷蔵庫
  • 6
    ドイツの現代美術家、レベッカ・ホルンの日本初個展
  • 7
    京都東山から世界を目指す、コーヒーロースター「% Arabica 京都」
  • 8
    世界最大!光学ガラスのテーブル、吉岡徳仁個展
  • 9
    ミニマル、シンプル、モダンなジュエリー
  • 10
    レクサスの旗艦モデル LS600h / LS600hL発表

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加