背筋がゾゾッとする彫刻。「小谷元彦展:幽体の知覚」展

2011年 1月 5日 21:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 長い時間をかけて一滴一滴伝ってくる水が硬化した鍾乳石のような彫刻。この作品のテーマは「重力」だ。重力の法則に従ってあらわになるもののかたちを表現した。「重力」というのも、小谷氏が持ち続けるテーマのひとつである。

「スケルトン」2003年 FRP、ほか c.390xφ55cm イセ文化基金、東京

「スケルトン」2003年 FRP、ほか c.390xφ55cm イセ文化基金、東京 撮影:木奥恵三 Photo courtesy: YAMAMOTO GENDAI, Tokyo

 最初の展示室から部屋はどんどん暗くなる。薄暗がりの展示室の中央に8角形の部屋が作られ、部屋の壁はそれぞれスクリーンになっており、8方向から滝の映像が投影されている。

「インフェルノ」2008-10年 ビデオ・インスタレーション:8面同期ハイビジョン・ビデオ・プロジェクション、4.1chサラウンド・サウンド 556×φ610cm、5分37秒(ループ)作家蔵 サウンド:高嶋 啓 制作協力:ステッチ、マックレイ

 観客はスクリーンのカーテンをくぐって中に入る。床と天井にミラーが張られており、まさに映像に包まれる感覚になる。上下を見回すと、天井の鏡の効果で途端に平衡感覚を失い、空間の中を飛んでいるような感覚になる。しばらく見ていると、滝のスピードにより時間の感覚も狂わせられる。私は、この部屋にいるのが非常に心地よい瞑想空間のように感じられたが、刺激が強いので注意して欲しい。

「インフェルノ」2008-10年 ビデオ・インスタレーション:8面同期ハイビジョン・ビデオ・プロジェクション、4.1chサラウンド・サウンド 556×φ610cm、5分37秒(ループ)作家蔵 サウンド:高嶋 啓 制作協力:ステッチ、マックレイ

「インフェルノ」2008-10年 ビデオ・インスタレーション:8面同期ハイビジョン・ビデオ・プロジェクション、4.1chサラウンド・サウンド 556×φ610cm、5分37秒(ループ)作家蔵 サウンド:高嶋 啓 制作協力:ステッチ、マックレイ 撮影:木奥恵三 写真提供:森美術館

Related article

  • アートディレクター古平正義の仕事を集大成
    アートディレクター古平正義の仕事を集大成
  • おしゃれスタンプを押しに品川駅へ!「DB in STATION」
    おしゃれスタンプを押しに品川駅へ!「DB in STATION」
  • あの「かぐや」がキットに! デザインコンシャスなヒラメキット
    あの「かぐや」がキットに! デザインコンシャスなヒラメキット
  • NYストリートの歴史とカルチャーを感じる、ブルース・ダベンポートJrの展覧会。
    NYストリートの歴史とカルチャーを感じる、ブルース・ダベンポートJrの展覧会。
  • 伊藤節+伊藤志信が手がけた新素材のベッド
    伊藤節+伊藤志信が手がけた新素材のベッド
  • ジノリの食器がオートクチュールのアートピースに
    ジノリの食器がオートクチュールのアートピースに

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「新型MINI コンバーチブル」試乗レポート
  • 2
    フォトギャラリー:吉岡徳仁「セカンド・ネイチャー」展
  • 3
    美山荘(京都・花背)/美味しい宿、美味しい旅(1)
  • 4
    ビジネスマンの節電対策! 夏を快適にすごす傑作50選
  • 5
    アラーキーこと荒木経惟の、世界最大のポラロイドカメラを使用した写真展が開催
  • 6
    話題の『ローズベーカリー 銀座』を体験
  • 7
    腕に光る釘。モダンアートなカルティエ新作「ジュスト アン クル」
  • 8
    ボッティチェリらの名作が集結、ウフィツィ美術館展
  • 9
    トーネットの名作、ブラック&ホワイトの記念モデル
  • 10
    さらりとした貫禄。VWトゥアレグV6|試乗レポート

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加