19日からG-tokyo 2011が開催、9日間のアートの祭典

2011年 2月 15日 12:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 19日から東京・六本木の森アーツセンターギャラリーでG-tokyo 2011が開幕する。日本を代表する15のトップギャラリーによる、東京発のコンテンポラリーアートフェアだ。15のギャラリーすべてが個展もしくは企画展形式の形で参加する。いずれも、日本の現代アートの流れを牽引し、世界規模のアートフェアに参加してきたギャラリーばかりだ。参加ギャラリーは以下のとおり。

アラタニウラノ 『加藤泉』 個展
作家:加藤泉

ギャラリー小柳 『肖像』 展
作家:ミヒャエル・ボレマンス、ソフィ・カル、マルレーネ・デュマス、花代、増田佳江、野口里佳、佐藤允 、杉本博司 、ヘレン・ファン・ミーネ、山口智子ほか

ギャラリーSIDE 2 『ハーモロディックス』展
作家:ウドムサック・クリスナミス、イザベル・ノーラン、花澤武夫、 ロブ・プルーイット、ピーター・マクドナルド、ムラタ有子

ピーター・マクドナルド/マチス 銀の鳥かご/2010

ピーター・マクドナルド/マチス 銀の鳥かご/2010 courtesy of GALLERY SIDE 2

ヒロミヨシイ『セオリー・オブ・ヘブン』展
作家:細江英公、ビョルン・ダーレム

ケンジタキギャラリー 『アルフレッド・ジャー 』個展
作家:アルフレッド・ジャー

児玉画廊  『ignore your perspective 』展
作家:貴志真生也、関口正浩、和田真由子、八木修平

Related article

  • NYストリートの歴史とカルチャーを感じる、ブルース・ダベンポートJrの展覧会。
    NYストリートの歴史とカルチャーを感じる、ブルース・ダベンポートJrの展覧会。
  • アートの常識を覆した若者たち「ビューティフル・ルーザーズ」
    アートの常識を覆した若者たち「ビューティフル・ルーザーズ」
  • 今週末見るべき映画「アイ・ウェイウェイは謝らない」
    今週末見るべき映画「アイ・ウェイウェイは謝らない」
  • フィンランドを代表する、サンテリ・トゥオリ日本初個展
    フィンランドを代表する、サンテリ・トゥオリ日本初個展
  • 今週末見るべき映画「天才スピヴェット」
    今週末見るべき映画「天才スピヴェット」
  • 街の文具店「カキモリ」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(1)
    街の文具店「カキモリ」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(1)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「星野リゾート タラサ志摩」のメインダイニングが新イタリアン「Tre Mare」に
  • 2
    吉岡徳仁によるスワロフスキー旗艦店が銀座に
  • 3
    世界のキッチングッズブランドが集まる「サテリテ」
  • 4
    ブルガリから宝石箱のようなチョコレート
  • 5
    賛否両論の問題作「ツリー・オブ・ライフ」
  • 6
    今週末見るべき映画「ビルマVJ 消された革命」
  • 7
    エンツォ・マーリの「段ボール」パーティション
  • 8
    ニコラ・フィアットからミニボトル、One Fo(u)r
  • 9
    伊勢丹新宿店、新リビングフロアをさっそく分析
  • 10
    「Onyx」の何度でも使える、次世代アイスキューブ

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加