シンガポールビエンナーレに「マーライオン・ホテル」

2011年 3月 19日 10:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本人アーティストの西野達氏による「ザ・マーライオン・ホテル」がシンガポールに出現している。これは、13日に開幕した現代アートの祭典、シンガポールビエンナーレの参加作品だ。シンガポールビエンナーレには30ヵ国から63組のアーティストが参加し、街中を使って161の作品が展示されている。



 シンガポールで一番有名なランドマークである、マーライオンを実際に建物で囲ってしまうという作品で、ホテルとして予約者が宿泊することもできる(予約は既に完売)。シンガポールビエンナーレの会期中、一般の見学も10時から19時まで可能だ。入場無料。

 普段は頭上にそびえるマーライオンを非常に近くで眺めることができ、しかも、豪華ホテルとしても機能することにより宿泊者は、マーライオンをプライベートに独り占めする。パブリックとプライベートの境界を取り除き、鑑賞者に新しい視点を与えてくれる作品だ。シンガポールビエンナーレの会期は5月15日まで。

マーライオン・ホテル

撮影/服部祐介

Related article

  • 仏現代アートの鬼才、ファブリス・イベール
    仏現代アートの鬼才、ファブリス・イベール
  • 大黒屋(栃木・板室温泉)/日本を巡る、アートな旅(5)
    大黒屋(栃木・板室温泉)/日本を巡る、アートな旅(5)
  • 空前絶後の「オルセー」がやってくる! 26日から
    空前絶後の「オルセー」がやってくる! 26日から
  • 世界最高のアートフェア「アートバーセル」現地レポート
    世界最高のアートフェア「アートバーセル」現地レポート
  • 想像力で地球の中心へ、鴻池朋子展
    想像力で地球の中心へ、鴻池朋子展
  • 閉幕まであとわずか、必見のディーター・ラムス展
    閉幕まであとわずか、必見のディーター・ラムス展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    人気スタイリストが手がけるスタイリッシュな国産メガネ「Little Emma-2(リトルエマ ツー)」
  • 2
    “これからの帽子”を提案。「KAMILAVKA(カミラフカ)」オープン
  • 3
    サイズを超えたサウンドを実現、超小型ポータブルスピーカー
  • 4
    銀座で楽しむ良質な音楽。「GINZA MUSIC BAR」オープン
  • 5
    ボルボが放つ新世代コンパクトSUV「V40 クロスカントリー T5 AWD」
  • 6
    フォトギャラリー:プレミアムSUV「アウディ Q5」
  • 7
    今週末見るべき映画「ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古」
  • 8
    ミラノサローネ2009 現地レポート(1) トップブランド新作
  • 9
    現代アートの最先端から次世代の「視点」を見る、森美「六本木クロッシング2013展」
  • 10
    111周年を迎えた、ウィーンの人気帽子ブランド「ミュールバウアー」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加