シンガポールビエンナーレに「マーライオン・ホテル」

2011年 3月 19日 10:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本人アーティストの西野達氏による「ザ・マーライオン・ホテル」がシンガポールに出現している。これは、13日に開幕した現代アートの祭典、シンガポールビエンナーレの参加作品だ。シンガポールビエンナーレには30ヵ国から63組のアーティストが参加し、街中を使って161の作品が展示されている。

 シンガポールで一番有名なランドマークである、マーライオンを実際に建物で囲ってしまうという作品で、ホテルとして予約者が宿泊することもできる(予約は既に完売)。シンガポールビエンナーレの会期中、一般の見学も10時から19時まで可能だ。入場無料。

 普段は頭上にそびえるマーライオンを非常に近くで眺めることができ、しかも、豪華ホテルとしても機能することにより宿泊者は、マーライオンをプライベートに独り占めする。パブリックとプライベートの境界を取り除き、鑑賞者に新しい視点を与えてくれる作品だ。シンガポールビエンナーレの会期は5月15日まで。

マーライオン・ホテル

撮影/服部祐介

Related article

  • ナディッフが「NADiff A/P/A/R/T」として再オープン
    ナディッフが「NADiff A/P/A/R/T」として再オープン
  • 今週末見るべき映画「ニューヨーク 冬物語」
    今週末見るべき映画「ニューヨーク 冬物語」
  • 「イメージメーカー展」、21_21 DESIGN SIGHTで開催中
    「イメージメーカー展」、21_21 DESIGN SIGHTで開催中
  • 福武ハウス 2010に気鋭の現代作家:瀬戸内国際芸術祭
    福武ハウス 2010に気鋭の現代作家:瀬戸内国際芸術祭
  • 【レポート】第一回ヘンタイ美術館、「~どうかしちゃってる天才たち~」
    【レポート】第一回ヘンタイ美術館、「~どうかしちゃってる天才たち~」
  • 日常世界の向こう側に潜むアート|高松次郎展
    日常世界の向こう側に潜むアート|高松次郎展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    デザインプロダクト最新作-ドイツ「アンビエンテ」レポート【後編】 
  • 2
    センプレで「手を動かして知る」デザイン
  • 3
    深澤直人とジャスパー・モリソンの、極上椅子
  • 4
    古代から愛されてきた、注目のビューティフード「モリンガ」
  • 5
    ボルボが放つ新世代コンパクトSUV「V40 クロスカントリー T5 AWD」
  • 6
    デザインアワード受賞作品を先行販売。コクヨの限定商品が買える「コクヨハク」3日間限定オープン
  • 7
    今週末見るべき映画「白夜のタンゴ」
  • 8
    1960年代の建築運動「メタボリズム」を一望、15日まで
  • 9
    今週末見るべき映画「奇蹟がくれた数式」
  • 10
    旅する香港、最新食事情(1)

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加