シンガポールビエンナーレに「マーライオン・ホテル」

2011年 3月 19日 10:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本人アーティストの西野達氏による「ザ・マーライオン・ホテル」がシンガポールに出現している。これは、13日に開幕した現代アートの祭典、シンガポールビエンナーレの参加作品だ。シンガポールビエンナーレには30ヵ国から63組のアーティストが参加し、街中を使って161の作品が展示されている。



 シンガポールで一番有名なランドマークである、マーライオンを実際に建物で囲ってしまうという作品で、ホテルとして予約者が宿泊することもできる(予約は既に完売)。シンガポールビエンナーレの会期中、一般の見学も10時から19時まで可能だ。入場無料。

 普段は頭上にそびえるマーライオンを非常に近くで眺めることができ、しかも、豪華ホテルとしても機能することにより宿泊者は、マーライオンをプライベートに独り占めする。パブリックとプライベートの境界を取り除き、鑑賞者に新しい視点を与えてくれる作品だ。シンガポールビエンナーレの会期は5月15日まで。

マーライオン・ホテル

撮影/服部祐介

Related article

  • 今週末見るべき映画「危険なプロット」
    今週末見るべき映画「危険なプロット」
  • 未来を担う36組のアーティストが、森美術館に集結
    未来を担う36組のアーティストが、森美術館に集結
  • 気鋭のアーティスト、3つの感性が交錯「melting point」
    気鋭のアーティスト、3つの感性が交錯「melting point」
  • 羽田空港でデジタルパブリックアート「空気の港」が開催
    羽田空港でデジタルパブリックアート「空気の港」が開催
  • 世界中の人から心臓音を集めたアーカイブ:瀬戸内国際芸術祭
    世界中の人から心臓音を集めたアーカイブ:瀬戸内国際芸術祭
  • 汐留のアド・ミュージアムで昭和の広告展 -1970年代・80年代
    汐留のアド・ミュージアムで昭和の広告展 -1970年代・80年代

Prev & Next

Ranking

  • 1
    【告知】第三回ヘンタイ美術館は、「理想と現実、どちらがヘンタイか」
  • 2
    50周年を迎えた「ソメスサドル」の新機軸
  • 3
    光がテーマの「リギョン展」。銀座メゾンエルメスで開催
  • 4
    その名に恥じぬ一歩を。第27回東京国際映画祭の全容
  • 5
    写真家 濱田英明がうつしだすニーシングの世界
  • 6
    今週末見るべき映画「リスボンに誘われて」
  • 7
    キーホルダーサイズのiPhoneコンセント、「Chargerito」
  • 8
    試乗レポート:Rの凄み+ゴルフの誠実=VWゴルフR
  • 9
    マルニ木工「MARUNI COLLECTION 2014」。深澤直人氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー
  • 10
    ブルーノ・モワナー、ガルニエのオペラ座に新たな息吹

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加