「ミミオ図書館」被災地に贈るメッセージ入り絵本を募集

2011年 4月 2日 07:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京・市谷のミヅマアートギャラリーでは、アーティストの鴻池朋子氏が発起人となり「ミミオ図書館」プロジェクトを呼びかけている。「ミミオ」は鴻池氏によるキャラクターで、白いふわふわの丸に手足の生えた不思議な生き物。以下は、鴻池氏からのメッセージ。

 みなさんの大好きな絵本、心に残った絵本、贈りたい絵本を寄贈してください。寄贈いただいた絵本は私が責任をもって東日本大震災の被災地に届けます。今すぐでなくとも、少し後できっと役立つものとして、「ミミオ図書館」を設立します。

 今後、被災地の情報が次第にあきらかになり、人々の衣食住が見えてくる頃をめどに、先方の希望に沿う形で、この図書館が届けられ閲覧できるようなシステムをつくってゆきます。まずその第一歩として本日より収集を始め、図書館開架までの準備期間としてスタートといたします。

 本は絵本のみを受け付けます。これは絵本に入るかなあ?と迷った方は絵本窓口の司書にご相談ください。私も美しい図鑑や写真集は今回の絵本の中に入れてもらいたいと思っています。寄贈シートがミヅマアートギャラリーホームページからダウンロードできますので、そのシートに寄贈者からのエピソードやメッセージを一言ご記入下さい。日付と震災からの日数も書き込みます。この日付は私たちが日常を取り戻していく上で、忘れないための重要なカウントです。そして寄贈シートと共に絵本窓口へ持ち込むか、もしくはお送りください。自分の本棚から選んだ一冊、新たに購入する一冊でもかまいません。その購買は全てにつながっていますから。


Related article

  • 六本木がアートのハブになる夜「動け、カラダ!」六本木アートナイト2014
    六本木がアートのハブになる夜「動け、カラダ!」六本木アートナイト2014
  • 閉幕まであとわずか、必見のディーター・ラムス展
    閉幕まであとわずか、必見のディーター・ラムス展
  • 「静けさのなかにみえる、未来への道筋」 トーマス・バイルレ インタビュー
    「静けさのなかにみえる、未来への道筋」 トーマス・バイルレ インタビュー
  • ”出会い”はクリエイション。「OPA!陽気な黙示録」
    ”出会い”はクリエイション。「OPA!陽気な黙示録」
  • 【告知】第四回ヘンタイ美術館|今回は、マネ・モネ・ドガ
    【告知】第四回ヘンタイ美術館|今回は、マネ・モネ・ドガ
  • 21_21 DESIGN SIGHT「200∞年 目玉商品」展
    21_21 DESIGN SIGHT「200∞年 目玉商品」展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    東京ミッドタウンに「ガリバーテーブル」出現
  • 2
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 3
    グエナエル・ニコラ「SPARKS」 SWAROVSKI CRYSTAL PALACE
  • 4
    アクシスギャラリーで「三保谷硝子店—101年の試作展」開催中
  • 5
    フォトギャラリー:吉岡徳仁デザインのKartell「Ami Ami」
  • 6
    日本初披露、フェラーリ初のハイブリッド・スーパーカー「ラ フェラーリ」
  • 7
    新しいVWザ・ビートルのシンプルネスとは? デザイナーインタビュー
  • 8
    フォトギャラリー:「TENORI-ON(テノリオン)」
  • 9
    #謎4|パーク ハイアット 東京、その謎
  • 10
    暮らしのための道具がある風景「鍋の道具展」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加