15日まで、ホンマタカシ「Satellite 9」展

2011年 5月 14日 09:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京展では装いも新たに金沢展では公開されなかった新作・未発表作品も一部含め、展示内容もパワーアップ。金沢21世紀美術館で人気のあった双眼鏡を使った展示作品「Seeing Itself」にかわり、ホンマ氏が敬愛する写真家、中平卓馬氏の日常をフォルムにおさめたショートムービー「SHOT HOPE」(音響担当は音楽家の阿部海太郎氏)も初上映され話題となっている。

 導入部となるコリドールの展示作品には、ホンマ氏の近年の代表作ともいえる「Tokyo & My Daughter」が選ばれた。東京に生まれた少女の日常の何気ない姿と、ホンマ氏の写真の主題でもある「東京」のダイナミックな風景が交互に等価値に展示される。個人的な物語と都市がもつ大きな物語が、鮮やかな対比をもってみる者の心に迫ってくる。東京オペラシティアートギャラリーに来場したことがある人にとっては、通常の企画展とは逆のルートでたどる展示順路も新鮮だろう。

 どこにでもありそうな郊外の風景や、ファストフード店の写真。雪の上にしるされた意味ありげな赤い斑点や、暗がりでタバコに火を点ける記号的な反復される映像。展示をみて感じるのは、人格の異なる複数の書き手による一冊の雑誌をみているような感覚だ。雑誌のページを繰り返しめくるように、会場を何度も往復し、写真がもつ意味を探りたくなる、そんな展覧会になっている。

「ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー」
東京オペラシティアートギャラリー
開催中〜 6/26(日)
新宿区西新宿3-20-2
11:00 〜19:00(金・土 11:00〜20:00)月休、大人1,000円
お問い合わせ:Tel :03-5353-0756

Related article

  • モダンデザインの過去から未来を展望「ヴェルナー・パントン展」
    モダンデザインの過去から未来を展望「ヴェルナー・パントン展」
  • 「Murakami - Ego」フクヘン現地レポート(前編)
    「Murakami - Ego」フクヘン現地レポート(前編)
  • 今週末見るべき映画「白夜のタンゴ」
    今週末見るべき映画「白夜のタンゴ」
  • 「MUJI」ミーツ、愛のバッドデザイン
    「MUJI」ミーツ、愛のバッドデザイン
  • 現代中国を代表する「アイ・ウェイウェイ展—何に因って?」
    現代中国を代表する「アイ・ウェイウェイ展—何に因って?」
  • 坂・路地・石垣をめぐってアートに出会う:瀬戸内国際芸術祭
    坂・路地・石垣をめぐってアートに出会う:瀬戸内国際芸術祭

Prev & Next

Ranking

  • 1
    世界のキッチングッズブランドが集まる「サテリテ」
  • 2
    村上隆個展「MURAKAMI VERSAILLES」が開幕
  • 3
    フォトグラファー・佐藤博信、「日本人としての自分視点で美しさを感じてほしい」
  • 4
    サンフランシスコの超人気店「TARTINE BAKERY」、ついに日本上陸
  • 5
    作られ続ける道具たち「日本の荒物 松野屋とSyuro 」
  • 6
    初公開! 旧フランス大使館に現代アートが集結
  • 7
    インテリアトレンドが動き出す、ケルン・メッセ国際家具見本市
  • 8
    生の一瞬のきらめきを切り取るベッティナ・ランス
  • 9
    日本屈指のテーラー・久保田博氏|『ブルーシアーズ』創立10年目の本音
  • 10
    今を見つめる鮮やかな視点。「路上と観察をめぐる表現史ー考現学以後」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加