今もっとも注目すべき作家 「名和晃平 - シンセシス」

2011年 6月 30日 11:23 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビー玉を体中に貼り付けた鹿を見た事があるだろうか。もちろん野生ではなくて剥製の鹿、である。大小様々な大きさの丸いガラスビーズを身に纏った鹿は、遠くから見ると何かデキモノが出来ているようで少々気味が悪い。

 ともすると、キラキラと丸い飾りがついてキレイだわあ、と言う人もいるだろう。近づいてみると、部分によってクリアなビーズの奥にある体毛が密集している様子が拡大されて見えたり、ガラス同志が反射して真っ白い像が表れたり、ガラスの中にある気泡が歪んだ形で見えたり… 鹿を見ているようで、そこにあるものは既に鹿じゃない違う物体になっている。果たして、目の前にいるものは、何なのか?

《Pixcell-Elk #2》2009, Work created with the support of the Fondation d'entreprise Hermès ©2011 Kohei Nawa「名和晃平─シンセシス」2011年 展示風景 東京都現代美術館 撮影:豊永 政史(SANDWICH)

 いま、日本はもとより世界からも多くの注目を集めている、若手現代美術家・名和晃平の個展「名和晃平展─シンセンス」が、東京・木場の東京都現代美術館で開催されている。本展では、名和氏がこれまで取り組んできた7つのシリーズ、そしてそこから派生した5つ、計12の部屋で名和晃平の作品世界が堪能できる構成になっている。

Related article

  • 瀬戸内海を切り開く?「ファスナーの船」:瀬戸内国際芸術祭
    瀬戸内海を切り開く?「ファスナーの船」:瀬戸内国際芸術祭
  • 東京デザイナーズウィーク速報
    東京デザイナーズウィーク速報
  • 村上隆がセレクトするギャラリーショップ「Hidari Zingaro」
    村上隆がセレクトするギャラリーショップ「Hidari Zingaro」
  • Interview: ヤノベケンジ、ステンドグラス「Sun Child」
    Interview: ヤノベケンジ、ステンドグラス「Sun Child」
  • アートの常識を覆した若者たち「ビューティフル・ルーザーズ」
    アートの常識を覆した若者たち「ビューティフル・ルーザーズ」
  • フランス現代美術のエッジを見る「フレンチ・ウィンドウ」
    フランス現代美術のエッジを見る「フレンチ・ウィンドウ」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 2
    フォトギャラリー:iida発表会、深澤直人デザイン「PRISMOID」
  • 3
    世田谷通り沿いに、三軒茶屋エリア4拠点となるオブスキュラ「Obscura Mart」オープン
  • 4
    MoMA Design Storeが初上陸、表参道GYREがオープン
  • 5
    フォトギャラリー:吉岡徳仁デザイン「iida X-RAY」
  • 6
    三宅一生 「REALITY LAB 再生・再創造」展が開幕
  • 7
    フォトギャラリー:FLOS「soft-architecture」
  • 8
    バルーン・アーティストDaisy Balloon|スペクタクルな美的世界|インタビュー
  • 9
    閉幕迫る「大地の芸術祭2009」北川フラム インタビュー
  • 10
    長山智美のムームー日記SP「おお!イケアのイっケんヤ!」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加