今もっとも注目すべき作家 「名和晃平 - シンセシス」

2011年 6月 30日 11:23 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビー玉を体中に貼り付けた鹿を見た事があるだろうか。もちろん野生ではなくて剥製の鹿、である。大小様々な大きさの丸いガラスビーズを身に纏った鹿は、遠くから見ると何かデキモノが出来ているようで少々気味が悪い。

 ともすると、キラキラと丸い飾りがついてキレイだわあ、と言う人もいるだろう。近づいてみると、部分によってクリアなビーズの奥にある体毛が密集している様子が拡大されて見えたり、ガラス同志が反射して真っ白い像が表れたり、ガラスの中にある気泡が歪んだ形で見えたり… 鹿を見ているようで、そこにあるものは既に鹿じゃない違う物体になっている。果たして、目の前にいるものは、何なのか?

《Pixcell-Elk #2》2009, Work created with the support of the Fondation d'entreprise Hermès ©2011 Kohei Nawa「名和晃平─シンセシス」2011年 展示風景 東京都現代美術館 撮影:豊永 政史(SANDWICH)

 いま、日本はもとより世界からも多くの注目を集めている、若手現代美術家・名和晃平の個展「名和晃平展─シンセンス」が、東京・木場の東京都現代美術館で開催されている。本展では、名和氏がこれまで取り組んできた7つのシリーズ、そしてそこから派生した5つ、計12の部屋で名和晃平の作品世界が堪能できる構成になっている。

Related article

  • 桃太郎の鬼ヶ島にインストールされた現代アート:瀬戸内芸術祭
    桃太郎の鬼ヶ島にインストールされた現代アート:瀬戸内芸術祭
  • 時代を経て愛される、スイス・ネフ社の玩具
    時代を経て愛される、スイス・ネフ社の玩具
  • クリエーターの提案から、たった一つの贈り物を探しに
    クリエーターの提案から、たった一つの贈り物を探しに
  • auの新プロジェクト「another work*s」が始動
    auの新プロジェクト「another work*s」が始動
  • 日本のデザインが逆輸入されたマリメッコのフィンランド店
    日本のデザインが逆輸入されたマリメッコのフィンランド店
  • 17世紀から現代まで一望 「ラグジュアリー:ファッションの欲望」
    17世紀から現代まで一望 「ラグジュアリー:ファッションの欲望」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:アウディ「A5/S5カブリオレ」
  • 2
    フォトギャラリー:ポルシェ 新モデル「パナメーラ」
  • 3
    フォトギャラリー:レンジローバー・イヴォーク5ドア
  • 4
    秋のデザイン祭り、サテライト会場を厳選ピックアップ!
  • 5
    フォトギャラリー:iida第二弾発表会
  • 6
    フォトギャラリー:「ライカ M9 チタン」
  • 7
    フォトギャラリー:ミラノサローネで発表のヤマギワ新作照明
  • 8
    フォトギャラリー:新型フェアレディZ北米モデル「370Z」
  • 9
    1949年から変わらない、スウェーデンの収納
  • 10
    フォトギャラリー:「ニスモ 370Z」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加