カルティエ、時計作りの核心へ 「Cartier Time Art」

2011年 7月 13日 13:06 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月26日からスイス・チューリッヒのベルリーヴ美術館で吉岡徳仁氏のアートディレクションによる展覧会「Cartier Time Art」が開催される。

 本展は、カルティエの時計作りの核心に迫る特別展で、時計作りの起源から最新コレクションまでを紐解く。時計作りのはじまり・1874年につくられたイエローゴールド、ピンクゴールド、エナメル、パールをあしらった懐中時計からはじまり、158点のヴィンテージコレクションを展示。

 12のムーブメントと17のモダンピースを紹介し、現代と未来を象徴するコンセプトウォッチの「Cartier ID One concept watch」までが、特殊な3Dセッティングにより展示される。カルティエのウォッチコレクションとして過去最大の数が一般公開されることになるという。スイス・チューリッヒのベルリーヴ美術館を皮切りに、巡回する予定。

Related article

  • ロレックスのアート・プログラム、ロンドン現地レポート
    ロレックスのアート・プログラム、ロンドン現地レポート
  • 吉岡徳仁の新プロジェクト「虹の教会」が韓国で5月に発表
    吉岡徳仁の新プロジェクト「虹の教会」が韓国で5月に発表
  • NYアートな熱気を感じる、カルティエの“Studio Juste un Clou ”オープン
    NYアートな熱気を感じる、カルティエの“Studio Juste un Clou ”オープン
  • 多岐に渡る、魅惑のコレクション/ブレゲ~Breguetに魅せられて(4)
    多岐に渡る、魅惑のコレクション/ブレゲ~Breguetに魅せられて(4)
  • SIHH2011速報、カルティエから驚愕の新作ウォッチ
    SIHH2011速報、カルティエから驚愕の新作ウォッチ
  • 六本木の超高層ビルで自然を感じる「ネイチャー・センス展」
    六本木の超高層ビルで自然を感じる「ネイチャー・センス展」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    iPad2用アルミボディのキーボード
  • 2
    マセラティ史上最速のニューモデル
  • 3
    今週末見るべき映画「マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ」
  • 4
    ビジネスユースにもOK、ロエベの新作トートバッグ
  • 5
    軽井沢の森で愉しむ、春のジビエとワインのマリアージュ
  • 6
    フォトギャラリー:「アウディA5 カブリオレ」(1)
  • 7
    ハンモックという名のテーブルとは?
  • 8
    今週末見るべき映画「ティエリー・トグルドーの憂鬱」
  • 9
    ミラノサローネ2015|Vol.3 今年は照明「ユーロルーチェ」
  • 10
    写真との幸福で理想的な関係。「梅佳代展 UMEKAYO」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加