堂島リバービエンナーレ2011 レポート

2011年 9月 11日 09:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月23日から8月21日まで大阪・堂島の堂島リバーフォーラムにて「堂島リバービエンナーレ2011」が開催された。青森県立美術館のチーフキュレーター飯田高誉氏がアーティスティックディレクターとして手がけた、今年で開催が2回目となる現代美術展だ。エスパス ルイ・ヴィトン東京(東京・表参道)によるツアーにエキサイトイズムも参加したので、詳細をレポートしたい。

Photo: Kozo Takayama

 テーマは「ECOSOPHIA(エコソフィア)アートと建築」。ECOSOPHIAにはエコの哲学を実践する惑星、という意味がこめられており、アーティストと建築家が対となり一つの作品を共作する形を通じて、3.11以後の日本の状況も加味した未来に向けての地球のビジョンや自然観を考察するものとなった。

 空間構成をJTQの谷川じゅんじ氏が担当。堂島リバーフォーラムのホールという大空間の暗がりの中に、間隔を狭く各作品を並べることにより渾然一体、互いに共鳴・共生しあう状況を会場に流れる坂本龍一氏が本展のために書き下ろしたオリジナル曲「Ecosophia」と共に見事に演出されていた。

 特筆すべき作品は森万里子氏と隈研吾氏による「ホワイトホール」。森氏による初公開の新作を隈氏による発砲ウレタンの建築物にて構成した作品だ。

森万里子 隈研吾「ホワイトホール」(2011)

 ブラックホールにのみこまれて崩壊した星がホワイトホールによって再生されていく事象を森氏は、乳白アクリルとLED光源によって描いた。内部に設置された乳白アクリルのスクリーン(下写真)には曲線やさまざまな点が、繊細な光源によって極めてなめらかに表現された。スクリーンを優しく包み込む10人も入れば一杯となってしまう広さの構造体の中で食い入るようにスクリーンに見入った。

Related article

  • NYストリートの歴史とカルチャーを感じる、ブルース・ダベンポートJrの展覧会。
    NYストリートの歴史とカルチャーを感じる、ブルース・ダベンポートJrの展覧会。
  • アート好きは、この秋必見「ハーブ&ドロシー」
    アート好きは、この秋必見「ハーブ&ドロシー」
  • マグナムのメンバー、コスタ・マノス写真展「American Color」
    マグナムのメンバー、コスタ・マノス写真展「American Color」
  • 「Inside Chanel」第十二章。シャネルからカール ラガーフェルドへ
    「Inside Chanel」第十二章。シャネルからカール ラガーフェルドへ
  • デザイナー長浦ちえ氏が語る、「水引」の魅力
    デザイナー長浦ちえ氏が語る、「水引」の魅力
  • 島の人々と一緒に作り上げたアート:瀬戸内国際芸術祭
    島の人々と一緒に作り上げたアート:瀬戸内国際芸術祭

Prev & Next

Ranking

  • 1
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 2
    フォトギャラリー:iida発表会、深澤直人デザイン「PRISMOID」
  • 3
    世田谷通り沿いに、三軒茶屋エリア4拠点となるオブスキュラ「Obscura Mart」オープン
  • 4
    MoMA Design Storeが初上陸、表参道GYREがオープン
  • 5
    フォトギャラリー:吉岡徳仁デザイン「iida X-RAY」
  • 6
    三宅一生 「REALITY LAB 再生・再創造」展が開幕
  • 7
    フォトギャラリー:FLOS「soft-architecture」
  • 8
    バルーン・アーティストDaisy Balloon|スペクタクルな美的世界|インタビュー
  • 9
    閉幕迫る「大地の芸術祭2009」北川フラム インタビュー
  • 10
    長山智美のムームー日記SP「おお!イケアのイっケんヤ!」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加