今週末見るべき映画「カンパニー・メン」

2011年 9月 22日 14:43 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 居酒屋で、よく耳にする。酔っているせいか、自らのリストラを気にしながらも、同僚同士は、上司の悪口を言い合い、その上司の左遷やリストラを望んでいる。上司と部下の組み合わせもある。上司は部下をなだめたりすかしたり、リストラをちらつかせながら、飴とムチを使い分けている。女性同士は、上司や同僚の名前を呼び捨て、誰がリストラされるのか、盛り上がっている。

 日本では「会社人間」「企業戦士」といった言い方をするが、アメリカでも「会社人間」「企業戦士」というのだそうだ。映画「カンパニー・メン」(日活配給)は、文字通り「会社人間たち」。失業率9%を超えるアメリカでのリストラをめぐる話である。

 2008年9月のリーマン・ショックの後、GTX社は、株価を維持するために、大企業なのに赤字の造船部門を縮小し、鉄道部門に統合、大リストラを決行する。会社の利益のために、身を捧げている三人の男が、リストラされる。うち二人は、たちまち、日々の生活に支障をきたす。映画は、その後の再就職をめぐって、いかに現実の厳しさに立ち向かっていくかを、丹念に見せる。たぶん、同じような状況は、日本にもあるはずである。会社勤めの方には、明日は我が身と思うことだろうし、現実にリストラされた方には、まことに身につまされるドラマである。

 友人は、映画に出てくるほどの大企業ではないが、早期退職した。言い方こそ違え、リストラである。もう2年ほど、ハローワークに通うが、まだ、フリーターの身、再就職できないでいる。2010年3月、小欄でご紹介した「マイレージ・マイライフ」では、ジョージ・クルーニーが、全米を飛びまわって、会社に代わってリストラを宣告する企業の勤め人を演じた。やがて、いまのままでいいのかと、自身の生き方を見直す話である。本作は、リストラを宣告された側から、厳しく、哀れともいえる現実を伝える。


 ことはアメリカだけの話ではない。製造部門を、安い賃金の外国に依存した結果である。モノ作りの基本とは何か。あらためて、深く、考えさせられる。CEOは言う。「社員より株主に対して責任がある」と。社員を大事にしない会社が、株主を大事にするとは思えないのだが。収入には、本来の給与のほか、ストックオプションやボーナスなど、さまざまな種類があって、業績が上がれば、年収が何十億円にもなるCEOがいる。このような歪みも、さりげなく描かれ、まさにいまという時代を象徴する。

 ベン・アフレック、トミー・リー・ジョーンズ、クリス・クーパー、ケヴィン・コスナーの四人が、渋い演技を披露する。芸達者ばかりである。ことに、クリス・クーパーはうまい。造船現場からのたたき上げで、役員にまでなっているが、リストラされる。その悲哀を、苦虫を噛みつぶしたような表情で演じて、飽きさせない。また、工務店を経営、職人気質の大工を演じたケヴィン・コスナーは、手作り、モノ作りの意義を伝えて、これまた渋くて、みごとな演技である。

 監督は、これが長編初のデビュー作となるジョン・ウェルズ。製作者として、すでに「エデンより彼方に」や「アイム・ノット・ゼア」に名を連ねている。テレビでヒットした「ER 緊急救命室」などを手がけた実績は、伊達ではない。一見、群像劇ふうに描きながら、数人の人生をくっきりと見せる手腕は、鮮やか。

 いま、アメリカでは、エイリアンとカウボーイが闘ったり、ロサンゼルスを破壊し、地球を侵略しようとする宇宙人に立ち向かうといった映画が流行っているらしい。しかし、一方では、本作のような、アメリカの厳しい現実を、ビターな視点で捉えたウエルメイドの映画も存在している。映画も産業である。せめてもの産業の良心がまだ存在することに、一抹の希望はあるのだが。

 居酒屋で、諦めとも嘆きとも分からない調子の声が聞こえてきた。「明日から、ハローワークだよ」と。

Related article

  • 今週末見るべき映画「あの日の声を探して」
    今週末見るべき映画「あの日の声を探して」
  • 今週末見るべき映画「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
    今週末見るべき映画「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
  • 今週末見るべき映画「シャドー・ダンサー」
    今週末見るべき映画「シャドー・ダンサー」
  • 今週末見るべき映画「聖者の午後」
    今週末見るべき映画「聖者の午後」
  • 今週末見るべき映画「ユゴ 大統領有故」
    今週末見るべき映画「ユゴ 大統領有故」
  • 今週末見るべき映画「セブン・デイズ・イン・ハバナ」
    今週末見るべき映画「セブン・デイズ・イン・ハバナ」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:ミラノサローネで発表のヤマギワ新作照明
  • 2
    イデーから新作家具「CONTOUR」キャビネット シリーズ
  • 3
    フォトギャラリー:マルチタッチの「iPod nano」
  • 4
    フォトギャラリー:メルセデス・ベンツ 新型「Eクラス」
  • 5
    「ジャン=ポール・エヴァン」に世界最高峰のコーヒーが登場
  • 6
    フォトギャラリー:「吉岡徳仁デザインによる、CAMPER旗艦店」
  • 7
    フォトギャラリー:フェラーリ「599XX」日本初公開
  • 8
    「WORLD SPACE CREATORS AWARD」受賞者発表
  • 9
    今年を締めくくるインテリア見本市にニッポンデザインを見た
  • 10
    フォトギャラリー:フォルクスワーゲン新世代ゴルフ

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加