棚田康司展 日本古来の木彫技法「一木造り」

2011年 9月 29日 19:33 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京・表参道のスパイラルにて棚田康司展「○と一」(らせんとえんてい)が開催中だ。棚田康司氏は、日本古来の木彫技法である「一木造り」を用いて、独特な存在感を放つ少年少女の像を制作している彫刻家。本展は東京で開催する初めての大規模な個展となり、同時に東京・市ヶ谷のミヅマアートギャラリーでも10月1日まで「棚田康司展  生える少年」が開催されている。

≪風の少年≫ wind boy 2011 楠(くすのき)材一木造に彩色、絹糸 163×62×38cm

≪風の少年≫ wind boy 2011 樟(くすのき)材一木造に彩色、絹糸 163×62×38cm photo: Jun Kumagai (c)SPIRAL / Wacoal Art Center

 スパイラルガーデンの空間を神社や教会のような神秘的な空間に見立てて、7体の新作を展示している。いずれも何ともいえぬ味わいを放ち、見る者を神秘的な世界へ誘う。スパイラルガーデンの人工的な空間とのコントラストも興味深い。

≪風の少年≫ wind boy 2011 楠(くすのき)材一木造に彩色、絹糸 163×62×38cm

≪風の少年≫ wind boy 2011 楠(くすのき)材一木造に彩色、絹糸163×62×38cm Photo:Jun Kumagai (c)SPIRAL/Wacoal Art Center

棚田康司展「○と一」(らせんとえんてい)
スパイラルガーデン(スパイラル 1F)
開催中〜10月14日(金)Open.11:00〜20:00、無料
東京都港区南青山5-6-23

エキサイトイズム編集部

Related article

  • 斬新な九谷焼 「上出・九谷・惠悟展 九谷焼コネクション」
    斬新な九谷焼 「上出・九谷・惠悟展 九谷焼コネクション」
  • 旅するような音楽を。ヴァイオリニスト秋久ともみが紡ぐ音の感性
    旅するような音楽を。ヴァイオリニスト秋久ともみが紡ぐ音の感性
  • Interview:非凡なる若き建築家・佐野文彦氏が語る「文化のアップデート」
    Interview:非凡なる若き建築家・佐野文彦氏が語る「文化のアップデート」
  • Interview:チェルフィッチュ×トラフ建築設計事務所、舞台という空間
    Interview:チェルフィッチュ×トラフ建築設計事務所、舞台という空間
  • Interview:アルノー・ド・サン=テグジュペリ・アンダーズ 東京のDNAを探して
    Interview:アルノー・ド・サン=テグジュペリ・アンダーズ 東京のDNAを探して
  • 2つの老舗メゾンが実現した究極のボトルクーラーとは?
    2つの老舗メゾンが実現した究極のボトルクーラーとは?

Prev & Next

Ranking

  • 1
    日本に再上陸を果たしたGRENFELL
  • 2
    シシーに会いに、ウィーンへ。華やかな貴族文化を垣間みる
  • 3
    写真というメディアの可能性を考える展覧会
  • 4
    『Adobe Ink & Slide』、日本では年内発売予定
  • 5
    今週末見るべき映画「至高のエトワール ~パリ・オペラ座に生きて~」
  • 6
    アクシスギャラリーで中山英之「小さくて大きな家」展
  • 7
    Interview:孤高の鬼才 デザイナー・秋元一彦氏が語る『ROSA RUGA』の気高き世界
  • 8
    ミラノサローネ2010、挑戦を忘れなかったモローゾ
  • 9
    深澤直人&皆川明インタビュー 「ふしとカケラ MARUNI COLLECTION HIROSHIMA with minä perhonen」
  • 10
    マイナス5℃の極寒世界、銀座に「アイスバー東京」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加