スピーチレスな魅力、アンリ・サラ個展

2011年 10月 30日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 1974年、アルバニアの首都、ティラナ生まれのアンリ・サラ。ベルリンを拠点に、ヴェネチア・ビエンナーレをはじめとした国際展への出品や、ポンピドゥー・センター、アート・インスティテュート・シカゴなど、名だたる美術館での個展、グループ展への参加も積極的に行うアーティストだ。現在、国内では大阪の国立国際美術館と東京・元麻布のカイカイキキ・ギャラリーでの個展が開催中、本記事ではカイカイキキ・ギャラリーの展示をレポートする。

【Tlatelolco Clash】HD video projection,Dolby Digital5.1 11min,49sec

【Tlatelolco Clash】HD video projection, Dolby Digital 5.1 11min, 49sec
Courtesy of kurimanzutto, Mexico City; Marian Goodman Gallery, New York; Hauser & Wirth, Zurich, London; Galerie Chantal Crousel, Paris; Kaikai Kiki Gallery

 カイカイキキ・ギャラリーを主催する村上隆氏と、アンリ・サラ氏の作品との出会いは、2008年のマイアミでのサラ氏の個展だった。そこで村上氏は“スピーチレス”、直感的に作品世界に入りこむことができたという。それはまさに、村上氏がアートの世界に身を置くことを決意した理由でもあったそうで、その時から「アンリ・サラの作品を日本でぜひ紹介したい」と思っていたという。カイカイキキ・ギャラリーでの個展は、まさに念願かなった企画なのだ。

 ギャラリーの広々としたスペースを巧みに使った個展は、入口横の「No Cry」(2011年)からスタートする。へこんだガラスに張り付いている手回しのオルゴール。これを来場者自身が回すことができる仕掛けになっている。オルゴールが奏でるのは、あのパンク・バンド、ザ・クラッシュの「Should I stay or should I go」。オルゴールバージョンでこの曲を聞いてみると、ちょっと歪んだような独特のサウンドが展開する。ガラスの奥では、同じ曲をモチーフに使った映像作品「Le Clash」(2010年)が投影されているため、シンクロして奏でてみようとするが、なかなかうまくいかない。ガラス越しに観る映像は不思議な味わいで、参加型作品としても印象深い仕掛けとなっている。

Related article

  • 「スティル ウォーター:岸と浜辺 ドゥニ ポルジュ」展
    「スティル ウォーター:岸と浜辺 ドゥニ ポルジュ」展
  • モダンデザインの過去から未来を展望「ヴェルナー・パントン展」
    モダンデザインの過去から未来を展望「ヴェルナー・パントン展」
  • 世界を魅了する村上隆ワールドに触れる―ソウルで個展が開催中
    世界を魅了する村上隆ワールドに触れる―ソウルで個展が開催中
  • インタビュー:カルティエ現代美術財団キュレーターに聞く
    インタビュー:カルティエ現代美術財団キュレーターに聞く
  • 素材と向き合う職人が生んだ「寄せアクリルの箱」
    素材と向き合う職人が生んだ「寄せアクリルの箱」
  • 光のコンペイトウ、田中千尋「ライトクチュール」展
    光のコンペイトウ、田中千尋「ライトクチュール」展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フィンランドデザインで埋め尽くされる10日間
  • 2
    フォトギャラリー:I LOVE FILM by LOMOGRAPHY x GSS
  • 3
    フォトギャラリー:モレスキン「Detour」展
  • 4
    今週末見るべき映画「恐怖分子」
  • 5
    フォトギャラリー:ホンダ新型ハイブリッド「インサイト」国内発表
  • 6
    トップスポーツモデル「アウディTT RSクーペ」
  • 7
    フォトギャラリー:カルテル「The Invisibles」
  • 8
    TUMI銀座店がリニューアルオープン
  • 9
    新しいコンセプトの扇風機「GreenFan」
  • 10
    「資生堂パーラー」で、贅沢なカレーフェア開催

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加