りんごから宇宙まで、世界を見立てる鈴木康広の目

2011年 11月 17日 18:35 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「地球」「まばたき」「りんご」「僕」。これらのキーワードから見えるものは? 普段身の回りにあるものが、鈴木康広の視点を通すとぐらりと揺るがされる。浜松市出身のアーティスト、鈴木康広氏の個展「鈴木康広展 BORDER ─ 地球、まばたき、りんご、僕」が、浜松市美術館を中心に市内全域に渡って開催中だ。

 鈴木康広氏は1979年生まれのアーティストで、2001年に公園にある回転遊具・グローブ・ジャングルを使ったインスタレーション作品「遊具の透視法」で注目を集め、その後様々な展覧会に参加。近年では、2009年に羽田空港で開催された「空気の港─テクノロジー×アートで感じる新しい世界」展のアートディレクターを務め、空港内に12mものバルーンでできた「大きな空気の人」他、メディア技術を用いた作品を多数設置したり、2010年の瀬戸内国際芸術祭では、船が走る水紋がファスナーに見える「ファスナーの船」を瀬戸内海に走らせたり、同年、原美術館で建物自体を募金箱にした作品「募金箱『泉』」を制作するなど、美術館やギャラリーにとどまらず、目覚ましい活動をしている。

 グローブ・ジャングルの作品をデビュー作とすれば、今年で10周年を迎える鈴木康広氏。現在開催中の個展も、美術館の中だけにとどまらないユニークな仕掛けがいろんなところに施されている。キーワードは「地球」「まばたき」「りんご」「僕」。

 反転した日本の地図が掲示されているエントランスを抜けて展示室へ。白い切り株の形をした容器に水が張られており、上からぽたりぽたりと水滴が落ちてくる。滴が落ちると、水には同心円状の波紋ができる。そう、波紋が年輪のように見えるのだ。「水の切り株」という作品である。

Related article

  • 想像力で地球の中心へ、鴻池朋子展
    想像力で地球の中心へ、鴻池朋子展
  • 広大な宇宙へ、内なる旅へ誘う「光」
    広大な宇宙へ、内なる旅へ誘う「光」
  • 誰もが一度は通る道「通学路」の写真集シリーズ
    誰もが一度は通る道「通学路」の写真集シリーズ
  • 国内トップギャラリーが集う「G-tokyo2011」の見どころ
    国内トップギャラリーが集う「G-tokyo2011」の見どころ
  • 写真というメディアの可能性を考える展覧会
    写真というメディアの可能性を考える展覧会
  • 吉岡徳仁「Cartier Time Art」展、フォトレポート
    吉岡徳仁「Cartier Time Art」展、フォトレポート

Prev & Next

Ranking

  • 1
    今週末見るべき映画「マダム・イン・ニューヨーク」
  • 2
    現代アートの最先端から次世代の「視点」を見る、森美「六本木クロッシング2013展」
  • 3
    今週末見るべき映画「グラン・トリノ」
  • 4
    世界で最も知られる日本の建築運動「メタボリズム」って?
  • 5
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 6
    ウィメンズ|色彩溢れるパリスナップ(3)
  • 7
    元フランスの一流メゾン革職人が来日、受注会開催
  • 8
    2本の紐で編み上げられた、革新的なスニーカー『UNEEK』
  • 9
    今週末見るべき映画「ハーツ・アンド・マインズ/ベトナム戦争の真実」
  • 10
    ミラノの街で太陽光の新しい提案が輝いた!パナソニック現地報告

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加