アーヴィング・ペンと三宅一生の美しき視覚的対話

2011年 12月 22日 14:42 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTで「アーヴィング・ペンと三宅一生 Visual Dialogue」展が開催中だ。本展は、三宅一生とアーヴィング・ペンという二大巨匠による、東京とニューヨークの離れた場所で交わされた「Visual Dialogue(視覚的対話)」の軌跡を辿るものである。

 三宅氏とペン氏が出会ったきっかけは、1983年に発行された雑誌「ヴォーグ」誌上にて。ペン氏が撮影したISSEY MIYAKEの服を三宅氏が見た時に、「こんな見方ができるのか」と驚いたという。そして、その後87年より99年までの13年間、パリコレで発表した服を年2回ニューヨークに送り、ペン氏に撮影を依頼した。撮影された写真は250点以上にのぼる。

 こう説明すると、普通の依頼のように思えるが、もちろんそうではない。三宅氏は、ニューヨークで行われたペン氏の撮影に一度も立ち合っていないのだ。すべてのヴィジュアルディレクションをペン氏に託したのである。撮影の指示などは一切せずに、ペン氏の解釈で写真は撮られる。それが、本展のタイトル「Visual Dialogue」たる所以である。

 本展のディレクションを手掛けたのは、三宅デザイン事務所の社長である北村みどり氏。当時、ISSEY MIYAKEのアタッシェ・ド・プレスとして、ニューヨークのペンスタジオで行われたペン氏の撮影に全て立ち合い、三宅氏とペン氏の間をつなぎ、二人のクリエーションが生まれる現場にかかわり続けてきた。

Related article

  • 日本のデザインが逆輸入されたマリメッコのフィンランド店
    日本のデザインが逆輸入されたマリメッコのフィンランド店
  • 時代を経て愛される、スイス・ネフ社の玩具
    時代を経て愛される、スイス・ネフ社の玩具
  • アートブックが集結「THE TOKYO ART BOOK FAIR 2010」
    アートブックが集結「THE TOKYO ART BOOK FAIR 2010」
  • nendo×水木しげるが初コラボ「妖怪だるま」
    nendo×水木しげるが初コラボ「妖怪だるま」
  • 崖の中の…恐竜? 壮大な太古の風景
    崖の中の…恐竜? 壮大な太古の風景
  • 蜷川実花の新たな魅力に出会える個展、原美術館にて
    蜷川実花の新たな魅力に出会える個展、原美術館にて

Prev & Next

Ranking

  • 1
    アルマーニホテルと同じ! アルマーニ/カーザの新作家具
  • 2
    「デザインの現場」編集長による、ADC受賞パーティーレポート
  • 3
    フォトギャラリー:イッタラ銀座 オープン
  • 4
    Interview: 音楽プロデューサー・本間昭光氏|泰然自若のジーニアスが放つ才気煥発の極み
  • 5
    人気スタイリストが手がけるスタイリッシュな国産メガネ「Little Emma-2(リトルエマ ツー)」
  • 6
    2010年SIHH、カルティエ新作ウォッチ情報がリーク
  • 7
    リシャール・ミル日本法人設立、ナダル、マッサも来日
  • 8
    グッチとのコラボ特別仕様車「500 by Gucci」
  • 9
    フォトギャラリー:Lexus L-finesse - crystallised wind
  • 10
    BMW最新コンセプトにデジタルテクノロジー満載

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加