アーヴィング・ペンと三宅一生の美しき視覚的対話

2011年 12月 22日 14:42 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTで「アーヴィング・ペンと三宅一生 Visual Dialogue」展が開催中だ。本展は、三宅一生とアーヴィング・ペンという二大巨匠による、東京とニューヨークの離れた場所で交わされた「Visual Dialogue(視覚的対話)」の軌跡を辿るものである。

 三宅氏とペン氏が出会ったきっかけは、1983年に発行された雑誌「ヴォーグ」誌上にて。ペン氏が撮影したISSEY MIYAKEの服を三宅氏が見た時に、「こんな見方ができるのか」と驚いたという。そして、その後87年より99年までの13年間、パリコレで発表した服を年2回ニューヨークに送り、ペン氏に撮影を依頼した。撮影された写真は250点以上にのぼる。

 こう説明すると、普通の依頼のように思えるが、もちろんそうではない。三宅氏は、ニューヨークで行われたペン氏の撮影に一度も立ち合っていないのだ。すべてのヴィジュアルディレクションをペン氏に託したのである。撮影の指示などは一切せずに、ペン氏の解釈で写真は撮られる。それが、本展のタイトル「Visual Dialogue」たる所以である。

 本展のディレクションを手掛けたのは、三宅デザイン事務所の社長である北村みどり氏。当時、ISSEY MIYAKEのアタッシェ・ド・プレスとして、ニューヨークのペンスタジオで行われたペン氏の撮影に全て立ち合い、三宅氏とペン氏の間をつなぎ、二人のクリエーションが生まれる現場にかかわり続けてきた。

Related article

  • 写真家と画家の旅の記録|石川直樹+奈良美智展「ここより北へ」
    写真家と画家の旅の記録|石川直樹+奈良美智展「ここより北へ」
  • フルサイズセンサー搭載、究極の「ライカM9」
    フルサイズセンサー搭載、究極の「ライカM9」
  • 音と時間が奏でる現象のサウンドスケープ、八木良太展
    音と時間が奏でる現象のサウンドスケープ、八木良太展
  • 「恵比寿映像祭」の今年のテーマは「Public⇄Diary」。 さまざまな角度から記録と記憶を検討する。
    「恵比寿映像祭」の今年のテーマは「Public⇄Diary」。 さまざまな角度から記録と記憶を検討する。
  • ルイ・ヴィトン 表参道店に美しい京都の旅ストーリー
    ルイ・ヴィトン 表参道店に美しい京都の旅ストーリー
  • ラルフ・ペーターズ「Sky Lightening」展
    ラルフ・ペーターズ「Sky Lightening」展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    Interview:「イロイロ ぬくもりの記憶」アンソニー・チェン監督
  • 2
    シワが気になる成熟肌のための、クリニーク新生セラムファンデーション
  • 3
    第17回東京フィルメックス(2016) 見どころは キム・ギドク監督最新作も
  • 4
    レスリー・キー初めての写真展、27日まで
  • 5
    「ホテルオークラ東京」 大人のスイートバレンタイン
  • 6
    オープニングセレモニー、渋谷から表参道へお引越し
  • 7
    今週末見るべき映画「コマンダンテ」
  • 8
    想像力で地球の中心へ、鴻池朋子展
  • 9
    日本屈指の職人が一堂に会した、注文しなくてもいいビスポーク展
  • 10
    第一線で活躍するフォトグラファーたちがロモで撮影

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加