Interview:後藤繁雄「今を生きる」アーティストを感じよ

2012年 2月 21日 12:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 伊勢丹新宿店・日本橋三越本店・銀座三越のショーウィンドウで現在開催中のアートプロジェクト「KISS THE HEART #1」のプロデューサーであり、若手アーティスト発掘の場、TOKYO FRONTLINEのオーガナイズをしている後藤繁雄氏に話を聞いた。

─今回のアーティストの選考方法について教えてください。

 このお話をいただいた時に一番最初に思い出したのがヤノベケンジさんの「Sun Child」でした。それで最初にヤノベさんにご相談しまして、それから他の作品を決めていきました。Sun Childをベースにステンドグラスにするという話は聞いていたのですが、実物を目の当たりにするのは本日(会期初日)が初めてです。素晴らしいですね。太陽の赤い部分と龍の目の部分に100年以上前のアンティークガラスが使われていたり、ものづくりの一つひとつにドラマがあって。

「Sun Child」(c)Kenji Yanobe

─他の若手アーティストはどのように選ばれましたか?

 まず一つは、「伸びしろ」があるかどうか。成長性があるアーティストをここではお披露目したいと思いました。私は大学で学生を育てたり、若手アーティストの発掘をずっとやってきておりまして、そういう人たちにできるだけ発表の場を与えるということをしたいと思っています。

 そして二つめに、アートの多様性を見せたいこともあり、絵画・彫刻・写真・メディアアートといったさまざまな手法のアーティストを起用しています。

 また、三つめとしては、アジア全体のパワーをみていただきたいと思い、台湾、中国、韓国のアーティストは入れたいと思い、意識的に組み込んでいます。実は私、3.11の地震があった時に台湾におり、レクチャーとグループショーをしていました。それで向こうの方々に大変お世話になったということもあり、また、アジアの人々が日本で起きていることに対し、どう考えているのかをこの場で示す必要があったんです。

Related article

  • 今週末見るべき映画「イエロー・ケーキ」
    今週末見るべき映画「イエロー・ケーキ」
  • 伊勢丹新宿店「オメガフェア」、オリンピックコレクションが集結
    伊勢丹新宿店「オメガフェア」、オリンピックコレクションが集結
  • アートディレクター古平正義の仕事を集大成
    アートディレクター古平正義の仕事を集大成
  • 想像力で地球の中心へ、鴻池朋子展
    想像力で地球の中心へ、鴻池朋子展
  • 夢の饗宴 歴史を彩るメニュー×現代のアーティストたち 展
    夢の饗宴 歴史を彩るメニュー×現代のアーティストたち 展
  • TDC20周年記念「33冊のブックと、77枚の絵はがき展」
    TDC20周年記念「33冊のブックと、77枚の絵はがき展」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    “マンガ”をテーマに『Tokyo’s Tokyo』2号店
  • 2
    スキンケアブランド「イソップ」の路面店がオープン
  • 3
    オービカ モッツァレラバーで解禁直後のノヴェッロを
  • 4
    ニューヨークで「BMW Guggenheim Lab」はじまる
  • 5
    ウィメンズ|色彩溢れるパリスナップ(2)
  • 6
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 7
    圧倒的なグルビの世界へ、グルーヴィジョンズ展
  • 8
    アキラーノ・リモンディ、2014年春夏コレクションの洗礼
  • 9
    気鋭のデザイナー、ハイメ・アジョンを起用し飛躍するリヤドロ
  • 10
    カッシーナのミラノ、今年のスターデザイナーはルカ・ニケット

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加