チャリティオークションレポート:KISS THE HEART#1

2012年 3月 7日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 アートをテーマに据えた新しい復興支援&チャリティプログラム「KISS THE HEART#1」プロジェクトが、ついにクライマックスを迎えた。最後を飾ったのは、チャリティオークション! 銀座三越、日本橋三越本店、伊勢丹新宿店のショーウィンドウを約1ヵ月間にわたって彩った21組のアーティストの作品を、手に入れられるという貴重なオークションだ。

 今回のチャリティオークションの収益は、福島から避難している子どもたちを対象に、京都造形芸術大学と東北芸術工科大学が共同で進めている「こども芸術の家プロジェクト」に全額寄付される。未来ある子どもたちのために支援をしながら、自分の気に入ったアート作品を手に入れられるチャンスとあって、事前に多数の応募もあった。

 3月4日、オークション当日。開始時間の1時間前から、既に会場は熱気に満ちていた。会場で展示された作品を、あらためてじっくり鑑賞するオークション参加者。ショーウィンドウを通して見ていたものと、実際に間近で作品を観てみると、ガラリと印象が変わるものもある。実際に自分が手に入れたら、どこに飾ろうか… といったところまでをイメージしながら、じっくりと品定めをしている様子だ。

 主催者挨拶、そして「KISS THE HEART ♯1」のプロデューサー・後藤繁雄氏、そして「こども芸術の家プロジェクト」東北芸術工科大学理事・野村真司氏の挨拶を経て、いよいよオークションが始まった。はじめに「今回、オークションに初めて参加される方は?」とオークショニア(競売人)の柴山哲治氏の問いかけに、半数近くの方が手を上げた。初めてオークションに参加する方向けに、細かな説明が行われる。今回のオークションは、いわゆる「イングリッシュ・オークション」と呼ばれるオークションの形式で、スタート価格3万円から、最終的に最も高い価格を提示した買い手に落札されるとのこと。さて、どんな展開となるのだろうか?

Related article

  • Gibson Brands Showroom TOKYOがオープン
    Gibson Brands Showroom TOKYOがオープン
  • フォトギャラリー:TDW2012 「伊藤若冲 感性インスパイア作品展」
    フォトギャラリー:TDW2012 「伊藤若冲 感性インスパイア作品展」
  • 閉幕まであとわずか、必見のディーター・ラムス展
    閉幕まであとわずか、必見のディーター・ラムス展
  • 空気と水の関係を問う、ジョエル・マイロウィッツ個展
    空気と水の関係を問う、ジョエル・マイロウィッツ個展
  • 「豊島美術館」環境、アート、建築の融合:瀬戸内国際芸術祭
    「豊島美術館」環境、アート、建築の融合:瀬戸内国際芸術祭
  • iPad 2の日本発売が延期へ
    iPad 2の日本発売が延期へ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 2
    木の名作椅子「HIROSHIMA」が生まれる現場を訪ねる。 マルニ木工・本社工場レポート
  • 3
    今週末見るべき映画「起終点駅 ターミナル」
  • 4
    アマン東京|静謐な美が宿る極上の空間
  • 5
    上質なポートワイン×ショコラを味わうのが、大人の愉しみ
  • 6
    ジャズ名盤講座第1回「ブルーノート~1500番台編」
  • 7
    伊勢丹新宿店 食品フロアが6/13リニューアル
  • 8
    最新のデザイン「Fx0」|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(1)
  • 9
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 10
    「MoMA Design Store」が秋冬コレクション発表

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加