『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

「コズミック・トラベラーズ ― 未知への旅」のアーティスト紹介

2012年 3月 28日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在、表参道のエスパス ルイ・ヴィトン東京で開催中の展覧会「コズミック・トラベラーズ ― 未知への旅」。だんだんと日が伸びてくる季節になると、作品のテーマとなっている「光」は違った表情を見せているのではないだろうか。


作家について、キュレーターの西沢碧梨氏からの言葉を交えて紹介しよう。

 まずは、本展のメインの作品を手がける原口典之氏。原口氏は1946年、神奈川県横須賀市生まれの現代美術家である。原口氏は1970年に日大芸術学部卒業。在学中から「もの派」(土や木、石、鉄などの素材にほとんど手をくわえずに展示をする。それ以前までの日本の前衛美術に対抗して行われた美術運動である)の作家として頭角を現す。

(c) Louis Vuitton /Tadamasa Iguchi

 1977年にドイツはカッセルで開催された国際美術展ドクメンタ6に初めての日本人作家として選ばれ、世界から注目を集めた。その際に出品したのがオイル・プールの作品である。それは、廃油を床一面に敷き詰めた作品で、鈍く光る黒い油が周囲の人や景色をそのまま鏡像として写し出す、不思議な空間を作り上げた。当時は高度成長が終焉を迎え、オイルショックによって原油が高騰した時期。そんな中でこの作品が世界に与えた衝撃は大きかったことだろう。原口氏はその後も大量生産された工業製品や金属などの素材を用いた作品を作り続けた。私たちの記憶にも新しいのは、2009年にBankARTで開催された「原口典之─社会と物質」であろう。倉庫を改装した空間を3フロア用い、アルミや木の素材を用い原寸の飛行機を再現した「ファントム」、廃油のにおいが区間全体に漂った「オイル・プール」などのダイナミックな作品が展示された。


Related article

  • 永遠に循環する生命のエネルギー、森万里子インタビュー
    永遠に循環する生命のエネルギー、森万里子インタビュー
  • 「恵比寿映像祭」の今年のテーマは「Public⇄Diary」。 さまざまな角度から記録と記憶を検討する。
    「恵比寿映像祭」の今年のテーマは「Public⇄Diary」。 さまざまな角度から記録と記憶を検討する。
  • モハメド・アリの足跡をたどる、ルイ・ヴィトンの広告キャンペーンに動画も登場
    モハメド・アリの足跡をたどる、ルイ・ヴィトンの広告キャンペーンに動画も登場
  • 1本の線から漂う絶妙な空気、HIMAAが京都で個展
    1本の線から漂う絶妙な空気、HIMAAが京都で個展
  • 森美術館、2011年の企画展は?
    森美術館、2011年の企画展は?
  • バレンタインにルイ・ヴィトン「モノグラム・マカサー ライン」新作
    バレンタインにルイ・ヴィトン「モノグラム・マカサー ライン」新作

Prev & Next

Ranking

  • 1
    最新デザイナーズキッチン、ユーロクチーナ2010
  • 2
    初の大規模個展 「蜷川実花展 地上の花、天上の色」
  • 3
    落合多武個展「スパイと失敗とその登場について」
  • 4
    4週間で肌質を変える美容液、アモーレパシフィック
  • 5
    イタリアの家具ブランド、フレックスフォルムの新作
  • 6
    近未来的集電旅行。BMW i3 REx|試乗レポート
  • 7
    厳選15ギャラリーによるアートフェア「G-tokyo 2010」開催
  • 8
    ポルシェ新型グランツーリスモ「パナメーラ」初披露
  • 9
    大森克己の個展「すべては初めて起こる」、29日まで
  • 10
    シックな花咲く夏 ベルギー・プリマドンナ

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加