今週末見るべき映画「マリリン 7日間の恋」

2012年 3月 23日 12:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画を見始めた頃から、マリリン・モンローが大好きだった。セックス・シンボルと言われていたが、月並みな色っぽさではない。いくつかのコメディで見せたセンスは、秀逸と思う。強さ、弱さ、脆さ、可愛さなどなど、女性の持つさまざまな面を、的確に表現、まさに計算され尽くした演技だった。

 出生から世に出るまでと、謎の死までの晩年は、いささか不幸のようだったが、女優としてのモンローは、映画の歴史に残る一人だろう。たまたま今年は、没後50年になる。残されたモンローの映画は、いまはDVDで見ることができる。見続けたいと思う女優の一人だ。

 モンローの多くの映画のなかで、とくに好きなのが三本ある。1954年のオットー・プレミンジャー監督の西部劇「帰らざる河」では、酒場の歌手に扮し、艶やかな肢体をくねらせ、主題歌を歌う。1959年のビリー・ワイルダー監督のコメディ「お熱いのがお好き」では、女性バンドの一員に扮し、女装したジャック・レモンとトニー・カーティスを相手に熱演した。

 1961年、ジョン・ヒューストンが監督、モンローと結婚、後に離婚したアーサー・ミラーが、自身の短編小説を基に脚本を書いた「荒馬と女」に出演する。共演のクラーク・ゲイブルが馬を操る名シーンもさることながら、モンローは、揺れ動く女心を見事に演じきった。「荒馬と女」の完成後に、モンローは謎の死を遂げる。結果、これが遺作となった。

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第13回「コロムビア/CBS/エピック編パート2(1960-1979)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 2
    フォトギャラリー:日産コンセプトカー「インフィニティ エッセンス」
  • 3
    春のコーディネートに刺激を与えるアートTシャツ
  • 4
    「ポルシェ918スパイダー」初期プロトモデルの公道テストスタート
  • 5
    新ボンドガールも愛用、ヴァレンティノのパーティドレス
  • 6
    奇妙な卓球台で遊ぼう|ガブリエル・オロスコ展
  • 7
    日常づかいのうつわとして、「明日の京焼・清水焼 プロジェクト」
  • 8
    iPadに「秋の東京デザイン祭り、完全報告。」を無料配信開始
  • 9
    ハイアット リージェンシー 東京で、クリスマスケーキを
  • 10
    ポルシェ限定モデル「911 ブラックエディション」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加