デザイン系学生注目のアワード、今年も募集中

2012年 4月 6日 09:45 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 全国のデザイン系学生の優れた卒業制作を表彰する「MITSUBISHI CHEMICAL JUNIOR DESIGNER AWARD 2012」が、今年も作品を受付中だ。このアワードは、デザイナーの育成支援とデザインの振興を目的に毎年開催している、日本で唯一、デザイン全般の卒業制作を対象とするコンペ。大賞は賞金100万円! 審査員は水野誠一氏(元西武百貨店社長)をはじめ、インダストリアルデザイナーの榮久庵憲司氏に向井周太郎氏(デザイン研究者)、柏木博氏(デザイン評論家)、坂井直樹氏(コンセプター)、石井幹子氏(照明デザイナー)、日比野克彦氏(アーティスト)、都築響一氏(編集者)、河原敏文氏(CGアーティスト)、茂木健一郎氏(脳科学者)といった、さまざまなジャンルで活躍する専門家が名を連ねている。

 2011年の応募作品はレベルが全体的に高かったため、応募総数296点から2点が大賞に決定した。大賞が2点というのは、アワード開始以来初めてのこと。今回は2011年の受賞作品の中からいくつか紹介しよう。

 森敏郎さん(多摩美術大学 美術学部 生産デザイン学科卒業)による『formless shape』は、ナイロンの小さなピースが互いに引っかかり合うことでさまざまな形状を形作ることのできる作品。東京国際フォーラムで行われた受賞作品展では、スツールやぬいぐるみ、パーテーションなど、自由自在な形状が展示され、実際にピースを触ることができるようになっていた。一つひとつのピースはとても小さく、塊をつまみ上げてみると、とても軽くふわふわとした印象。さまざまな用途での可能性を感じさせ、見事、大賞を受賞した。


Related article

  • 現代文学作家とメディアアーティストのコラボ「文学の触覚」展
    現代文学作家とメディアアーティストのコラボ「文学の触覚」展
  • ドイツBRAUN社ディートリッヒ・ルブスの万年筆
    ドイツBRAUN社ディートリッヒ・ルブスの万年筆
  • ±0がインテリアライフスタイル展にて新作発表
    ±0がインテリアライフスタイル展にて新作発表
  • 開幕直前!オルセー美術館展2010「舞台裏レポート」
    開幕直前!オルセー美術館展2010「舞台裏レポート」
  • MOOG、1973年製シンセサイザーを数量限定で復刻
    MOOG、1973年製シンセサイザーを数量限定で復刻
  • コムロタカヒロ氏、インタビュー。「KISS THE HEART#3」
    コムロタカヒロ氏、インタビュー。「KISS THE HEART#3」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 2
    B&B ITALIA、夏のアウトドア家具新作
  • 3
    音降る部屋は心地よい、パイオニア「ACCO」
  • 4
    フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー エクステンション
  • 5
    しあわせな人生の選択 【今週末見るべき映画】
  • 6
    タイム アンド スタイルの新作は「クラシカル」
  • 7
    オランダのデザイナー展「トレジャー・ハント:心を捉えるものは何?」
  • 8
    フリッツ・ハンセン ー次なる新作の製作をミラノで披露
  • 9
    アートの常識を覆した若者たち「ビューティフル・ルーザーズ」
  • 10
    東京デザイナーズウィークレポート

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加