今週末見るべき映画「アーティスト」

2012年 4月 6日 17:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 昔、父親は酒を呑むたびに、古い映画の話をした。話に出てくるのは、まっさきにマルクス兄弟、ダグラス・フェアバンクス、それにルドルフ・ヴァレンチノの映画だった。いずれもサイレント映画ばかりだが、よほどダグラス・フェアバンクスの剣戟映画が好きだったのか、「奇傑ゾロ」や「三銃士」、「ロビン・フッド」、「バグダッドの盗賊」などの映画を、剣戟の身振りを交えて語った。闘牛士の身振りは、ルドルフ・ヴァレンチノだったようだ。
 フランス映画も多かったが、これは戦後に見たらしく、マルセル・カルネ監督の「天井桟敷の人々」と、ジュリアン・デュヴィヴィエ監督の「望郷」だった。「天井桟敷の人々」でのジャン・ルイ・バローのパントマイムを真似たり、「望郷」のジャン・ギャバンのセリフ、「ギャビー!」と叫ぶころには、もう一升瓶がカラになっていた。

 フランス映画「アーティスト」(ギャガ配給)を見て、まっさきにそのような昔の話を思い出した。1920年代、映画がサイレントからトーキーに変わるころ、サイレント映画のスター男優が若い女優と恋仲になる。やがてスター男優は凋落し、若い女優がトーキー映画の大スターになっていく。まさに「スタア誕生」と「雨に唄えば」の筋書きと時代背景をミックスしたような映画と、とりあえずは言えるだろう。

 「アーティスト」は、今年のアカデミー賞の作品賞、監督賞(ミシェル・アザナヴィシウス)、主演男優賞(ジャン・デュジャルダン)、作曲賞(ルドヴィック・ブールス)、衣装デザイン賞(マーク・ブリッジス)の5部門を受賞した。実際、見ていて、ほのぼの、うきうき、ああ、映画っていいなあ、とため息をつきながらの至福の時間が流れていく。


 サイレント映画ふうの運び、モノクロである。音楽が効果的に入り、効果的に沈黙となる。セリフは、時折、字幕で挿入される。あとは、俳優たちの身振り手振り、表情の変化だけで、すべてを物語っていく。テリア犬と思うが、アギーという犬が登場する。仕草が可愛く、後半では主人のために大活躍する。カンヌ国際映画祭では、映画に登場する犬に与えられるパルムドッグ賞を受賞、名演だ。多くの映画の有名なシーンが彷彿とする。なにより、数々の映画へのオマージュと、映画そのものへの愛に満ちあふれている。

Related article

  • 今週末見るべき映画「涙するまで、生きる」
    今週末見るべき映画「涙するまで、生きる」
  • 今週末見るべき映画Part 2 「ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~」
    今週末見るべき映画Part 2 「ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~」
  • 今週末見るべき映画 「ヘアスプレー」
    今週末見るべき映画 「ヘアスプレー」
  • 今週末見るべき映画「人生は小説よりも奇なり」
    今週末見るべき映画「人生は小説よりも奇なり」
  • 「小さな園の大きな奇跡」【今週末見るべき映画】
    「小さな園の大きな奇跡」【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「懺悔」
    今週末見るべき映画「懺悔」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第24回「ECM編」
  • 2
    ニッポンデザインを牽引「渡辺力さんの仕事」
  • 3
    今週末見るべき映画「her/世界でひとつの彼女」
  • 4
    ファッションで見る、実写版映画『ルパン三世』衣装展
  • 5
    日本屈指のテーラー・久保田博氏|『ブルーシアーズ』創立10年目の本音
  • 6
    今週末見るべき映画「ゴダール・ソシアリスム」
  • 7
    ジャズ名盤講座第9回「ヴァーヴ編(その2)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 8
    ポルシェ911ファン必見。「ポルシェカフェ 青山」がオープン
  • 9
    ランボルギーニ、「ガヤルド・スクアドラ・コルセ」を日本初披露
  • 10
    今週末見るべき映画「エスケイプ・フロム・トゥモロー」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加