今週末見るべき映画「アーティスト」

2012年 4月 6日 17:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 1937年に作られた「スタア誕生」は見ていないが、1955年にリメイクされた、ジョージ・キューカー監督、ジェームズ・メイスンとジュディ・ガーランドの出た「スタア誕生」は、昔、見た。ドラマの骨子は、この「スタア誕生」とほぼ同じである。また、時代的には、サイレント映画からトーキーになろうとしているころだから、「雨に唄えば」で描かれた時代とほぼ同じだろう。

 もちろん、単にこの二作品をミックスしただけではない。映画は、サイレントふうに撮られてはいるが、完全にサイレントではない。感動的なセリフが、ちゃんと用意されている。画面はモノクロだが、もとはカラーで撮影したものをモノトーンで処理し、グレーのグラデーションが陰影豊か、効果的である。
 映画に詳しい人なら、もう、全編、映画へのオマージュにうっとりするはずである。主人公の大スター、ジョージ・ヴァレンティンは、ダグラス・フェアバンクスとジョン・ギルバートの人生が投影されているし、役名はルドルフ・ヴァレンチノを思い浮かべる。ジョージに憧れて、トーキーのスター女優として成功するペピー・ミラーは、メアリー・ピックフォードやグレタ・ガルボがお手本のようである。


 ジョージが、ペピーの鼻と唇の間に描いてやるつけぼくろは、グレタ・ガルボの「ニノチカ」だろう。ジョージの楽屋を訪ねたペピーが、スーツに腕を入れて抱かれているように見せるシーンは、フランク・ボーセージ監督の「第七天国」。ペピーは、ジョージの楽屋の鏡に「ありがとう」と書く。これは「モロッコ」で、マレーネ・ディートリッヒが演じたシーン。
 その他、「カサブランカ」や、チャップリンの「犬の生活」や「街の灯」、小津安二郎の「早春」や「東京暮色」、アルフレッド・ヒッチコックの「めまい」や「サイコ」、ビリー・ワイルダーの「サンセット大通り」、フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースのダンスなどなどを彷彿とするプロットやシーン、音楽が巧みに引用されている。

 もちろん、多くの映画を知らなくても、小粋でシンプルなドラマである。ほのぼのとした人情味にあふれて、映画通でなくても、存分に楽しめる。
 映像と音で、これでもかこれでもかと「感動」を押しつけてくるような映画が多い。ジェットコースターに乗っているような映画、3Dの映画も確かに面白いが、サイレントふうの映画は、なによりも観客の想像力を刺激する。これが映画を見る歓びのひとつと思う。監督のミシェル・アザナヴィシウスは、2006年の東京国際映画祭で上映された「OSS117 カイロ、スパイの巣窟」(DVDのタイトルは「OSS117 私を愛したカフェオーレ」)で、グランプリを受賞している。これまた、007映画をパロディで見せた、小粋な映画であった。

 「アーティスト」は、ルドヴィック・ブールスと共に、「OSS117」で音楽を担当したカメル・エシェークに捧げられる。まことに、映画をこよなく愛する作家の映画である。

Related article

  • 今週末見るべき映画「ティエリー・トグルドーの憂鬱」
    今週末見るべき映画「ティエリー・トグルドーの憂鬱」
  • マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ 【今週末見るべき映画】
    マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ 【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「最優秀作品賞は「タルロ」に・第16回東京フィルメックス閉幕」
    今週末見るべき映画「最優秀作品賞は「タルロ」に・第16回東京フィルメックス閉幕」
  • 今週末見るべき映画「サガン 悲しみよ こんにちは」
    今週末見るべき映画「サガン 悲しみよ こんにちは」
  • 今週末見るべき映画「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」
    今週末見るべき映画「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」
  • 今週末見るべき映画「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」
    今週末見るべき映画「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 2
    マルニ木工「MARUNI COLLECTION 2014」。深澤直人氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー
  • 3
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 4
    現代骨董 直球勝負。「古道具その行き先 −坂田和實の40年−」
  • 5
    災害時、デザインは何ができるか?を考えた展覧会
  • 6
    エスプリ溢れるスタイリッシュオープン、シトロエンDS3 CABRIO
  • 7
    江戸な縁起ものを暮らしに/其の四「金銀の爪きり/うぶけや」
  • 8
    新型BMW「M5」、迫力のボディ
  • 9
    熟成肉ブームの先駆け「京都 中勢以」、新たなる挑戦
  • 10
    マツダRX-8がマイナーチェンジ、新グレードに「RS」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加