『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

現代アートとファッションのコラボ、LADY DIOR AS SEEN BY展へ

2012年 4月 16日 07:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディオールと現代アートとのコラボレーション、“LADY DIOR AS SEEN BY”展が4月22日から銀座で開催される。昨年北京で開催され、いよいよ東京で行なわれるこの展覧会では、ディオールのアイコンバッグ「レディ ディオール」がアーティストたちの解釈によってさまざまなアート作品に変身する。既成概念を超越したその感性をのぞいてみたい。

 シンプルなフォルムと、格子柄のキルティング加工が、エレガント&モダンな美しさを放つバッグ「レディ ディオール」。1995年に登場して以来人気のバッグは、あの故ダイアナ妃も愛用していたことでも知られる。そんなアイコンバッグをモチーフに、世界のトップアーティストたちが創作に挑んだのが、今回のエキシビション“LADY DIOR AS SEEN BY”だ。ピーター・リンドバーグ、パトリック・ディマルシェリエなどのファッションフォトグラファーから、ナン・ゴールディンや、中国人アーティストのウェン・ファンなど、さまざまなアーティストが参加している。日本からは名和晃平のほか、東信、宮永愛子、鬼頭健吾、土井浩一郎らも参加。

PETER LINDBERG

 パトリック・ディマルシェリエの作品は、ファッション写真らしい洗練された構図だが、ファッションの主役である衣服を脱ぎ捨て、裸とバッグを組み合わせることで「裸のボディとバッグの間にある、エロティシズムを際立たせた」という作品。レディ ディオールらしい気品がモノクロームの写真から感じられる。

 これと対照的なのが、ピーター・リンドバーグの作品。片手にビール、片手にレディ ディオールを持った不良っぽいモデル、顔をバッグで隠す仕草はパパラッチに追われたセレブ風でもあり、なにやら意味深。何気ない日常のなかの、ドキっとする1シーンが、レディ ディオールの存在感を強烈なものに変えている。

 なお、このエキシビションは、今後も世界の他の都市を巡回し、その都市ごとに新たなアーティストとのコラボを行い、進化し続けるという。ファッションと現代アートのコラボレーションは、ファッションの新しい解釈として世界でも急速に注目されてきている。これからの展開にさらなる期待。

LADY DIOR AS SEEN BY
期間:2012年4月22日~5月20日
会場:東京都中央区銀座4-3-1和光並木館1F
時間:11:00~20:00 入場無料
TEL:LADY DIOR AS SEEN BY事務局 0570-050121

取材/東ミチヨ

Related article

  • 主演女優賞、ウィンスレットのサンローランは大女優の貫禄
    主演女優賞、ウィンスレットのサンローランは大女優の貫禄
  • 究極のレクサス、スーパースポーツカーLFAの挑戦と美学
    究極のレクサス、スーパースポーツカーLFAの挑戦と美学
  • ラ・プレリーから、この秋発売「フォースインテンシブ」
    ラ・プレリーから、この秋発売「フォースインテンシブ」
  • ティファニー、憧れと誘惑をまとう/5)ティファニーの粋「エンチャント」
    ティファニー、憧れと誘惑をまとう/5)ティファニーの粋「エンチャント」
  • モンクレールのモコモコバッグ登場
    モンクレールのモコモコバッグ登場
  • 元フランスの一流メゾン革職人が来日、受注会開催
    元フランスの一流メゾン革職人が来日、受注会開催

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第24回「ECM編」
  • 2
    ボジョレーヌーヴォー解禁、新旬ワインと食の響宴
  • 3
    Marvelous Max Mara Tokyo 2013開催!
  • 4
    数値制御切削機を用いた木製筆記具、MACINARI(マキナリ)
  • 5
    伝説の「ポルシェ917」誕生から、今年で40周年
  • 6
    初公開! 旧フランス大使館に現代アートが集結
  • 7
    フランスで人気のチーズBEST6
  • 8
    マンダリン オリエンタル 香港に隠された、エクスクルーシブな空間
  • 9
    メルボルンの街並み/オーストラリアを旅する(2)
  • 10
    コスチュームデザイナー・ARAKI SHIRO(前篇)|『構築的耽美主義、目指すは世界』|Interview

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加