現代アートとファッションのコラボ、LADY DIOR AS SEEN BY展へ

2012年 4月 16日 07:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディオールと現代アートとのコラボレーション、“LADY DIOR AS SEEN BY”展が4月22日から銀座で開催される。昨年北京で開催され、いよいよ東京で行なわれるこの展覧会では、ディオールのアイコンバッグ「レディ ディオール」がアーティストたちの解釈によってさまざまなアート作品に変身する。既成概念を超越したその感性をのぞいてみたい。

 シンプルなフォルムと、格子柄のキルティング加工が、エレガント&モダンな美しさを放つバッグ「レディ ディオール」。1995年に登場して以来人気のバッグは、あの故ダイアナ妃も愛用していたことでも知られる。そんなアイコンバッグをモチーフに、世界のトップアーティストたちが創作に挑んだのが、今回のエキシビション“LADY DIOR AS SEEN BY”だ。ピーター・リンドバーグ、パトリック・ディマルシェリエなどのファッションフォトグラファーから、ナン・ゴールディンや、中国人アーティストのウェン・ファンなど、さまざまなアーティストが参加している。日本からは名和晃平のほか、東信、宮永愛子、鬼頭健吾、土井浩一郎らも参加。

PETER LINDBERG

 パトリック・ディマルシェリエの作品は、ファッション写真らしい洗練された構図だが、ファッションの主役である衣服を脱ぎ捨て、裸とバッグを組み合わせることで「裸のボディとバッグの間にある、エロティシズムを際立たせた」という作品。レディ ディオールらしい気品がモノクロームの写真から感じられる。

 これと対照的なのが、ピーター・リンドバーグの作品。片手にビール、片手にレディ ディオールを持った不良っぽいモデル、顔をバッグで隠す仕草はパパラッチに追われたセレブ風でもあり、なにやら意味深。何気ない日常のなかの、ドキっとする1シーンが、レディ ディオールの存在感を強烈なものに変えている。

 なお、このエキシビションは、今後も世界の他の都市を巡回し、その都市ごとに新たなアーティストとのコラボを行い、進化し続けるという。ファッションと現代アートのコラボレーションは、ファッションの新しい解釈として世界でも急速に注目されてきている。これからの展開にさらなる期待。

LADY DIOR AS SEEN BY
期間:2012年4月22日~5月20日
会場:東京都中央区銀座4-3-1和光並木館1F
時間:11:00~20:00 入場無料
TEL:LADY DIOR AS SEEN BY事務局 0570-050121

取材/東ミチヨ

Related article

  • PUMAが英国クラシックシューズを限定発売
    PUMAが英国クラシックシューズを限定発売
  • フェミニンな表情に仕立てるディオールのクリスマス メイクアップ パレット
    フェミニンな表情に仕立てるディオールのクリスマス メイクアップ パレット
  • フォルクスワーゲン、ジウジアーロ社を買収
    フォルクスワーゲン、ジウジアーロ社を買収
  • 自分への贈り物。シャネルで探す、大人のご褒美ギフト
    自分への贈り物。シャネルで探す、大人のご褒美ギフト
  • グレース・ケリーの愛した、カルティエのダイヤモンドジュエリー
    グレース・ケリーの愛した、カルティエのダイヤモンドジュエリー
  • 全ての生活にスタイルを。アマンダ・バーグマンが生み出すライフスタイル
    全ての生活にスタイルを。アマンダ・バーグマンが生み出すライフスタイル

Prev & Next

Ranking

  • 1
    パリで苦闘した明治・大正画家たちの展覧会、第一部が好評のうちに終了
  • 2
    食のセレクトマーケット「FUKUSHIMAYA TASTING MARKET」
  • 3
    クリエイターの合同展示会「For Stockists Exhibition」
  • 4
    伊・マセラティ×英・B&W、オーディオ登場
  • 5
    落合多武個展「スパイと失敗とその登場について」
  • 6
    ビオワインをカジュアルに。ワイン食堂「ビオテカ」
  • 7
    スペイン王室御用達のショコラテリア「カカオサンパカ」本格上陸
  • 8
    今週末見るべき映画「フェアウェル さらば、哀しみのスパイ」
  • 9
    バラクータから、ブリット気分なダウンジャケット
  • 10
    今週末見るべき映画「ゴーストライター」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加