今週末見るべき映画「ル・アーヴルの靴みがき」

2012年 4月 27日 11:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 フィンランドの監督、アキ・カウリスマキの映画は、どのような題材であっても、独特の味付け、コクがあり、悲惨な状況であっても、どこか飄々としたおかしさを覚える。透徹した人間観察からもたらされるユーモアとでも言おうか、なんともほのぼのとした味わいなのである。

 カウリスマキ作品のすべてを見てはいないが、パリを舞台にしたボヘミアンたちの群像「ラヴィ・ド・ボエーム」や、フィンランドの失業問題に迫った「浮き雲」、記憶を無くした男の再生を描いた「過去のない男」、孤独な男がマフィアに巻き込まれる「街のあかり」などなど、市井の、無名の、そして孤独な人たちに注ぐカウリスマキの優しい眼差しが、どの映画にも満ちているように思う。「過去のない男」では、主人公が、ヘルシンキに戻る列車のなかで、寿司を食べるシーンがある。クレイジーケンバンドが演歌ふうに唄う「ハワイの夜」が挿入される。「ハワイ ハワイ ハワイに身を潜め 残された人生を賭けたこの俺さ」。記憶を無くした男の切ない人生に、残された希望が見えてくるような、すてきなシーンだった。

 新作「ル・アーヴルの靴みがき」(ユーロスペース配給)は、フランスの港町ル・アーヴルが舞台。靴みがきで生計をたてている初老のマルセルと、アフリカのガボンから不法入国した少年イドリッサとのふれあいを、おだやかに、優しく、描く。

 ジュリアン・デュヴィヴィエ監督の「商船テナシチー」では、パリの失業者たちが、ル・アーヴルからカナダ移住を目指す。マルセル・カルネ監督の「霧の波止場」では、ジャン・ギャバン扮する脱走兵が、ル・アーヴルからヴェネズエラ行きを願う。本作の少年もまた、漂着したル・アーヴルから、母親の住むロンドンを目指す。アンドレ・ウィレム扮する主人公のマルセルは、元はパリのボヘミアン、雑文を書いては呑んでばかりの日々を送っていた。かつて、「ラヴィ・ド・ボエーム」に出てきた作家マルセルの、いわば後日談の様相である。パリからル・アーヴルに居を移したマルセルは、靴みがきをしながら、妻のアルレッティ、愛犬のライカと、貧しいけれど幸せな日々を過ごしている。

 マルセルは、ひょんなことから、ガボンからの不法入国の少年イドリッサと知り合う。警察から追われる身のイドリッサを、マルセルは匿う。そして、なんとか無事にイドリッサの母親の住むロンドンに脱出させようとする。イギリスは、フランスに比べると、不法入国者たちには寛大な国で、多くの難民たちがイギリスに入国している。警察の厳しい追及のなか、マルセルたちは、イドリッサのロンドン行きを画策する。

Related article

  • 今週末見るべき映画「ローマ環状線 めぐりゆく人生たち」
    今週末見るべき映画「ローマ環状線 めぐりゆく人生たち」
  • ありがとう、トニ・エルドマン【今週末見るべき映画】
    ありがとう、トニ・エルドマン【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「セントアンナの奇跡」
    今週末見るべき映画「セントアンナの奇跡」
  • 今週末見るべき映画「倫敦から来た男」
    今週末見るべき映画「倫敦から来た男」
  • 今週末見るべき映画「ココ・シャネル」
    今週末見るべき映画「ココ・シャネル」
  • 今週末見るべき映画「光のノスタルジア」、「真珠のボタン」
    今週末見るべき映画「光のノスタルジア」、「真珠のボタン」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    素敵な遺産相続 【今週末見るべき映画】
  • 2
    グリーン ポルシェ!  パナメーラS e-ハイブリッド
  • 3
    明日より限定販売、原研哉が手がけた「イスパハン」の特別パッケージ
  • 4
    グランドハイアットソウルで、スペシャルなSPA体験を
  • 5
    長山智美のムームー日記SP「おお!イケアのイっケんヤ!」
  • 6
    情熱が結集した、ミカフェートの展開ブランド/コーヒーにこだわる(4)
  • 7
    フォトギャラリー:日産コンセプトカー「インフィニティ エッセンス」
  • 8
    スイス発、マンモスマークのマムート旗艦店
  • 9
    ジャズ名盤講座第23回「MPS編」
  • 10
    ボルドーワイン委員会が「バリューボルドー2010」を発表

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加