人類の進化と衣服の歴史「杉本博司 ハダカから被服へ」展が開催中

2012年 5月 1日 10:30 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 原美術館で現代美術家、「杉本博司 ハダカから被服へ」が開催中だ。都内の美術館では「杉本博司:時間の終わり」以来、七年振りの個展となる。写真だけでなく古美術の蒐集、近年では建築や舞台芸術などを手がけ、人間と時間を探究しつづける杉本博司氏。本展はそんな旺盛な活動を展開する杉本氏による、人類の進化と衣服の歴史を、モノクローム写真や自らの所蔵作品とともに静謐に視覚化した展覧会である。

 展覧会タイトル「ハダカから被服へ」が示すとおり、1974年エチオピアで化石人骨が発見され、最古の人類といわれる類人ルーシーが、ハダカで荒野を歩く作品から始まる本展。ファッションを彫刻として見たてた写真作品「スタイアライズド スカルプチャー」を中心に、ニューヨーク自然史博物館、マダムタッソー蝋人形館、カリフォルニアの蝋人形館で撮影された杉本氏の代表作の一部である「ジオラマ」および「肖像写真」より、衣服という観点から作品を選び、人類の壮大な歴史を感じさせる展示としている。合わせて杉本氏の古美術コレクション、狂言師野村萬斎氏のために手がけた能楽の衣裳まで、杉本流ファッションと人類の歴史が、まるで絵巻物のように各展示室に広がる壮大なエキシビションである。

 その中心となる作品「スタイアライズド スカルプチャー」は、通常のファッション写真では当たり前の人体ではなく、マネキンに衣服を着用させ撮影した写真作品。マネキンに衣服を着用させた理由は、長時間露光を用いる杉本氏の撮影手法によるところが大きいそうだが、動きや生身の人体が醸し出す温かみを排除し、静物であるマネキンが衣服を着ることで、具体的なものであるはずのファッションに抽象性が加わったようにみえ、それにより衣服のディテールがいっそう際立っているようにみえた。

Related article

  • まったく新しいデジタルレンジファインダーカメラ。「ライカ M」が登場
    まったく新しいデジタルレンジファインダーカメラ。「ライカ M」が登場
  • 北欧の人々の豊かな暮らしのある風景。ホンマタカシ写真展「北欧建築とか。」
    北欧の人々の豊かな暮らしのある風景。ホンマタカシ写真展「北欧建築とか。」
  • 2019年1月5日(土)~3月28日(木)「ソフィ カルー限局性激痛」原美術館コレクションより
    2019年1月5日(土)~3月28日(木)「ソフィ カルー限局性激痛」原美術館コレクションより
  • 森山大道の初期マガジンワークより幻の名作写真シリーズ
    森山大道の初期マガジンワークより幻の名作写真シリーズ
  • 原美術館「杉本博司 ハダカから被服へ」。写真が語る装うことの意味
    原美術館「杉本博司 ハダカから被服へ」。写真が語る装うことの意味
  • インドの現代アートを堪能する。 「Urban Narratives ―ある都市の物語―」
    インドの現代アートを堪能する。 「Urban Narratives ―ある都市の物語―」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    アストンマーティンのコンセプトモデル「V12 ザガート」
  • 2
    25日まで川上元美展、日本の巨匠を知る
  • 3
    世界初、シャネルの香りとコスメ路面店「CHANEL AOYAMA」
  • 4
    イタリア・フロス新作、ブルレック兄弟の照明はとっても自由
  • 5
    「ミツコ」誕生90周年、ゲランから記念フレグランス
  • 6
    デザインタイド トーキョー現地速報レポート #2
  • 7
    セレブリティ100人が証言する、女流写真家のドキュメンタリー
  • 8
    加齢肌の救世主となるファンデーションがYSLから登場!
  • 9
    トゥーランドット 臥龍居/あの店で、今日もきちんと朝ごはん(2)
  • 10
    最も小さく軽い、ランドローバー新SUV「エヴォーク」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加