今週末見るべき映画『さあ帰ろう、ペダルをこいで』

2012年 5月 11日 14:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 本名はヨルダン、初老の男だ。2個のサイコロを振って、コマを進めるボードゲーム、バックギャモンの名手であることから、バイ・ダンと呼ばれる。バイ・ダンは、記憶を無くした孫とともに、ドイツから故郷のブルガリアに、タンデムの自転車で旅する。

 『さあ帰ろう、ペダルをこいで』(エスピーオー配給)は、いわばロード・ムービーの体裁をとるが、単なるロード・ムービーではない。現在と30数年前からの過去が交錯し、ここ30数年のブルガリアの現代史が、くっきりと浮かび上がる。ヨーグルトやバラ、ワインなどで有名な国ではあるが、中東やヨーロッパ諸国、旧ソ連の政治に翻弄されたブルガリアである。そのブルガリアの、ある家族が辿った運命を、狂言回しよろしく、ボードゲームのバックギャモンが牽引していく。政治に反逆、民衆の立場に立ったバイ・ダンにとっては、時代背景は厳しく悲惨だけれど、バイ・ダンは言う。「人生はサイコロと同じ。どんな目が出るか、それは時の運と、自分の才覚次第だ」。

 かつて、バックギャモンに凝った時期がある。双六と同じように、サイコロを振って、15個のコマを進めるだけのゲームだが、奥が深い。自分と相手のコマの進行をめぐっての駆け引きや読みが必要で、2個のサイコロの出目という運の要素が働く。劇中では、「名人も初心者も楽しめるバックギャモン。コテンパンにやられても、ひるまずにコマを進めよう」と唄われる。実に面白いゲームなのに、仕事にかまけて、いつの間にか興じることをやめてしまった。
 いろんなシーンで、効果的にバックギャモンが登場する。バックギャモンを通して語られるバイ・ダンのセリフが、ことごとく、いい。しかも、バイ・ダンの信念に裏打ちされた生き方は潔く、家族や仲間たちへの慈愛に満ちている。

Related article

  • 今週末見るべき映画「パイレーツ・ロック」
    今週末見るべき映画「パイレーツ・ロック」
  • 今週末見るべき映画「グラン・トリノ」
    今週末見るべき映画「グラン・トリノ」
  • アジアの新進作家、コンペティションに結集―第14回東京フィルメックス
    アジアの新進作家、コンペティションに結集―第14回東京フィルメックス
  • 今週末見るべき映画「PARIS」
    今週末見るべき映画「PARIS」
  • 今週末見るべき映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
    今週末見るべき映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
  • 今週末見るべき映画「光りの墓」
    今週末見るべき映画「光りの墓」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ビジネスマンの節電対策!ニットシャツ一枚になる。
  • 2
    さすらいのレコード・コレクター~10セントの宝物【今週末見るべき映画】
  • 3
    ミッドセンチュリーモダンなハミルトン「ベンチュラ」限定復刻モデル
  • 4
    東京・有楽町に阪急MEN'S TOKYOがオープン
  • 5
    表参道ヒルズで篠山紀信写真展「KISHIN:BIJIN」
  • 6
    「セイコー ブライツ」ワールドタイムソーラー電波時計の新作
  • 7
    ライカ×ヴィム・ヴェンダースの必見ショートビデオ
  • 8
    銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
  • 9
    今週末見るべき映画「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」
  • 10
    現代美術界の奇才、初の大規模個展「会田誠展:天才でごめんなさい」が森美術館で開催

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加