『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

今週末見るべき映画「星の旅人たち」

2012年 6月 1日 07:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 つまり、人物設定と俳優の出自が、見事に一致しているのである。なるほどと思うキャスティングだ。資料によると、マーティン・シーンはアメリカ生まれだが、父方のルーツは、スペインの北西、ポルトガルの北になるガリシアである。マーティン・シーンの本名はラモン・エステヴェスという。映画で親子を演じるマーティン・シーンとエミリオ・エステヴェスは、実の親子。しかも、脚本・監督は、息子のエミリオ・エステヴェスである。実際にも、このサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼は、マーティン・シーンの悲願、夢であったという。

 まるで、いろいろなお膳立てが揃ったようである。エミリオ・エステヴェスの演出は、ことさら、おしつけがましいところはなく、まことに端正である。北スペインの美しい景観が続くなか、自然なセリフやささいな出来事から、少しずつ、登場人物の秘めていた過去や、人となりが明るみに出る。その手腕は鮮やかである。

 トムを始め、ヨスト、サラ、ジャックは、はたして、自分を振り返り、突き詰め、自らに距離を置き、再生を果たすことができるだろうか。マーティン・シーンは、フランシス・フォード・コッポラ監督の大作「地獄の黙示録」では、文字通り、闇の奥の地獄に向かったが、「星の旅人たち」(原題「ザ・ウェイ」)では、自己の再生を願っての道に向かう。私たちは、トムたちの歩き続けている道が、安寧に通じているかどうかを、見つめることになる。

Related article

  • 今週末見るべき映画「プライスレス 素敵な恋の見つけ方」
    今週末見るべき映画「プライスレス 素敵な恋の見つけ方」
  • 今週末見るべき映画「アンジェリカの微笑み」
    今週末見るべき映画「アンジェリカの微笑み」
  • 今週末見るべき映画「孤独のススメ」
    今週末見るべき映画「孤独のススメ」
  • 今週末見るべき映画「ゼロの未来」
    今週末見るべき映画「ゼロの未来」
  • 今週末見るべき映画「シアター・プノンペン」
    今週末見るべき映画「シアター・プノンペン」
  • 今週末見るべき映画「偉大なるマルグリット」
    今週末見るべき映画「偉大なるマルグリット」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第4回「パシフィック・ジャズ」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 2
    ミラノ、モルティーニ新作 ダークホースはロン・ジラード
  • 3
    デザインマイアミ/バーゼル2010 詳細レポート
  • 4
    大人のためのあみぐるみ。タカモリ・トモコさんインタビュー。
  • 5
    フォトギャラリー:プレミアムコンパクト・クロスオーバー「XC60」
  • 6
    ジャズ名盤講座第10回「ヴァーヴ編(その3)」ビギナー向け9選!マスター向け9選!
  • 7
    新型グランツーリスモ「フェラーリ・カリフォルニア」価格発表
  • 8
    アラン・デュカスの“パリのお気に入り”が体験できる1週間
  • 9
    ジャズ名盤講座第9回「ヴァーヴ編(その2)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 10
    はじめてのおもてなし 【今週末見るべき映画】

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加