紙で再構築された事件現場 トーマス・デマンド展

2012年 6月 6日 09:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の展覧会開催にあわせ来日したデマンドは、本展の記者発表の席で、紙でつくられたオブジェクトの中身が空洞であることに触れ、自分は芸術家であり、ジャーナリストではないから、そこに批評的な意味は込めていないと言っていた。

 だがそれを観る者は、紙というマテリアルで模型が作られることで、リアリティの手がかりとなる、痕跡や匂いといった生々しさが意図的に排除されたようなデマンドが作り出す被写体に対し、情報化社会におけるリアリティとは、当事者以外には単なる表面的なイメージや現象にすぎない、というメッセージを読み取ることも可能だろう。

「アーカイブ」1995年

 デマンドが手がける映像作品も写真作品同様、インターネットや新聞などで馴染みのあるイメージを元に作成された、ペーパークラフトが被写体となっている。

 それら映像作品は、視点を固定したカメラでコマ撮りの手法で動きをつけられ撮影される。そこにもデマンドの写真作品と同様に、事件や現実を傍観する、監視カメラのような目撃者の視点が感じられる。現在の監視防御社会においては、しばしば監視カメラは重大な事故や事件の重要な目撃者であり、証言者でもあることは疑いようのない事実となっている。その意味で、監視カメラの冷徹なまでの眼差しのありようは、実は事件や事故現場をみる我々の視点のありようをトレースしているともいえる。

Related article

  • ドイツの現代美術家、レベッカ・ホルンの日本初個展
    ドイツの現代美術家、レベッカ・ホルンの日本初個展
  • 特撮にみる職人の技術と匠の技。『館長 庵野秀明  特撮博物館  ミニチュアで見る昭和平成の技』
    特撮にみる職人の技術と匠の技。『館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技』
  • 太宰府天満宮、「神さまはどこ?酒井咲帆 前田景写真展」が開催中
    太宰府天満宮、「神さまはどこ?酒井咲帆 前田景写真展」が開催中
  • 人気歌手 リタ オラも来場。「リトル ブラック ジャケット」 in ドバイ
    人気歌手 リタ オラも来場。「リトル ブラック ジャケット」 in ドバイ
  • 時を経た植物の美しさ。叢(くさむら)小田康平氏インタビュー
    時を経た植物の美しさ。叢(くさむら)小田康平氏インタビュー
  • ニーシングの日本上陸30周年を記念する、限定リング登場
    ニーシングの日本上陸30周年を記念する、限定リング登場

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「新型MINI コンバーチブル」試乗レポート
  • 2
    「イッセイ ミヤケ×エットーレ・ソットサス」幻のデザイン
  • 3
    フォトギャラリー:吉岡徳仁「セカンド・ネイチャー」展
  • 4
    美山荘(京都・花背)/美味しい宿、美味しい旅(1)
  • 5
    ビジネスマンの節電対策! 夏を快適にすごす傑作50選
  • 6
    アラーキーこと荒木経惟の、世界最大のポラロイドカメラを使用した写真展が開催
  • 7
    話題の『ローズベーカリー 銀座』を体験
  • 8
    腕に光る釘。モダンアートなカルティエ新作「ジュスト アン クル」
  • 9
    ボッティチェリらの名作が集結、ウフィツィ美術館展
  • 10
    トーネットの名作、ブラック&ホワイトの記念モデル

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加