高橋理子×美濃和紙:「3120(サンイチニゼロ)」

2012年 6月 14日 18:30 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2011年1月にパリのメゾン・エ・オブジェで初めてお披露目され、昨秋のデザインタイドトーキョーにも出展。さまざまなメディアからも注目されたアーティスト・高橋理子×美濃和紙のプロジェクト『3120(サンイチニゼロ)』がついにその第一弾を完成。主力商品となる「ウォーターマークシリーズ」が発売中だ。。

 『3120(サンイチニゼロ)』は、1300年以上続く和紙の伝統産地・岐阜県の紙メーカー3社(家田紙工業株式会社/古川紙工業株式会社/丸重製紙企業組合)が、プロデューサーに萩原修氏、コラボレーターにアーティストの高橋理子氏を迎えて実現したプロジェクト。美濃で発展し培われた和紙の伝統と現代の技術を活かしながら、現代の暮らしにおける“新しい和紙の在り方”を提案していくことを目的に、2010年に商品の開発をスタートさせたものだ。

 『3120(サンイチニゼロ)』がその商品づくりの軸におくのが、「漉き入れ紙」の伝統を継承する(美濃和紙の最大の特徴ともいえる)“透かし”の技術。この伝統技術を、現代の進化した技術で実現させたのが、紙全体に“透かし”を入れた紙を使った新たな商品の提案だ。

 「3120」という数字から高橋氏が展開した3種の柄〈PRISM〉〈BUBBLE〉〈FOREST〉の漉き入れ紙を、それぞれノートの本紙として提案する「ウォーターマークシリーズ」は、プロジェクトに着手してから約2年半の開発期間と試行錯誤を経てついに完成した。

Related article

  • ウエラジャパンから、新感覚の温感トリートメント
    ウエラジャパンから、新感覚の温感トリートメント
  • graf + flame「生活を照らすこと」展
    graf + flame「生活を照らすこと」展
  • アマダナがポケットビデオカメラ「SAL」を発売
    アマダナがポケットビデオカメラ「SAL」を発売
  • 「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」が松屋銀座1Fにオープン
    「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」が松屋銀座1Fにオープン
  • 肌の糖化にアプローチする、ポーラ「B.A ザ クリーム」
    肌の糖化にアプローチする、ポーラ「B.A ザ クリーム」
  • ソニーの新しい音楽リスニングスタイル“Rolly”誕生
    ソニーの新しい音楽リスニングスタイル“Rolly”誕生

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フィンランドデザインで埋め尽くされる10日間
  • 2
    フォトギャラリー:I LOVE FILM by LOMOGRAPHY x GSS
  • 3
    フォトギャラリー:モレスキン「Detour」展
  • 4
    今週末見るべき映画「恐怖分子」
  • 5
    フォトギャラリー:ホンダ新型ハイブリッド「インサイト」国内発表
  • 6
    トップスポーツモデル「アウディTT RSクーペ」
  • 7
    フォトギャラリー:カルテル「The Invisibles」
  • 8
    TUMI銀座店がリニューアルオープン
  • 9
    新しいコンセプトの扇風機「GreenFan」
  • 10
    「資生堂パーラー」で、贅沢なカレーフェア開催

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加