高橋理子×美濃和紙:「3120(サンイチニゼロ)」

2012年 6月 14日 18:30 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2011年1月にパリのメゾン・エ・オブジェで初めてお披露目され、昨秋のデザインタイドトーキョーにも出展。さまざまなメディアからも注目されたアーティスト・高橋理子×美濃和紙のプロジェクト『3120(サンイチニゼロ)』がついにその第一弾を完成。主力商品となる「ウォーターマークシリーズ」が発売中だ。。

 『3120(サンイチニゼロ)』は、1300年以上続く和紙の伝統産地・岐阜県の紙メーカー3社(家田紙工業株式会社/古川紙工業株式会社/丸重製紙企業組合)が、プロデューサーに萩原修氏、コラボレーターにアーティストの高橋理子氏を迎えて実現したプロジェクト。美濃で発展し培われた和紙の伝統と現代の技術を活かしながら、現代の暮らしにおける“新しい和紙の在り方”を提案していくことを目的に、2010年に商品の開発をスタートさせたものだ。

 『3120(サンイチニゼロ)』がその商品づくりの軸におくのが、「漉き入れ紙」の伝統を継承する(美濃和紙の最大の特徴ともいえる)“透かし”の技術。この伝統技術を、現代の進化した技術で実現させたのが、紙全体に“透かし”を入れた紙を使った新たな商品の提案だ。

 「3120」という数字から高橋氏が展開した3種の柄〈PRISM〉〈BUBBLE〉〈FOREST〉の漉き入れ紙を、それぞれノートの本紙として提案する「ウォーターマークシリーズ」は、プロジェクトに着手してから約2年半の開発期間と試行錯誤を経てついに完成した。

Related article

  • 「フライターグ」アジア初の旗艦店が銀座にオープン
    「フライターグ」アジア初の旗艦店が銀座にオープン
  • シュワルツコフからグリーンブランド「エッセンシティ」
    シュワルツコフからグリーンブランド「エッセンシティ」
  • 水がテーマ 佐藤 卓ディレクション「water」展
    水がテーマ 佐藤 卓ディレクション「water」展
  • バカラ・アルクール×nendoの魅力を、佐藤 オオキが語る
    バカラ・アルクール×nendoの魅力を、佐藤 オオキが語る
  • アラン・デュカスの“パリのお気に入り”が体験できる1週間
    アラン・デュカスの“パリのお気に入り”が体験できる1週間
  • 東京に舞い降りた「雪」の世界、曽根裕展
    東京に舞い降りた「雪」の世界、曽根裕展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:ミラノサローネで発表のヤマギワ新作照明
  • 2
    イデーから新作家具「CONTOUR」キャビネット シリーズ
  • 3
    フォトギャラリー:マルチタッチの「iPod nano」
  • 4
    フォトギャラリー:BMW史上最速のSUV「BMW X6 M」
  • 5
    モルトンブラウンから、待望のメンズラインが新上陸
  • 6
    「ジャン=ポール・エヴァン」に世界最高峰のコーヒーが登場
  • 7
    フォトギャラリー:「吉岡徳仁デザインによる、CAMPER旗艦店」
  • 8
    フォトギャラリー:フェラーリ「599XX」日本初公開
  • 9
    フォトギャラリー:フォルクスワーゲン新世代ゴルフ
  • 10
    日本のグラフィックデザイン2009 トークイベントリポート

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加