物たちを見るというまなざしと体験。『物物』展

2012年 9月 12日 15:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 テーブルや棚、椅子などの上に、一点一点ナンバーをふられて展示される猪熊弦一郎のコレクションは、書籍で紹介されているだけでも104点。書籍には掲載されていない自作の家具などを加えると、それ以上の点数になる。選ばれたものたちは、チャールズ・イームズがデザインした家具や、貴重なアンティークも含まれるが、その多くが名もない日用品や、時間が蓄積した道具や玩具など。なかには明らかに最初から決まった用途をもたないであろう、オブジェクトなどもいくつか見受けられる。もともとは父親のために制作された、緑の布がはられた寝椅子や、真鍮の網が座面にはられた丸椅子など、猪熊弦一郎自作の家具もいくつか展示されている。

 本展開催は、グラフィックデザイナーで、著名なアートディレクターである菊地敦己さんの、猪熊弦一郎の膨大なコレクションを本というかたちで紹介できないか、という思いをきっかけに始まったものだという。猪熊弦一郎現代美術館で開催された、いくつかの企画展のカタログのデザインを手がけ、美術館内にあるMIMOCAカフェの企画も手がけるアートディレクターの菊地さんだけに、猪熊弦一郎のコレクションへの知識や思いは誰よりも深い。そこで今回本美術館で個展を開催することが決まっていた、ホンマタカシさんにコレクションの写真撮影を依頼し、そのホンマさんの発案で、スタイリストの岡尾美代子さんが物を選び、そして書籍のために作家の堀江敏幸さんがテキストを寄せる、猪熊弦一郎のコレクションに関する『物物』という本の企画と、展示が決まった。また書籍が、菊地さんの出版社である「BOOK PEAK」から上梓されていることにも注目したい。


Related article

  • 「静けさのなかにみえる、未来への道筋」 トーマス・バイルレ インタビュー
    「静けさのなかにみえる、未来への道筋」 トーマス・バイルレ インタビュー
  • 暮らしをより豊かに、人生を変える一杯のコーヒー
    暮らしをより豊かに、人生を変える一杯のコーヒー
  • インドの現代アートを堪能する。 「Urban Narratives ―ある都市の物語―」
    インドの現代アートを堪能する。 「Urban Narratives ―ある都市の物語―」
  • 混沌という状況の中から生まれてくるアート 「大竹伸朗展 ニューニュー」
    混沌という状況の中から生まれてくるアート 「大竹伸朗展 ニューニュー」
  • 北欧の人々の豊かな暮らしのある風景。ホンマタカシ写真展「北欧建築とか。」
    北欧の人々の豊かな暮らしのある風景。ホンマタカシ写真展「北欧建築とか。」
  • これからの都市のビジョンとは?|ゲルフリート・ストッカー氏インタビュー
    これからの都市のビジョンとは?|ゲルフリート・ストッカー氏インタビュー

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「絵画の在りか」を探す、若手ペインター展
  • 2
    iPod nanoをアップデート、縦型で17,800円より
  • 3
    初のAMG専用モデル 「メルセデス・ベンツ SLS AMG」
  • 4
    10月6日より第33回 国民文化祭、第18回 全国障害者芸術「おおいた大茶会」開催!
  • 5
    黒と白の新・水栓美学、ドイツのグローエ社から
  • 6
    映像の身体性を問う「恵比寿映像祭」、26日まで
  • 7
    F1級の超軽量・高性能、オーデマ ピゲ2010年新作
  • 8
    ヌード!ヌード!ヌード!篠山紀信がビルジャック
  • 9
    25日から必見の「Exhibition : Lighting Art」
  • 10
    ルイーズ・キャンベルの新作照明

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加