物たちを見るというまなざしと体験。『物物』展

2012年 9月 12日 15:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 テーブルや棚、椅子などの上に、一点一点ナンバーをふられて展示される猪熊弦一郎のコレクションは、書籍で紹介されているだけでも104点。書籍には掲載されていない自作の家具などを加えると、それ以上の点数になる。選ばれたものたちは、チャールズ・イームズがデザインした家具や、貴重なアンティークも含まれるが、その多くが名もない日用品や、時間が蓄積した道具や玩具など。なかには明らかに最初から決まった用途をもたないであろう、オブジェクトなどもいくつか見受けられる。もともとは父親のために制作された、緑の布がはられた寝椅子や、真鍮の網が座面にはられた丸椅子など、猪熊弦一郎自作の家具もいくつか展示されている。

 本展開催は、グラフィックデザイナーで、著名なアートディレクターである菊地敦己さんの、猪熊弦一郎の膨大なコレクションを本というかたちで紹介できないか、という思いをきっかけに始まったものだという。猪熊弦一郎現代美術館で開催された、いくつかの企画展のカタログのデザインを手がけ、美術館内にあるMIMOCAカフェの企画も手がけるアートディレクターの菊地さんだけに、猪熊弦一郎のコレクションへの知識や思いは誰よりも深い。そこで今回本美術館で個展を開催することが決まっていた、ホンマタカシさんにコレクションの写真撮影を依頼し、そのホンマさんの発案で、スタイリストの岡尾美代子さんが物を選び、そして書籍のために作家の堀江敏幸さんがテキストを寄せる、猪熊弦一郎のコレクションに関する『物物』という本の企画と、展示が決まった。また書籍が、菊地さんの出版社である「BOOK PEAK」から上梓されていることにも注目したい。


Related article

  • 銀座三越で最旬トーキョーカルチャーを満喫「銀座三越 ディスカバートーキョー」
    銀座三越で最旬トーキョーカルチャーを満喫「銀座三越 ディスカバートーキョー」
  • ペット用自動給餌器「PETLY」のある暮らし
    ペット用自動給餌器「PETLY」のある暮らし
  • 自由な絵ときもちいい言葉の世界 「いのくまさん」
    自由な絵ときもちいい言葉の世界 「いのくまさん」
  • 既存の枠組を無効化する、ちいさな光「拡張するファッション」
    既存の枠組を無効化する、ちいさな光「拡張するファッション」
  • 「つかう本」幅允孝が提案する、考えることを刺激する本
    「つかう本」幅允孝が提案する、考えることを刺激する本
  • フルサイズセンサー搭載、究極の「ライカM9」
    フルサイズセンサー搭載、究極の「ライカM9」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    東京ミッドタウンに「ガリバーテーブル」出現
  • 2
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 3
    グエナエル・ニコラ「SPARKS」 SWAROVSKI CRYSTAL PALACE
  • 4
    アクシスギャラリーで「三保谷硝子店—101年の試作展」開催中
  • 5
    フォトギャラリー:吉岡徳仁デザインのKartell「Ami Ami」
  • 6
    日本初披露、フェラーリ初のハイブリッド・スーパーカー「ラ フェラーリ」
  • 7
    新しいVWザ・ビートルのシンプルネスとは? デザイナーインタビュー
  • 8
    フォトギャラリー:「TENORI-ON(テノリオン)」
  • 9
    #謎4|パーク ハイアット 東京、その謎
  • 10
    暮らしのための道具がある風景「鍋の道具展」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加