新しい体験型パフォーマンス作品「MIRAGE(ミラージュ)」とは!?

2012年 9月 17日 11:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2012年8月24日からの3日間、お台場の日本科学未来館でグラインダーマンと理化学研究所の主催による体験型パフォーマンス「MIRAGE」が発表された。1回約10分のパフォーマンスを1回につきひとりしか体験できないということもあり、予約が殺到。この貴重な機会に運良く体験することができたので、レポートする。

 「MIRAGE」の核となるのは、理化学研究所脳科学総合研究センターの適応知性研究チームにより開発されたSR システム(Substitutional Reality System=代替現実システム)。このシステムに基づくヘッドマウント・ディスプレイとヘッドフォンを合わせた装置、通称「エイリアンヘッド」が鍵をにぎる。このエイリアンヘッド、パッと見た感じではダフトパンクを連想するルックス。開発チームのリーダーである社会神経科学者の藤井直敬氏が、山中俊治氏にデザインを依頼したもので、ヘルメット状のものを被ると、目線の位置にゴーグル型ディスプレイとライブカメラが取り付けられ、耳の部分にはヘッドフォンがセットされるようになっている。頭にセットしてみると、完全に視覚と聴覚をコントロールされる感じだ。この装置自体は大して重くないのだが、自分自身で外界の情報を直接察知することができないため、やはり普通の状態に比べると少々不安を感じる。

 体験者は左右に回転可能なチェアに座り、ヘッドマウント・ディスプレイを係の人から装着される。念入りにフィット感を確認した上で、パフォーマンスがスタートする。ひとりのダンサーが目の前に現れて体験者に直接語りかけてくるのだが、最初の時点で自分の両手を見るように指示される。自分の両手をカメラ越しに動かしてみると、ちょっと不自然だが、紛れもない自分の手だということに安心感を持つ。不安になったら、手を見て動かしてみることが、この場合は肝心のようだ。そして、おもむろにパフォーマンスがはじまる。


Related article

  • デザイナー&クリエイターによる生のレクチャー「SoCa 2008」
    デザイナー&クリエイターによる生のレクチャー「SoCa 2008」
  • 【速報】 銀座三越  「ISETAN MITSUKOSHI DESIGN WEEK 2013」
    【速報】 銀座三越 「ISETAN MITSUKOSHI DESIGN WEEK 2013」
  • ブルガリ「B.zero1」のアニッシュ・カプーア バージョン
    ブルガリ「B.zero1」のアニッシュ・カプーア バージョン
  • AIRがカルティエのために制作したムービー
    AIRがカルティエのために制作したムービー
  • インタビュー:深澤直人、±0初のリストウォッチ
    インタビュー:深澤直人、±0初のリストウォッチ
  • 19日から恵比寿映像祭開幕、テーマは「歌をさがして」
    19日から恵比寿映像祭開幕、テーマは「歌をさがして」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フィンランドの現代作家による「Awakening」
  • 2
    グラフィカルに食卓を装う はし袋
  • 3
    ワタリウム美術館「ルイス・バラガン邸をたずねる」
  • 4
    カスタマイズする醍醐味。BMW Motorrad「R nineT」
  • 5
    ムービー:軽井沢千住博美術館、西沢立衛設計
  • 6
    新感覚のダイニング&チェア、リビングの新たな流行をアルフレックスから
  • 7
    今週末見るべき映画「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
  • 8
    19日からGEISAI大学 第3シーズンが開講
  • 9
    フォトギャラリー:日産「スカイライン・クロスオーバー」
  • 10
    フォトギャラリー:WyzartによるWyzArtifact Exhibition

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加