新しい体験型パフォーマンス作品「MIRAGE(ミラージュ)」とは!?

2012年 9月 17日 11:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2012年8月24日からの3日間、お台場の日本科学未来館でグラインダーマンと理化学研究所の主催による体験型パフォーマンス「MIRAGE」が発表された。1回約10分のパフォーマンスを1回につきひとりしか体験できないということもあり、予約が殺到。この貴重な機会に運良く体験することができたので、レポートする。

 「MIRAGE」の核となるのは、理化学研究所脳科学総合研究センターの適応知性研究チームにより開発されたSR システム(Substitutional Reality System=代替現実システム)。このシステムに基づくヘッドマウント・ディスプレイとヘッドフォンを合わせた装置、通称「エイリアンヘッド」が鍵をにぎる。このエイリアンヘッド、パッと見た感じではダフトパンクを連想するルックス。開発チームのリーダーである社会神経科学者の藤井直敬氏が、山中俊治氏にデザインを依頼したもので、ヘルメット状のものを被ると、目線の位置にゴーグル型ディスプレイとライブカメラが取り付けられ、耳の部分にはヘッドフォンがセットされるようになっている。頭にセットしてみると、完全に視覚と聴覚をコントロールされる感じだ。この装置自体は大して重くないのだが、自分自身で外界の情報を直接察知することができないため、やはり普通の状態に比べると少々不安を感じる。

 体験者は左右に回転可能なチェアに座り、ヘッドマウント・ディスプレイを係の人から装着される。念入りにフィット感を確認した上で、パフォーマンスがスタートする。ひとりのダンサーが目の前に現れて体験者に直接語りかけてくるのだが、最初の時点で自分の両手を見るように指示される。自分の両手をカメラ越しに動かしてみると、ちょっと不自然だが、紛れもない自分の手だということに安心感を持つ。不安になったら、手を見て動かしてみることが、この場合は肝心のようだ。そして、おもむろにパフォーマンスがはじまる。


Related article

  • 「思考をトレードする」 デザインタイド  トーキョー 2011
    「思考をトレードする」 デザインタイド トーキョー 2011
  • 「ほぼ日ハラマキタワー」が、銀座三越に出現!
    「ほぼ日ハラマキタワー」が、銀座三越に出現!
  • 素材と向き合う職人が生んだ「寄せアクリルの箱」
    素材と向き合う職人が生んだ「寄せアクリルの箱」
  • インタビュー:深澤直人、±0初のリストウォッチ
    インタビュー:深澤直人、±0初のリストウォッチ
  • スピーチレスな魅力、アンリ・サラ個展
    スピーチレスな魅力、アンリ・サラ個展
  • 水と土の芸術祭2012
    水と土の芸術祭2012

Prev & Next

Ranking

  • 1
    今週末見るべき映画「ローマ法王の休日」
  • 2
    Interview:重松象平「チャーリー・コールハース建築写真展」
  • 3
    元祖・アートの島には新作品がぞくぞく:瀬戸内国際芸術祭
  • 4
    睡眠不足の肌に効果的な、ヘレナ ルビンスタインの新ナイトケア
  • 5
    紙で再構築された事件現場 トーマス・デマンド展
  • 6
    天童木工の名作チェアに座って、ヴァイオリンの生演奏を
  • 7
    日本初公開「フェラーリ 458イタリア」
  • 8
    イタリア修道院、秘伝のレシピから生まれたコスメ
  • 9
    歴代TTシリーズ最強の「アウディTTSクーペ」
  • 10
    空冷水平対向6気筒の伝説/ポルシェ、その伝説と衝動(1)

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加