現代骨董 直球勝負。「古道具その行き先 −坂田和實の40年−」

2012年 11月 7日 12:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 1973年に東京目白に古道具などを扱う「古道具 坂田」を開いた坂田和實。その40年にわたる骨董や古美術、古道具との関わりを紹介する展覧会、「古道具その行き先 −坂田和實の40年− Old Folk Craft : The Way Ahead Kazumi Sakata's 40years」が、渋谷区立松濤美術館で開催中だ。

日本 こま犬 室町

 ヨーロッパやアジア、アフリカ、南米などでつくられた美術品や工芸品、李朝の器から、玩具、雑巾などの日用品まで。人びとの生活のなかで愛でられ、使いこまれ、ときが経過し物としてのその役割を終えたものや、割れたり欠けたりして、ひびや修復跡の残る、古美術や骨董品、古道具といわれるものたち。

 それらこれまで坂田氏が関わった物たちを、坂田氏自らのスタイリングで展示する本展。つねづね物の美しさは、物のよしあしとともに、それが置かれる空間とのバランスで決まると語る坂田氏。物とのその向き合い方は、建築家 白井晟一が設計を手がけた建築(1980年竣工)で行われる本展でも、空間における物どうしの距離のとり方、その取り合わせにあらわれている。物自体がもともとそなえている美しさを引き出すと同時に、隣り合う物どうしの関係性を生み出す展示手法は、1994年、千葉県長南町に建築家中村好文氏の設計で完成した、古道具や古美術を展示する坂田氏の美術館「as it is」ですでに実践されている。本美術館でも、他でもない坂田氏ならではの物の見立てと、その取り合わせのさじ加減の妙を十分に味わうことができる。

坂田和實氏  撮影:ホンマタカシ

 骨董品とは、一般的に100年以上前につくられた手工芸品や美術品などのことをいう。日本では、明治時代ころまでは茶の湯の道具をさして骨董といったというが、それがやがて美術品や工芸品などにおよび、現在にいたる。骨董や古道具には、やおよろずの物たちのなかから、それをみる確かな目が必要とされる。その確かな眼と、その眼をもった人を目利きといい、その人がもつ能力や職能をして見立てという。

スペイン 木製戸棚 17世紀

Related article

  • 既存の枠組を無効化する、ちいさな光「拡張するファッション」
    既存の枠組を無効化する、ちいさな光「拡張するファッション」
  • 木の名作椅子「HIROSHIMA」が生まれる現場を訪ねる。 マルニ木工・本社工場レポート
    木の名作椅子「HIROSHIMA」が生まれる現場を訪ねる。 マルニ木工・本社工場レポート
  • スペクタクル感溢れる映像展|第7回恵比寿映像祭レポート
    スペクタクル感溢れる映像展|第7回恵比寿映像祭レポート
  • フルサイズセンサー搭載、究極の「ライカM9」
    フルサイズセンサー搭載、究極の「ライカM9」
  • 儚く絶望的に美しいプールのある風景。「NINE SWIMMING POOLS AND BROKEN I PHONE」
    儚く絶望的に美しいプールのある風景。「NINE SWIMMING POOLS AND BROKEN I PHONE」
  • 写真とは何か?を問う 『ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー』
    写真とは何か?を問う 『ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー』

Prev & Next

Ranking

  • 1
    谷尻誠インタビュー:都心の広場に巨大なジャングルジムが出現
  • 2
    直接Ustream配信もできるMac、iPad、iPhone専用のワイヤレスWEBカメラ
  • 3
    「空気の港」テクノロジー×空気で感じる新しい世界
  • 4
    いったいどれが自分? 「“これも自分と認めざるをえない”展」
  • 5
    フォトギャラリー:アウディ「S4」「S4アバント」発表会
  • 6
    「WORLD SPACE CREATORS AWARD」受賞者発表
  • 7
    表参道で「WE LOVE MAGAZINE LIBRARY」
  • 8
    本というプロダクトを堪能する、原研哉展が吉祥寺で
  • 9
    今週末見るべき映画「きっと、星のせいじゃない。」
  • 10
    ソウルで吉岡徳仁個展「Tokujin Yoshioka_SPECTRUM」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加