現代美術界の奇才、初の大規模個展「会田誠展:天才でごめんなさい」が森美術館で開催

2012年 11月 30日 14:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 美少女や戦争などの題材を使って、現代の日本社会の側面を鮮烈に表現する会田誠。日本の現代美術界の奇才として注目されながら、作品のなかにあるタブーやコンプレックス、本音や矛盾の生々しさ、きわどく刺激の強い表現のために、今まで大規模な個展が開催されていなかった。今回、1990年代初頭の代表作品から、本個展のための大作(未完につき会期中も制作を進行)まで約100点が森美術館に展示されている。

 グロテスクでエロティックだったり、政治的で歴史的だったり、会田の描くテーマや作風はとても一言でくくれない。とにかく見るものの心に、ある時は共感をまたある時は不快感を、ある時は高揚感をまたある時は憂鬱感を起こさせる作品が並ぶ。 
 
 東京藝術大学大学院卒、しかも会田自身が一番固いという油画技法材料研究室出身。その技法や技術などは確かだ。会期中のポスター等に使われている大作「滝の絵」は、日本の原風景的な美しい滝に美少女達が集う。しかし、どこか無防備な少女達とその数の多さは自然ではない。ロンドン滞在中に思い浮かんだ情景はホームシックにかかった会田誠が心のなかで増幅させた日本への憧憬なのかもしれない。

《滝の絵 》
2007-10年
アクリル絵具、キャンバス
439×272 cm
国立国際美術館蔵、大阪
Courtesy: Mizuma Art Gallery

 「戦争画RETURNS」のシリーズは、太平洋戦争で国威掲揚のために描かれていた日本画家の絵を再現したなかに、現代的な経済戦争までもアイロニーとして描き込まれていたりする。

《紐育空爆之図【にゅうようくくうばくのず】(戦争画RETURNS)》
1996年
六曲一隻屏風/日本経済新聞、ホログラムペーパーにプリントアウトしたCGを白黒コピー、チャコールペン、水彩絵具、アクリル絵具、油性マーカー、修正液、鉛筆、襖、蝶番、その他
174×382 cm
零戦CG制作:松橋睦生
高橋コレクション蔵、東京
Courtesy: Mizuma Art Gallery

Related article

  • Paul Smith SHIBUYA MUSIC CLUBが期間限定オープン
    Paul Smith SHIBUYA MUSIC CLUBが期間限定オープン
  • 作家、映画監督と数多くの顔を持つ、大宮エリーの絵画
    作家、映画監督と数多くの顔を持つ、大宮エリーの絵画
  • ワタリウム美術館で「島袋道浩 展:美術の星の人へ」
    ワタリウム美術館で「島袋道浩 展:美術の星の人へ」
  • この冬は、パリでスペシャルショッピングを
    この冬は、パリでスペシャルショッピングを
  • 生誕120年 ル・コルビュジエの展覧会が5/26から
    生誕120年 ル・コルビュジエの展覧会が5/26から
  • 未来を担う36組のアーティストが、森美術館に集結
    未来を担う36組のアーティストが、森美術館に集結

Prev & Next

Ranking

  • 1
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 2
    B&B ITALIA、夏のアウトドア家具新作
  • 3
    音降る部屋は心地よい、パイオニア「ACCO」
  • 4
    フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー エクステンション
  • 5
    しあわせな人生の選択 【今週末見るべき映画】
  • 6
    タイム アンド スタイルの新作は「クラシカル」
  • 7
    オランダのデザイナー展「トレジャー・ハント:心を捉えるものは何?」
  • 8
    深夜までおいしい蕎麦が味わえる店「銀座 真田」
  • 9
    フリッツ・ハンセン ー次なる新作の製作をミラノで披露
  • 10
    アートの常識を覆した若者たち「ビューティフル・ルーザーズ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加