「周囲の期待に応えなきゃ! と自分を縛るのはやめなよ」−−『僕たちがスタートアップした理由』

2012年 12月 4日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「やりたいことがあるから起業する。本当に当たり前のことですが、これまでは当たり前のことが当たり前にできませんでした。しかし、当たり前のことをシンプルにやってみようと考える学生がたくさん現れてきた。それがこの1、2年で生まれてきたスタートアップをめぐる新しい傾向です」(本文より)

 『僕たちがスタートアップした理由』(フォレスト出版)は、起業したい若者たちを支援するために2009年5月に設立された「MOVIDA JAPAN(モビーダジャパン)」著、代表取締役社長兼CEOの孫泰蔵(そんたいぞう)氏が監修の書籍。

 孫氏は、1996年東京大学在学中にYahoo! Japanの立ち上げに参画。その後自身の会社である「インディゴ」の創業、オンラインゲーム会社「ガンホー・オンライン・エンターテイメント」の創業・上場などの実績を重ね、ベンチャーの世界に15年間、関わり続けてきた。兄はソフトバンクグループの創業者である孫正義氏だ。

■「スタートアップ」とは
本書で言う「スタートアップ」とは、社会に新しい価値を生み出そうと起業したばかりの若い会社のことをさす。MOVIDA JAPANが行っているシードアクセラレータ―事業は、とりわけこのスタートアップ期の若い会社を対象にしており、資金・教育の両面での支援を行っている。「種(Seed)の成長を加速させる(Accelerate)」という意味からシードアクセラレータと呼ばれている。

■博報堂の内定を断ってIT起業
『僕たちがスタートアップした理由』では、MOVIDA JAPANの理念・取り組みから、博報堂の内定を断ってソーシャルトラベルサービス「trippiece(トリッピース)」を立ち上げた石田言行(いあん)さんをはじめ、MOVIDA JAPANの出資企業の若者や起業家、共同投資家、米シリコンバレーで起業家支援に取り組む日本人などスタートアップに関わる多方面からスポットを当てて紹介している。

起業するとしても、「社会人になって人生経験を積んでから」「最低3年は会社に勤めてから」という声を聞いたことがある。けれども、外資系コンサルティング会社の内定を断って、オンラインギャラリーサービス「Creatty(クリエッティ)」を立ち上げた大湯俊介さんの「やりたいことを先に延ばして結局やらないよりも、先にやっちゃったほうが、リスクが少ないんじゃないかって結論を出したんです」というコメントが印象的だった。

■起業コストが格段に下がった理由とは?
「大きく2つのことが挙げられます。1つは、一昔前と比べて、『クラウド』『オープンソース』『SNS』といったIT技術の進展により起業コストが格段に下がり、ITビジネス分野においては、知恵やアイデア、情熱があれば起業しやすい環境が整ってきたこと。もう1つは、大企業に入社すれば一生安泰という“神話”が崩れたことです。本書では、若者のスタートアップを後押ししている社会背景や彼らの考え方も深堀しています」と版元のフォレスト出版・編集担当の坂口惣一さん。

Related article

  • ビブリオファイル Cruising 6月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 6月のおすすめ
  • ビブリオファイル Cruising 2月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 2月のおすすめ
  • ビブリオファイル Cruising 11月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 11月のおすすめ
  • ビブリオファイル Cruising 1月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 1月のおすすめ
  • ポートランドから見つける「自分のライフスタイル」探しガイド
    ポートランドから見つける「自分のライフスタイル」探しガイド
  • 直接Ustream配信もできるMac、iPad、iPhone専用のワイヤレスWEBカメラ
    直接Ustream配信もできるMac、iPad、iPhone専用のワイヤレスWEBカメラ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    生の一瞬のきらめきを切り取るベッティナ・ランス
  • 2
    日本屈指のテーラー・久保田博氏|『ブルーシアーズ』創立10年目の本音
  • 3
    今を見つめる鮮やかな視点。「路上と観察をめぐる表現史ー考現学以後」
  • 4
    江戸な縁起ものを暮らしに/其の二「江戸扇子/伊場仙」
  • 5
    iMacとMac miniがアップデート、69,800円から
  • 6
    近未来都市「マカオ」、その建築
  • 7
    ボルボ「V70 2.5T R-DESIGN」発売開始
  • 8
    1960年代の建築運動「メタボリズム」を一望、15日まで
  • 9
    ラグジュアリーな「三角コーン」って?
  • 10
    世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加