自然とともにあるフィンランドテキスタイルの魅力に触れる フィンランドテキスタイルアート。季節が織りなす光と影

2013年 2月 22日 11:30 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回、日本では初のまとまった展示となるドラ・ユングのアートテキスタイルは、フィンランドのタンペレ美術館が管理する、本国でも珍しい貴重なもの。プリントではなく、中世のころ、アジアからヨーロッパに伝わった織り方のひとつである、ダマスク織によるファブリックたち。その繊細な織りと微妙な光沢が放つ、質素でつつましい色と模様は、日本の伝統的な織物にも通じる美しさをもっている。テーブルクロスほどの大きさのものから、タペストリーのような大きな作品まで。教会や劇場、公共施設で着用される制服のテキスタイルも手がけるなど、ドラ・ユングの仕事は幅がひろい。自然や動植物、働く人など、身近なところにあるものをファブリックの絵柄のモチーフとしたかと思えば、造形が際立った幾何学的な模様のテキスタイルを手がけるなど、そのインスピレーションは多岐にわたっている。

 それらが北欧の人びとの暮らしのそばにある、身近な手仕事から生まれてきたものであることを考えると、とてもいとおしく見えてくるのではないだろうか。 本展に合わせて限定オープンした、 ポップアップショップも見逃せない。什器はテキスタイルと木材を組み合わせて、林に見立てたつくりで、ここには、イエンニ・ローペがデザインしたファブリック「Hutera(グラグラする)」(マリメッコ 2011年)が木の葉のように展示されている。このショップで先行販売されている、地元福岡で陶器やファブリック、版画を制作している鹿児島睦がデザインした新作ファブリックにも注目したい。


Related article

  • ポートランド発人気のライフスタイル誌『KINFOLK』の日本版が登場
    ポートランド発人気のライフスタイル誌『KINFOLK』の日本版が登場
  • 2014年東京、秋のデザインイベントレポート
    2014年東京、秋のデザインイベントレポート
  • Interview:カルテルCEO クラウディオ・ルーティ氏&吉岡徳仁氏
    Interview:カルテルCEO クラウディオ・ルーティ氏&吉岡徳仁氏
  • 日用品のデザイン「SyuRo」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(2)
    日用品のデザイン「SyuRo」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(2)
  • デンマークの名作が一堂に 「クラシックファニチャーコレクション」
    デンマークの名作が一堂に 「クラシックファニチャーコレクション」
  • さまざまな体験からみちびかれるアート|ホンマタカシ「Seeing Itselfー見えないものを見る」
    さまざまな体験からみちびかれるアート|ホンマタカシ「Seeing Itselfー見えないものを見る」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    “マンガ”をテーマに『Tokyo’s Tokyo』2号店
  • 2
    スキンケアブランド「イソップ」の路面店がオープン
  • 3
    オービカ モッツァレラバーで解禁直後のノヴェッロを
  • 4
    ニューヨークで「BMW Guggenheim Lab」はじまる
  • 5
    アートバーゼル42 現地レポート
  • 6
    恵比寿映像祭レポート(2) 都築響一のトンデモ作品
  • 7
    メルボルンのレストラン/オーストラリアを旅する(1)
  • 8
    フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー エクステンション
  • 9
    オルタナティブ・ジャーニーな世界観に写真の「今」をみる。 ライアン・マッギンレー展
  • 10
    深澤直人のデザインワークショップ展「WITHOUT THOUGHT」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加