30年ぶりの大規模な「フランシス・ベーコン展」

2013年 3月 29日 17:30 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロンドンを拠点に世界的に活躍した画家、フランシス・ベーコンの30年ぶりの大規模な個展が東京国立近代美術館で開催中だ。1992年に82歳で亡くなったベーコンの個展は、日本では、生前の1983年に東京国立近代美術館をはじめとする3館での回顧展以降、行われてこなかった。国内にあるベーコンの作品は5点だけということもあり、図版でしか見たことがなかったという人も多いのでは。

 今回の「フランシス・ベーコン展」は没後20年を記念した回顧であると同時に、ベーコンにとって最も重要なテーマだった「身体」に着目した、日本オリジナルの企画展となる。イギリス、ドイツ、アメリカ、台湾、オーストラリア、ベルギーなど世界各地から作品が集められ、ベーコン没後の大規模な個展としてはアジア初となった。

《叫ぶ教皇の頭部のための習作》
1952年 イエール・ブリティッシュ・アート・センター©The Estate of Francis Bacon. All rights reserved. DACS 2013 Z0012

 真っ暗な空間に浮かび上がる、大きな口を開けて叫ぶ人間の顔。ベーコンはベラスケスの「教皇インノケンティウス十世の肖像」(1650年)から着想を得て、多数の作品を残した。この展覧会でも習作が並んでおり、描かれた年代や設定の違いをじっくりと見比べることができる。作品の中で繰り返し反復される叫びの表情は、セルゲイ・エイゼンシュテインの映画『戦艦ポチョムキン』(1925年公開)の虐殺シーンでの乳母の表情が重ねられているそうだ。ベーコンのアトリエには『戦艦ポチョムキン』のスチール写真の掲載された書籍の切り抜きが残されていたという。

《ファン・ゴッホの肖像の為の習作 Ⅴ》
1957年 ハーシュホーン美術館 Photograph by Lee Stalsworth ©The Estate of Francis Bacon. All rights reserved. DACS 2013 Z0012

 ベーコンが「偉大なヒーロー」と称える画家、フィンセント・ファン・ゴッホ。今回の展覧会では、「ファン・ゴッホの肖像のための習作」が2点公開されている。ゴッホの作品に着想を得ているためか、華やかな色彩で絵具を厚く塗り重ねていることが見て取れる。この作品以外にも、ベーコンはゴッホの作品をもとにした絵画を数点制作している。

Related article

  • 世界中の陶磁器が楽しめる「ISETAN MITSUKOSHI DESIGN WEEK 2013」
    世界中の陶磁器が楽しめる「ISETAN MITSUKOSHI DESIGN WEEK 2013」
  • 2月に「クリストとジャンヌ=クロード展」開催
    2月に「クリストとジャンヌ=クロード展」開催
  • 新しいコンセプトの扇風機「GreenFan」
    新しいコンセプトの扇風機「GreenFan」
  • 「スティル ウォーター:岸と浜辺 ドゥニ ポルジュ」展
    「スティル ウォーター:岸と浜辺 ドゥニ ポルジュ」展
  • デザインタイド トーキョー現地速報レポート # 5 TIDE Exhibition
    デザインタイド トーキョー現地速報レポート # 5 TIDE Exhibition
  • 建築家、ボジェック・シーペックを知る
    建築家、ボジェック・シーペックを知る

Prev & Next

Ranking

  • 1
    Interview:「イロイロ ぬくもりの記憶」アンソニー・チェン監督
  • 2
    シワが気になる成熟肌のための、クリニーク新生セラムファンデーション
  • 3
    第17回東京フィルメックス(2016) 見どころは キム・ギドク監督最新作も
  • 4
    レスリー・キー初めての写真展、27日まで
  • 5
    「ホテルオークラ東京」 大人のスイートバレンタイン
  • 6
    オープニングセレモニー、渋谷から表参道へお引越し
  • 7
    今週末見るべき映画「コマンダンテ」
  • 8
    想像力で地球の中心へ、鴻池朋子展
  • 9
    日本屈指の職人が一堂に会した、注文しなくてもいいビスポーク展
  • 10
    第一線で活躍するフォトグラファーたちがロモで撮影

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加