今週末見るべき映画「ザ・マスター」

2013年 3月 21日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 アメリカ映画「ザ・マスター」(ファントム・フィルム配給)は、メジャー作品ではないけれど、いろんな意味で、アメリカ映画の底力、良心、自浄作用を示したように思う。「ザ・マスター」は、今年のアカデミー賞で、ホアキン・フェニックスが主演男優賞、フィリップ・シーモア・ホフマンが助演男優賞、エイミー・アダムスが助演女優賞にノミネートされたが、9作品がノミネートされた作品賞に選ばれなかった。アカデミー賞は、いろんな力学、思惑が絡み、政治的配慮の行き届いた賞なので、どうでもいいことではある。が、もし、一票の権利があれば、作品賞へのノミネートはもちろん、最優秀作品賞は「ザ・マスター」に、また、フィリップ・シーモア・ホフマンは、助演男優賞ではなく、主演男優賞にノミネート、一票を投じただろう。

 2時間18分、ぐいぐいと画面に引き寄せられる。映像の行間から、「アメリカ」という国が迫る。舞台は1950年代のアメリカ。戦争による心の傷を抱え、アルコール依存で帰還した海軍兵士が、怪しげな新興宗教らしき集団、「ザ・コーズ」のリーダーで、マスターと呼ばれる男と知り合う。兵士は、マスターの見事なまでのカリスマ性に魅せられ、マスターは、粗野な兵士に未知の魅力を覚える。おそらく、モデルとなったのは、「サイエントロジー」と呼ばれる実在の集団で、映画スターでは、トム・クルーズやジョン・トラボルタ、ジェニファー・ロペスなどが加わっているらしい。


Related article

  • 今週末見るべき映画「イングロリアス・バスターズ」
    今週末見るべき映画「イングロリアス・バスターズ」
  • 今週末見るべき映画 「ミリキタニの猫」
    今週末見るべき映画 「ミリキタニの猫」
  • 今週末見るべき映画「マリリン 7日間の恋」
    今週末見るべき映画「マリリン 7日間の恋」
  • 今週末見るべき映画「光りの墓」
    今週末見るべき映画「光りの墓」
  • 今週末見るべき映画「神のゆらぎ」
    今週末見るべき映画「神のゆらぎ」
  • 第17回東京フィルメックス(2016) 見どころは キム・ギドク監督最新作も
    第17回東京フィルメックス(2016) 見どころは キム・ギドク監督最新作も

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:ディーター・ラムス展
  • 2
    フォトギャラリー:モレスキン「Detour」展
  • 3
    ロンドンのギャラリー「コンクリートハーミット」がコンランショップに
  • 4
    フォトギャラリー:ダミアン・ハースト×ルイ・ヴィトン
  • 5
    エリオット・アーウィット 独占インタビュー
  • 6
    フォトギャラリー:「アルファ ロメオ 8C コンペティツィオーネ」
  • 7
    フォトギャラリー:iida第二弾発表会
  • 8
    ヨウジヤマモト×レスリー・キーの写真展が開催
  • 9
    フォトギャラリー:VW初のコンパクトSUV「ティグアン」
  • 10
    今週末見るべき映画「ハゲタカ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加