今週末見るべき映画 「ふたりのイームズ:建築家チャールズと画家レイ」

2013年 5月 9日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドキュメンタリー映画としては、格別、凝った作りではない。スポットが当てられるのは、レイの存在である。チャールズを支えるレイの働きが、作品を生み出す上で重要であったエピソードが綴られる。アメリカでさえ、まだ、女性の地位が恵まれていたわけではなかった時代である。希有な才能が花開く裏には、優れた女性の存在、サポートがあったことが明かされる。

 次々と、新しい時代を切り開くかのように、夫妻の偉業が紹介される。しかし、世の中、すべて、うまくはいかない。成功を手にしたけれど、もともと、チャールズは、仕事には厳しいが、ハンサムで、優しい性格だ。ロンドンに住む女性との関係が明るみに出る。夫妻の仕事は、そして、生活は…。
 イームズ・チェアと、1977年に作られた有名な映画「パワーズ・オブ・テン」だけが、夫妻の仕事ではない。本作は、優れた才能を持った夫妻の仕事が、現代に残した多くの影響や功績を語る。

 手元に一冊の本がある。夫妻の孫にあたるイームズ・デミトリオスの書いた「イームズ入門 チャールズ&レイ・イームズのデザイン原風景」(泉川真紀・日本語監修、助川晃自・訳、日本文教出版)だ。ふたりのイームズの伝記でもあり、残した仕事を丁寧に紹介した、すてきな本である。映画と併せてご覧になると、夫妻の残した功績や世界中に与えた影響が、さらによく理解出来ると思う。

©Productions/Bread and Butter Films.
© First Run Features.
©2013 Eames Office, LLC (eamesoffice.com).

©2011 Eames Office, LLC.

Related article

  • 今週末見るべき映画「クリーン」
    今週末見るべき映画「クリーン」
  • エンドレス・ポエトリー 【今週末見るべき映画】
    エンドレス・ポエトリー 【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画 「L.A. ギャング ストーリー」
    今週末見るべき映画 「L.A. ギャング ストーリー」
  • 今週末見るべき映画「さらば復讐の狼たちよ」
    今週末見るべき映画「さらば復讐の狼たちよ」
  • 大英博物館プレゼンツ 北斎 【今週末見るべき映画】
    大英博物館プレゼンツ 北斎 【今週末見るべき映画】
  • フランス映画祭、見どころ|2015
    フランス映画祭、見どころ|2015

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第1回「ブルーノート~1500番台編」
  • 2
    鈴木理策が語るセザンヌの魅力
  • 3
    今週末見るべき映画「イエロー・ケーキ」
  • 4
    世界のデザイン雑貨最新情報 ドイツ・アンビエンテ/後半
  • 5
    パディントンに会いに英国へ!(4)/LOVE 英国、LOVE ロンドン
  • 6
    パリ・デザインウィークで釜浅商店がデビュー
  • 7
    「LOVELESS」の姉妹店、「GUILD PRIME渋谷」がオープン
  • 8
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 9
    カルティエ、マニュファクチュールであることの威信
  • 10
    世界最小機械式ムーブメント、ジャガー・ルクルト80周年モデル

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加