今週末見るべき映画 「ビル・カニンガム&ニューヨーク」

2013年 5月 16日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

【Story】

 「最高のファッション・ショーは常にストリートにある」と、今日もニューヨークのあちこちで、写真を撮るビル・カニンガム。エレガントな女性、抜群のファッションを求めて。ビルは、ニューヨーク・タイムズに2つのコラムを持っている。ニューヨークを動かす社交界や慈善活動、政界の大物が主役となる「イブニング・アワーズ」。もうひとつは、町のリアルなファッションを紹介する「オン・ザ・ストリート」だ。この2つのコラムから、多角的にニューヨークを捉えることができる、というわけである。

 自転車で、ニューヨーク・タイムズ社に到着。多くのポジから掲載する写真を選ぶ。雨降りに着るポンチョは安物で、破れたらテープで修繕する。「ニューヨーカーは物を粗末にし過ぎる」とビル。ビルの信条は3つ、ある。まず第一にコレクションを撮る。次に、街の女性の自腹のファッションを撮る。最後はパーティに出席する。このすべてを見なければ、レポートできない、とビル。「重要なのは感想じゃない。見たものを伝えることだ」

 有名なのに、ビルの私生活は誰も知らない。独身なのか、どこで夕食を食べるのか、親しい人はいるのか。住んでいるのは、カーネギー・ホールの上のスタジオだ。小さなスペースに、フィルムが入ったキャビネットがぎっしり。キャビネットの取っ手に、服のハンガーをかけている。もう60年、ここに住んでいるエディッタ・シャーマンは、「長く、ここに住んでいるのはビルと私だけよ」と言う。エディッタは、タイロン・パワー、ヘンリー・フォンダ、アンディ・ウォーホル、かつてここに住んでいたレナード・バーンスタイン、ティルダ・スウィントンなどの写真を撮った有名な写真家だ。

 以前、仕事をしていた「ディテール」という雑誌は、100頁単位のビルの写真の特集ばかり。好きにさせてもらえるからと、ビルは稿料をいっさい受け取らなかった。「金に触れるな、触れたら最後だ」とビル。買収したコンデナスト社からも小切手は受け取らなかった。「自由より大事なものはないんだ」と当時のビルは言う。

 誰もが、ビルを知る訳ではない。若い人を撮ると、勝手に撮るな、と怒られたりもする。ビルは、レイアウトにも注文を出す。すべての仕事を他人任せにしない。レイアウトを細かくチェックし、ウェブ版では、自らナレーションもする。ビルは思う。「写真家じゃない、ただ見たものを撮り、記録しているだけだ」と。住んでいる古いスタジオに退去命令が出る。抗議集会には、俳優のジョン・タトゥーロも駆けつける。6名がまだ住んでいる。老齢の住人に立ち退きを迫るのは犯罪だ、と元の住人も言う。ビルやエディッタたちは、住み続けていたいのだが。


Related article

  • マイ・ベスト・フレンド【今週末見るべき映画】
    マイ・ベスト・フレンド【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「裏切りの戦場 葬られた誓い」
    今週末見るべき映画「裏切りの戦場 葬られた誓い」
  • 今週末見るべき映画「あやつり糸の世界」
    今週末見るべき映画「あやつり糸の世界」
  • 今週末見るべき映画「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」
    今週末見るべき映画「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」
  • 今週末見るべき映画「グランド・ブダペスト・ホテル」
    今週末見るべき映画「グランド・ブダペスト・ホテル」
  • 今週末見るべき映画「ジュリー&ジュリア」
    今週末見るべき映画「ジュリー&ジュリア」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 2
    マルニ木工「MARUNI COLLECTION 2014」。深澤直人氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー
  • 3
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 4
    現代骨董 直球勝負。「古道具その行き先 −坂田和實の40年−」
  • 5
    災害時、デザインは何ができるか?を考えた展覧会
  • 6
    江戸な縁起ものを暮らしに/其の四「金銀の爪きり/うぶけや」
  • 7
    新型BMW「M5」、迫力のボディ
  • 8
    熟成肉ブームの先駆け「京都 中勢以」、新たなる挑戦
  • 9
    マツダRX-8がマイナーチェンジ、新グレードに「RS」
  • 10
    香りの魔術師「ジョー マローン」、心躍るクリスマスギフトが限定登場

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加