日本初、マレーシアの映画の現在を見つめる「シネ・マレーシア2013」

2013年 5月 21日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本で初めて、マレーシアの映画が結集した映画祭「シネ・マレーシア ~マレーシア映画の現在~」が、5月24日(金)から31日(金)まで、オーディトリウム渋谷で開催される。

 マレーシアは、ロングステイ財団の調査によると、長期滞在を希望する国の、7年連続で第1位という。気候が温暖、治安が良く、物価も安い。日本のテレビでも、首都クアラルンプールなどの観光案内的な番組をたまに放映している。そういえば、「愛情萬歳」や「河」を監督した台湾のツァイ・ミンリャンは、たしか、マレーシアのクチン生まれだ。いままで、マレーシアの映画は、東京国際映画祭、福岡や大阪でのアジア映画祭、山形国際ドキュメンタリー映画祭、アテネフランセなどでの特集上映でしか見ることはできなかった。そのような中、マレーシアの映画について、映画ライターさんや映画ファンの間では、表現の幅が広く、奧が深い、との評判を聞いている。優れた監督が多く、有名どころでは、ホー・ユーハン、ヤスミン・アマハド、ジェームス・リーなど。その作品群は、高く評価され、マレーシア映画への注目、関心ぶりが窺える。

 今回の「シネ・マレーシア2013」では、長編作品9本、中・短編作品5本、特集上映で「マレーシア人の見た日本、日本人の見たマレーシア」と題しての7作品の計21作品が、上映される。9本の長編作品で、ジャパン・プレミアは5本。

「The Collector」

Related article

  • 大英博物館プレゼンツ 北斎 【今週末見るべき映画】
    大英博物館プレゼンツ 北斎 【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「地下鉄のザジ」
    今週末見るべき映画「地下鉄のザジ」
  • 常盤新平―遠いアメリカ―展
    常盤新平―遠いアメリカ―展
  • 今週末見るべき映画「フォンターナ広場―イタリアの陰謀」
    今週末見るべき映画「フォンターナ広場―イタリアの陰謀」
  • 今週末見るべき映画「ポルトガル、ここに誕生す~ギマランイス歴史地区」
    今週末見るべき映画「ポルトガル、ここに誕生す~ギマランイス歴史地区」
  • 今週末見るべき映画「最愛の子」
    今週末見るべき映画「最愛の子」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「絵画の在りか」を探す、若手ペインター展
  • 2
    肌の糖化にアプローチする、ポーラ「B.A ザ クリーム」
  • 3
    ここでしか受けれない贅沢なスパ。ワン&オンリー・ロイヤルミラージュ
  • 4
    話題の「LLOVE」客室プラン:速報!秋の東京デザイン祭り
  • 5
    25日まで川上元美展、日本の巨匠を知る
  • 6
    日本の近代建築は美しい、建築家・村野藤吾の展覧会
  • 7
    ラッキー 【今週末見るべき映画】
  • 8
    TalkLive動画:dublab.jp Radio Collective #177 From Tokyo @ excite cafe(18.8.9)
  • 9
    31日までmore treesのフォトエキシビション開催中
  • 10
    【動画】NUDE ON NUDE。肌を自然にキレイに見せる、時短メイク

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加