『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

終末のなかにも垣間見える希望に満ちたまなざし トーマス・バイルレ「Monuments of Traffic」

2013年 6月 3日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 表参道のエスパス ルイ・ヴィトン東京での第7回目のエキシビションとして、1960年代より活動するドイツ人アーティスト、トーマス・バイルレ「Monuments of Traffic(交通のモニュメント)」が開催中だ(9月1日まで)。

 展示されるのは昨年、5年に一度ドイツ カッセルで開催される現代美術展「ドクメンタ(13)」で発表され話題になった「Carmageddon(カーマゲドン)をはじめ、本展のために制作した新作「Conducteur(指揮者)」や、メディアアートの先駆者の一人と目されるバイルレによるビデオ作品や写真作品など。新旧の作品を再構成した本展のキュレーションもバイルレ自身が手がけている。建築家の青木淳が設計したエスパス ルイ・ヴィトン東京に、ミニマルな作品による緊張感のある空間を出現させながら、楽天的で、どこかユーモアを感じさせる世界が広がっている。

 エレベーターホールを抜け、まず目に飛び込んでくるのは、1978年の初来日の際に自身が撮影した、東京のモノクロ写真によるコラージュ作品。写真には当時訪れたという、新宿や築地、月島などの風景が映し出されている。高度経済成長期に西新宿に誕生した、日本初の高層ビル群へとつながる新宿駅西口地下連絡通路や、クリーンに整備された駅前地下広場、商店の看板が印象的な下町の風景や、隅田川にかかるかちどき橋など、バイルレのカメラの前を横切る人びとの姿や車の車種などに時の流れを感じさせる写真が並ぶ。そんな、今となっては懐かしささえ感じる都市風景のスナップ写真の中に、録音スタジオで撮影したと思われる写真が数枚混ざっている。そこには、その年の暮れにデビューアルバムを発表することになるYMOの3人の姿も映し出されている。


Related article

  • 日本橋三越本店でこの夏、北斎のアートに触れる『日本橋三越本店 アート&クリエーション』~北斎漫画の世界へようこそ~
    日本橋三越本店でこの夏、北斎のアートに触れる『日本橋三越本店 アート&クリエーション』~北斎漫画の世界へようこそ~
  • フルサイズセンサー搭載、究極の「ライカM9」
    フルサイズセンサー搭載、究極の「ライカM9」
  • 鏡の髪型展 「清水久和インタビュー」
    鏡の髪型展 「清水久和インタビュー」
  • 「フラットな白い空間」 デザインタイド トーキョーの会場
    「フラットな白い空間」 デザインタイド トーキョーの会場
  • 完璧に構成されたフレーミング。『田村彰英 夢の光』が開催中
    完璧に構成されたフレーミング。『田村彰英 夢の光』が開催中
  • 太宰府天満宮、「神さまはどこ?酒井咲帆 前田景写真展」が開催中
    太宰府天満宮、「神さまはどこ?酒井咲帆 前田景写真展」が開催中

Prev & Next

Ranking

  • 1
    世界最大の現代美術展「ドクメンタ(13)」レポート
  • 2
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 3
    フライターグの次世代型リュック「F48 HAZZARD」
  • 4
    はじめてのおもてなし 【今週末見るべき映画】
  • 5
    ますます充実、「ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー」
  • 6
    ブルーノート東京30周年記念  2018年10月8日(月・祝) “ワンマン・オーケストラ”天才ジェイコブ・コリアー 本邦初のスペシャル・ステージ!
  • 7
    フォションから、美と健康のための新シリーズ
  • 8
    デンマークの生活の家具―ボーエ・モーエンセン生誕100周年展
  • 9
    ツヴィリング。世界最高峰の包丁は、ドイツと日本のハイブリッド
  • 10
    山のような建築 雲のような建築 森のような建築

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加