今週末見るべき映画「しわ」

2013年 6月 21日 12:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近の新聞に、日本の高齢者の認知症患者は462万人、さらに予備軍が150万人、とあった。この数が多いのか、少ないのかは分からないが、平均寿命が延びるほど、認知症の患者数は増えるのだろう。日本に限ったことではない。アメリカ大統領の一般教書演説でも、認知症対策の重要性に触れている。

 まだ、認知症という名前がなかった頃と思うが、1973年に「恍惚の人」という映画があった。前年に有吉佐和子の書いた小説がベストセラーになり、豊田四郎監督が映画にした。いちやく「呆け老人」という言葉が話題になった。

 ここ数年の映画では、イギリスの女流作家アイリス・マードックが登場する「アイリス」や、「きみに読む物語」、「やさしい嘘と贈り物」、メキシコの女流監督マリア・ノバロの「グッド・ハーブ」など、いずれも認知症患者が登場する。記憶が薄れ、人格は変わるなど、テーマがテーマだけに、見ていて辛いけれど、状況設定を含めて、よく出来た脚本の映画ばかりで、ラスト近くでは、体が震えた。

 以前、テレビで放映されたと思うが、スペインのアニメーション映画「しわ」(三鷹の森ジブリ美術館配給)が、このほど公開になる。スペインのどこかの介護施設を舞台に、アルツハイマーも含めた、認知症のいろんな症状を示す患者の日常を綴る。ドラマは背後に潜み、患者たちの日常を、仄かなユーモアにくるんで押し切ってしまう。そしてなにより、厳しく重い現実を提示しているのに、表現はさりげなく、温かい。アニメーションだからこその味わいだ。

 原作は、日本にも来たことのあるパコ・ロカの描くコミックで、パコ・ロカは、本作でも共同脚本の一人として参加している。監督は、日本のアニメーションから多大の影響を受けたというイグナシオ・フェレーラス。シルヴァン・ショメ監督の傑作アニメーション「イリュージョニスト」のアニメーターを務めたキャリアがある。

映画「しわ」


Related article

  • わたしは、ダニエル・ブレイク 【今週末見るべき映画】
    わたしは、ダニエル・ブレイク 【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「イエロー・ケーキ」
    今週末見るべき映画「イエロー・ケーキ」
  • 今週末見るべき映画「女と銃と荒野の麺屋」
    今週末見るべき映画「女と銃と荒野の麺屋」
  • 今週末見るべき映画「起終点駅 ターミナル」
    今週末見るべき映画「起終点駅 ターミナル」
  • 今週末見るべき映画「ファンボーイズ」
    今週末見るべき映画「ファンボーイズ」
  • 今週末見るべき映画「涙するまで、生きる」
    今週末見るべき映画「涙するまで、生きる」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:MINIのコンセプトカー「ロケットマン・コンセプト」
  • 2
    フォトギャラリー:ミラノサローネで発表のヤマギワ新作照明
  • 3
    フォトギャラリー:「DESIGN TOUCH Exhibition 夢を叶えるデザイン展」
  • 4
    デザイン雑貨なら「テンデンス」 8月にドイツで開催
  • 5
    DESIGNTIDE TOKYO 2009、メイン会場レポート(2)
  • 6
    フォトギャラリー:ダミアン・ハースト×ルイ・ヴィトン
  • 7
    遊びのなかの色と形 クルト・ネフ&アントニオ・ヴィターリ
  • 8
    ロンドンのギャラリー「コンクリートハーミット」がコンランショップに
  • 9
    60年を経て、中原淳一の「夢の机」を商品化
  • 10
    フォトギャラリー:「±0 2009年秋の新製品」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加