今週末見るべき映画「クロワッサンで朝食を」

2013年 7月 19日 12:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

どこかで、聞いたことのあるようなタイトルである。原題は「パリのエストニア女性」。ニューヨークのティファニー宝石店ではなく、舞台はパリ。主演のジャンヌ・モローは、ココ・シャネル定番のアクセサリでいっぱいの衣装で登場する。邦題「クロワッサンで朝食を」(セテラ・インターナショナル配給)を見た。ジャンヌ・モローは、1928年生まれだから、もう85歳。1957年のルイ・マル監督「死刑台のエレベーター」以来、ずっとごひいきの女優さんだ。


ジャンヌ・モロー扮するフリーダは、エストニア出身で、今は、パリの瀟洒なアパルトマンに住んでいる。舞台俳優に憧れ、パリに来て以来、多くの男性と浮き名を流し、金持ちと結婚したが死別、いまは、その遺産を継いでいる。フリーダは、勝ち気で、わがまま、頑固、意地の悪い性格で、ほぼ孤立した日々を送っている。

フリーダには、身辺の世話をする中年男のステファンがいる。かつての愛人のひとりで、いまはフリーダの資金で、カフェを経営している。フリーダの性格からか、家政婦がなかなか居つかない。そこに、エストニアに住む50代女性のアンヌが、採用される。アンヌには、2年ほど、介護を続けている母親がいる。母親が死ぬ。アンヌは、かつて勤めていた老人ホームの紹介で、フリーダの家政婦の仕事を引き受ける。アンヌもまた、パリへの憧れを持ち続けていた。

結構、テーマは、「老い」かもしれないが、かつて、そして今も、本作は、エストニアの人たちの、フランス、パリへの憧れに満ちて、なによりもエストニアの人たちの誇りにあふれている。帝政ロシアに、ソビエトに、ナチス・ドイツに、再びソビエトに侵略されながらも、自らの言語、文化を守り、貫いた国である。単に、どの国にでも見られる「老い」を扱っただけの映画ではない。エストニアからフランス、パリ、でなければならない。


Related article

  • 今週末見るべき映画「クリスマス・ストーリー」
    今週末見るべき映画「クリスマス・ストーリー」
  • 映画監督外山文治短編作品集 【今週末見るべき映画】
    映画監督外山文治短編作品集 【今週末見るべき映画】
  • ラ・ラ・ランド 【今週末見るべき映画】
    ラ・ラ・ランド 【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「セッション」
    今週末見るべき映画「セッション」
  • 今週末見るべき映画「ビューティフル」
    今週末見るべき映画「ビューティフル」
  • 第81回アカデミー賞、ベストドレッサー賞はブラピ夫妻?
    第81回アカデミー賞、ベストドレッサー賞はブラピ夫妻?

Prev & Next

Ranking

  • 1
    美食と暖かなもてなしを味わいに訪れたい。1日1組、京丹後の離れの宿
  • 2
    フォトギャラリー:フェラーリ「599XX」日本初公開
  • 3
    伝説の「ポルシェ917」誕生から、今年で40周年
  • 4
    コカ·コーラ|世界中で愛されているボトルが100周年。その歴史と進化を体感できるイベントを開催!
  • 5
    ポイント倍率が最大3倍の新しいクレジットカード
  • 6
    2014年東京、秋のデザインイベントレポート
  • 7
    フォトギャラリー:新型フェラーリ「フェラーリ・カリフォルニア」
  • 8
    3月2日はミニの日「MINI Clubman」発売
  • 9
    スタルクが創設した家具ブランドとスペインの妖艶な家具
  • 10
    フォトギャラリー:「132 5. ISSEY MIYAKE」 青山店

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加