今週末見るべき映画「クロワッサンで朝食を」

2013年 7月 19日 12:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

どこかで、聞いたことのあるようなタイトルである。原題は「パリのエストニア女性」。ニューヨークのティファニー宝石店ではなく、舞台はパリ。主演のジャンヌ・モローは、ココ・シャネル定番のアクセサリでいっぱいの衣装で登場する。邦題「クロワッサンで朝食を」(セテラ・インターナショナル配給)を見た。ジャンヌ・モローは、1928年生まれだから、もう85歳。1957年のルイ・マル監督「死刑台のエレベーター」以来、ずっとごひいきの女優さんだ。


ジャンヌ・モロー扮するフリーダは、エストニア出身で、今は、パリの瀟洒なアパルトマンに住んでいる。舞台俳優に憧れ、パリに来て以来、多くの男性と浮き名を流し、金持ちと結婚したが死別、いまは、その遺産を継いでいる。フリーダは、勝ち気で、わがまま、頑固、意地の悪い性格で、ほぼ孤立した日々を送っている。

フリーダには、身辺の世話をする中年男のステファンがいる。かつての愛人のひとりで、いまはフリーダの資金で、カフェを経営している。フリーダの性格からか、家政婦がなかなか居つかない。そこに、エストニアに住む50代女性のアンヌが、採用される。アンヌには、2年ほど、介護を続けている母親がいる。母親が死ぬ。アンヌは、かつて勤めていた老人ホームの紹介で、フリーダの家政婦の仕事を引き受ける。アンヌもまた、パリへの憧れを持ち続けていた。

結構、テーマは、「老い」かもしれないが、かつて、そして今も、本作は、エストニアの人たちの、フランス、パリへの憧れに満ちて、なによりもエストニアの人たちの誇りにあふれている。帝政ロシアに、ソビエトに、ナチス・ドイツに、再びソビエトに侵略されながらも、自らの言語、文化を守り、貫いた国である。単に、どの国にでも見られる「老い」を扱っただけの映画ではない。エストニアからフランス、パリ、でなければならない。


Related article

  • 今週末見るべき映画「リアリティのダンス」
    今週末見るべき映画「リアリティのダンス」
  • アートの常識を覆した若者たち「ビューティフル・ルーザーズ」
    アートの常識を覆した若者たち「ビューティフル・ルーザーズ」
  • 今週末見るべき映画「Dearダニー 君へのうた」
    今週末見るべき映画「Dearダニー 君へのうた」
  • 今週末見るべき映画「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」
    今週末見るべき映画「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」
  • ジャコメッティ 最後の肖像  【今週末見るべき映画】
    ジャコメッティ 最後の肖像  【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画 「湖のほとりで」
    今週末見るべき映画 「湖のほとりで」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:フォルクスワーゲン「シロッコ」発表会
  • 2
    VWゴルフ・シロッコにトップパフォーマンスモデル
  • 3
    Interview:フォトグラファー・Hiro Kimura|俺だからこそ、見せてくれるその人の顔を撮り続けたい
  • 4
    建築家ピーター・マリノに聞く、エルメネジルド ゼニア 新宿店
  • 5
    フォトギャラリー:「吉岡徳仁デザインによる、CAMPER旗艦店」
  • 6
    フォトギャラリー:プレミアムSUV「アウディ Q5」
  • 7
    ワイナリー・風景・芸術の融合、イタリアに広がる新しい文化
  • 8
    フォトギャラリー:会田誠 展 「絵バカ」
  • 9
    里山十帖(新潟・大沢山温泉)/日本を巡る、アートな旅(3)
  • 10
    フォトギャラリー:ロレックスのアート・プログラム、ロンドンレポート

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加