『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

わたしたちに見えている世界はわずか4%にすぎない 森万里子「Infinite Renew (無限の再生)」が開催中

2013年 10月 17日 12:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

メッセージ性の高いスケールの大きな作品で、国際的に評価の高い日本人アーティストである森万里子の個展が、表参道のエスパス ルイ・ヴィトン東京で開催中だ(2014年1月5日まで)。

宇宙のサイクルや、人間の意識の深層世界をテーマにした、彫刻やインスタレーションなど、その作品が置かれる空間を拡張するようなサイトスペシフィックな作品群。それらは見る者の意識を日々の暮らしのなかで、ともすると忘れそうになる、人間と宇宙との本質的な結びつきに引き戻してくれる。


森万里子は、80年代後半ロンドンに留学後、90年代初頭よりアーティストとしての活動をスタートした。サイボーグやキャラクターなどに扮した自身を画面に配し、東京を舞台に近未来をテーマにした写真作品や映像作品を矢継ぎ早に発表し、世界的な注目を集める。90年代半ばよりニューヨークを拠点に創作活動を展開、以降、世界中で個展を開催する。

近作では宇宙の生成に着目し、その成り立ちに肉薄するような立体作品を発表し続けている。最近では、ロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツで輪廻転生をテーマにした「Rebirth」展を開催。宇宙に存在する人間を含むすべての物質は、宇宙そのもののエネルギーからできており、そこでは死は別の形に生まれかわることであり、すべては宇宙の一部であるという、最新の物理学の仮説にインスパイアされた作品を発表した。そのエキシビションに合わせて英国王立科学研究所で行なわれた、世界的な英国人物理学者ブライアン・コックスとの現代最先端の物理学と現代アートを横断するような、白熱した対話も記憶に新しい。


Related article

  • 吉岡徳仁がDesigner of the Year Award受賞
    吉岡徳仁がDesigner of the Year Award受賞
  • デザインタイド トーキョー現地速報レポート #3 TIDE Marketでお買い物
    デザインタイド トーキョー現地速報レポート #3 TIDE Marketでお買い物
  • ダミアン・ハースト×ルイ・ヴィトン、幻の作品がオークションに
    ダミアン・ハースト×ルイ・ヴィトン、幻の作品がオークションに
  • ビブリオファイル Cruising 4月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 4月のおすすめ
  • 最古にして、最先端。「道後オンセナート 2014」が今春グランドオープン
    最古にして、最先端。「道後オンセナート 2014」が今春グランドオープン
  • 動くアートの神秘的な空間が、日本橋に登場
    動くアートの神秘的な空間が、日本橋に登場

Prev & Next

Ranking

  • 1
    コール ハーン「ルナグランドウィングチップ」の新作カラーを発売
  • 2
    出発からシドニーへ|疾走オーストラリア、9000kmの旅#01
  • 3
    帽子デザイナー 平田暁夫の偉大さを知っているか
  • 4
    日本初の期間限定エンタメ&レストラン「ルナ・レガーロ」
  • 5
    コンランショップ初のアウトレットがオープン
  • 6
    オーキッド(蘭)が香る、LOVEが重なり合う - カルティエ2011新作ジュエリー
  • 7
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 8
    総額一億円相当!ベネチアンモザイクの「SICIS」オープン
  • 9
    初のAMG専用モデル 「メルセデス・ベンツ SLS AMG」
  • 10
    今回はどこ?日本のどこかで数日だけオープンする、野外レストラン

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加