今週末見るべき映画「危険なプロット」

2013年 10月 18日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

フランソワ・オゾン。2001年、34歳で「まぼろし」を撮る。その手腕に、世界が驚く。以後、ほぼ毎年のように話題作を撮りつづけている。「8人の女たち」、「スイミング・プール」、「ぼくを葬る」、「しあわせの雨傘」などなど。2012年製作のフランス映画「危険なプロット」(キノフィルムズ配給)は、スペインのファン・マヨルガの戯曲が原作、オゾン自身が脚本を書く。これが、抜群に面白い。

作家志望だったリセの国語教師ジェルマンが、教え子クロードの文章に興味を持つ。皮肉たっぷり、友人の両親のプライバシーにまで踏み込んだ文章に、ジェルマンは惹かれていく。教師は教え子に「文学」を説き、文章作法を指導する。例に引くのは、フローベル、ラ・フォンテーヌ、ドストエフスキー、チェーホフ、ディケンズなどだ。また、セリーヌの「夜の果てへの旅」が、セリフや重要な小道具として登場したりする。


ジェルマンの指導で、クロードは、ジェルマンの妻ジャンヌまで巻き込むほどの文章を綴っていく。クロードの文章は、常に「続く」で終わり、夫妻の興味がますますエスカレートしていく。やがて、クロードの書く文章は、濃密さを増し、現実と虚構の距離が埋まっていく。徐々に、師弟の関係が転倒したかのように、クロードの書き続ける文章に、夫妻が翻弄されるようになる。

クロードの覗き見る現実と、クロードの才能にジェルマンの指導が織りなす虚構の文章がないまぜになり、まさに虚実皮膜。観客は、オゾン監督の語り口のうまさに驚き、仕掛けた罠に落ちてしまう。ラストまでサスペンスがたっぷり、ドラマの内容が次々と変容し、皮肉でブラック・ユーモアに満ちたセリフが飛び交い、ぐいぐい引き込まれてしまう。

Related article

  • 今週末見るべき映画「イエロー・ケーキ」
    今週末見るべき映画「イエロー・ケーキ」
  • 東京都庭園美術館が3年ぶりにリニューアルオープン
    東京都庭園美術館が3年ぶりにリニューアルオープン
  • 今週末見るべき映画「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」
    今週末見るべき映画「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」
  • 今週末見るべき映画「家族の灯り」
    今週末見るべき映画「家族の灯り」
  • フォションが新しいフードコレクションを発表
    フォションが新しいフードコレクションを発表
  • 今週末見るべき映画「マイヤーリング」
    今週末見るべき映画「マイヤーリング」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    想像を超えた旅がはじまる。 CITROEN C4 PICASSO
  • 2
    今週末見るべき映画「預言者」
  • 3
    今週末見るべき映画「教授のおかしな妄想殺人」
  • 4
    日本が世界に誇る「工芸」の魅力を現代アートとして発信 「あたらしい工芸 KOGEI Future Forward」が開催
  • 5
    紙にまつわるプロダクトと活版印刷、パピエ・ラボ
  • 6
    実は日本では20年ぶり。喜多俊之デザイン展
  • 7
    究極の米作りを模索、鮮度にこだわる 「今摺り米」
  • 8
    追悼:スティーブ・ジョブズ「基調講演の写真で振り返るジョブズ」
  • 9
    カッシーナ・イクスシーが2008新作家具を発表
  • 10
    2018年9月22日(土)~23日(日)『TAIWAN PLUS 2018 文化台湾』開催

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加