アジアの新進作家、コンペティションに結集―第14回東京フィルメックス

2013年 10月 30日 12:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンペティションには、アジアの新進作家の意欲作がズラリ、10作品が上映される。いずれも、2012年、2013年に製作されたもので、多くの作品があちこちの映画祭で上映され、重要な賞を受けている。

過去2回、グランプリを受けているイスラエルとドイツの合作は、トム・ショヴァル監督の「若さ」だ。舞台はテルアビブ郊外。兄弟の起こした少女の誘拐事件から、イスラエルの抱える経済格差や、兵役、宗教の問題などに迫った力作だ。ベルリン映画祭でも評判を呼び、エルサレム映画祭では、作品賞など3部門で受賞している。

第14回東京フィルメックス、コンペティション作品。トム・ショヴァル監督の「若さ」


「花咲くころ」は、グルジア、ドイツ、フランスの合作で、グルジア映画では初のコンペ作品となる。民族紛争の絶えないグルジアのトビリシを舞台に、14歳のふたりの少女の成長が描かれる。監督は、ナナ・エクチミシヴィリとジーモン・グロス。ベルリン映画祭では、フォーラム部門で上映され、話題が沸騰、CICAE賞を受賞した。

第14回東京フィルメックスコンペティション作品ナナ・エクチミシヴィリ監督とジーモン・グロス監督「花咲くころ」

Related article

  • 愛を綴る女 【今週末見るべき映画】
    愛を綴る女 【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「サンシャイン・クリーニング」
    今週末見るべき映画「サンシャイン・クリーニング」
  • 寝かせ玄米「結わえる」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(4)
    寝かせ玄米「結わえる」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(4)
  • 建築家・隈研吾の手により、根津美術館がリニューアル
    建築家・隈研吾の手により、根津美術館がリニューアル
  • 今週末見るべき映画「ゴダール・ソシアリスム」
    今週末見るべき映画「ゴダール・ソシアリスム」
  • 午後8時の訪問者 【今週末見るべき映画】
    午後8時の訪問者 【今週末見るべき映画】

Prev & Next

Ranking

  • 1
    元祖・アートの島には新作品がぞくぞく:瀬戸内国際芸術祭
  • 2
    太陽王にマカロン、歴史の詰まったサン・ジャン・ド・リュズ
  • 3
    愛車と呼びたくなる新色、リモワの「サルサ レーシンググリーン コレクション」
  • 4
    大岩オスカール氏の作品が焼失:瀬戸内国際芸術祭
  • 5
    メゾンエルメスでディディエ・フィウザ・フォスティノ展
  • 6
    高層ビルとアート。再生された街、シカゴの魅力
  • 7
    世界最高のアートフェア「Art Basel」をプレビュー
  • 8
    真っ暗闇で“見える”もの「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」
  • 9
    濱田庄司の生誕120年記念展
  • 10
    フィンランドの現代作家による「Awakening」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加