アジアの新進作家、コンペティションに結集―第14回東京フィルメックス

2013年 10月 30日 12:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンペティションには、アジアの新進作家の意欲作がズラリ、10作品が上映される。いずれも、2012年、2013年に製作されたもので、多くの作品があちこちの映画祭で上映され、重要な賞を受けている。

過去2回、グランプリを受けているイスラエルとドイツの合作は、トム・ショヴァル監督の「若さ」だ。舞台はテルアビブ郊外。兄弟の起こした少女の誘拐事件から、イスラエルの抱える経済格差や、兵役、宗教の問題などに迫った力作だ。ベルリン映画祭でも評判を呼び、エルサレム映画祭では、作品賞など3部門で受賞している。

第14回東京フィルメックス、コンペティション作品。トム・ショヴァル監督の「若さ」


「花咲くころ」は、グルジア、ドイツ、フランスの合作で、グルジア映画では初のコンペ作品となる。民族紛争の絶えないグルジアのトビリシを舞台に、14歳のふたりの少女の成長が描かれる。監督は、ナナ・エクチミシヴィリとジーモン・グロス。ベルリン映画祭では、フォーラム部門で上映され、話題が沸騰、CICAE賞を受賞した。

第14回東京フィルメックスコンペティション作品ナナ・エクチミシヴィリ監督とジーモン・グロス監督「花咲くころ」

Related article

  • 今週末見るべき映画「ヤコブへの手紙」
    今週末見るべき映画「ヤコブへの手紙」
  • 今週末見るべき映画「ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して」
    今週末見るべき映画「ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して」
  • 東京ミッドタウンで、変動するデザインの可能性を感じる企画展
    東京ミッドタウンで、変動するデザインの可能性を感じる企画展
  • 人はなぜ自然に挑むのか?パタゴニアのフィルム・フェスティバル
    人はなぜ自然に挑むのか?パタゴニアのフィルム・フェスティバル
  • 今週末見るべき映画「ジュリー&ジュリア」
    今週末見るべき映画「ジュリー&ジュリア」
  • 今週末見るべき映画「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」
    今週末見るべき映画「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第13回「コロムビア/CBS/エピック編パート2(1960-1979)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 2
    フォトギャラリー:日産コンセプトカー「インフィニティ エッセンス」
  • 3
    春のコーディネートに刺激を与えるアートTシャツ
  • 4
    「ポルシェ918スパイダー」初期プロトモデルの公道テストスタート
  • 5
    新ボンドガールも愛用、ヴァレンティノのパーティドレス
  • 6
    奇妙な卓球台で遊ぼう|ガブリエル・オロスコ展
  • 7
    日常づかいのうつわとして、「明日の京焼・清水焼 プロジェクト」
  • 8
    iPadに「秋の東京デザイン祭り、完全報告。」を無料配信開始
  • 9
    ハイアット リージェンシー 東京で、クリスマスケーキを
  • 10
    ポルシェ限定モデル「911 ブラックエディション」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加