アジアの新進作家、コンペティションに結集―第14回東京フィルメックス

2013年 10月 30日 12:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンペティションには、アジアの新進作家の意欲作がズラリ、10作品が上映される。いずれも、2012年、2013年に製作されたもので、多くの作品があちこちの映画祭で上映され、重要な賞を受けている。

過去2回、グランプリを受けているイスラエルとドイツの合作は、トム・ショヴァル監督の「若さ」だ。舞台はテルアビブ郊外。兄弟の起こした少女の誘拐事件から、イスラエルの抱える経済格差や、兵役、宗教の問題などに迫った力作だ。ベルリン映画祭でも評判を呼び、エルサレム映画祭では、作品賞など3部門で受賞している。

第14回東京フィルメックス、コンペティション作品。トム・ショヴァル監督の「若さ」


「花咲くころ」は、グルジア、ドイツ、フランスの合作で、グルジア映画では初のコンペ作品となる。民族紛争の絶えないグルジアのトビリシを舞台に、14歳のふたりの少女の成長が描かれる。監督は、ナナ・エクチミシヴィリとジーモン・グロス。ベルリン映画祭では、フォーラム部門で上映され、話題が沸騰、CICAE賞を受賞した。

第14回東京フィルメックスコンペティション作品ナナ・エクチミシヴィリ監督とジーモン・グロス監督「花咲くころ」

Related article

  • 今週末見るべき映画「教授のおかしな妄想殺人」
    今週末見るべき映画「教授のおかしな妄想殺人」
  • オランダのデザインスタジオ「Thonik」日本初の個展
    オランダのデザインスタジオ「Thonik」日本初の個展
  • 素敵な遺産相続 【今週末見るべき映画】
    素敵な遺産相続 【今週末見るべき映画】
  • パリで苦闘した明治・大正画家たちの展覧会、第一部が好評のうちに終了
    パリで苦闘した明治・大正画家たちの展覧会、第一部が好評のうちに終了
  • 今週末見るべき映画「最愛の子」
    今週末見るべき映画「最愛の子」
  • マーティン・バースのアプリ「Analog Digital Clock」
    マーティン・バースのアプリ「Analog Digital Clock」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    DESIGNTIDE TOKYO×日本橋三越本店・銀座三越レポート
  • 2
    パナソニックが目指すこと―ミラノサローネ出展を振り返る
  • 3
    エッジの魅力。英国センスが際立つ「ボードン バイカラー」のデザイン力
  • 4
    永遠のCM修行僧、中島信也の絵コンテ集
  • 5
    世界限定500セットの「ライカM8.2サファリ」
  • 6
    今週末見るべき映画「僕らのミライへ逆回転」
  • 7
    食堂おさか/あの店で、今日もきちんと朝ごはん(3)
  • 8
    アート・ディレクター、堀内誠一の世界
  • 9
    JEWEL BOX GINZA にレストラン「AURUM」オープン
  • 10
    “天然のサプリ”アーモンドで美しくなる!

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加