アジアの新進作家、コンペティションに結集―第14回東京フィルメックス

2013年 10月 30日 12:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンペティションには、アジアの新進作家の意欲作がズラリ、10作品が上映される。いずれも、2012年、2013年に製作されたもので、多くの作品があちこちの映画祭で上映され、重要な賞を受けている。

過去2回、グランプリを受けているイスラエルとドイツの合作は、トム・ショヴァル監督の「若さ」だ。舞台はテルアビブ郊外。兄弟の起こした少女の誘拐事件から、イスラエルの抱える経済格差や、兵役、宗教の問題などに迫った力作だ。ベルリン映画祭でも評判を呼び、エルサレム映画祭では、作品賞など3部門で受賞している。

第14回東京フィルメックス、コンペティション作品。トム・ショヴァル監督の「若さ」


「花咲くころ」は、グルジア、ドイツ、フランスの合作で、グルジア映画では初のコンペ作品となる。民族紛争の絶えないグルジアのトビリシを舞台に、14歳のふたりの少女の成長が描かれる。監督は、ナナ・エクチミシヴィリとジーモン・グロス。ベルリン映画祭では、フォーラム部門で上映され、話題が沸騰、CICAE賞を受賞した。

第14回東京フィルメックスコンペティション作品ナナ・エクチミシヴィリ監督とジーモン・グロス監督「花咲くころ」

Related article

  • 今週末見るべき映画「マルタのことづけ」
    今週末見るべき映画「マルタのことづけ」
  • ボランジェと「007」新作映画でコラボシャンパンを発売
    ボランジェと「007」新作映画でコラボシャンパンを発売
  • 生誕100周年を迎えるブルーノ・ムナーリの一大展示会が開催
    生誕100周年を迎えるブルーノ・ムナーリの一大展示会が開催
  • シャネルによるアート・プロジェクト「モバイルアート」が開幕
    シャネルによるアート・プロジェクト「モバイルアート」が開幕
  • 麗しき女性たち マルティーヌ・フランク写真展
    麗しき女性たち マルティーヌ・フランク写真展
  • ビブリオファイル Cruising 6月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 6月のおすすめ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    春、新生活に買うべきミラーは?
  • 2
    いま観るべき芝居『わが星』|劇団ままごと劇作家・柴幸男インタビュー
  • 3
    フォトギャラリー:Art Baselにカルティエ「ビートたけし/北野武」展?
  • 4
    開幕直前!オルセー美術館展2010「舞台裏レポート」
  • 5
    極限のクライマックスへ「ダイ・ハード/ラスト・デイ」
  • 6
    iida第2弾発表、ロボットのコンセプトモデルも
  • 7
    IFFTインテリアライフスタイルリビング、11月2日から
  • 8
    デザイン文具の「ACME」が表参道ヒルズに
  • 9
    【トーク】ルネサンス三大巨匠編(2)/第一回ヘンタイ美術館
  • 10
    20世紀最強のスイス人デザイナー、マックス・フーバー展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加