果てしのない日常に問いかける眼差し。 ホンマタカシ「Pinhole Revolution / Architecture」

2013年 10月 22日 15:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真家ホンマタカシの個展「Pinhole Revolution / Architecture」が、東京千代田区にある現代アートギャラリー「TARO NASU」で始まった。ホンマタカシがTARO NASUで初めて開催する今回の個展では、ホンマが撮り続けている建築をテーマにした作品シリーズ「Architectural Landscapes」と、2013年より取り組んでいるピンホール写真による新旧2つの作品を展示する。


ル・コルビュジエのカップ・マルタンの休暇小屋、小さな家、ロンシャン礼拝堂、アルヴァ・アアルト自邸、丹下健三の広島平和記念資料館、代々木第二体育館、黒川紀章の国立新美術館。歴史的な名建築を被写体にした美しく鮮明なカラー写真と、眼を凝らしてみないとときに何が映っているのかわからない、輪郭のボヤけたモノクローム写真。これら完璧な構図で切りとられ、鮮やかなプリントで仕上げられたカラー写真とともに展示された、抽象的なモノクローム写真と青みがかった不思議な色合いのカラー写真が、ピンホールカメラの技法を用いて撮影された作品だ。クリアな写真と曖昧な写真の対比もユニークだし、ホンマの作品で白黒というのも珍しい。ピンホールで撮影された作品が発表されるのも今回のエキシビションがはじめてである。

©Takashi Homma Courtesy of TARO NASU

Related article

  • ワコム社の「Bamboo Stylus」と共に新しいデジタル体験を。その全貌とは
    ワコム社の「Bamboo Stylus」と共に新しいデジタル体験を。その全貌とは
  • ホンマタカシ「Chandigarh」|さまざまな関係性を写し出すイメージ
    ホンマタカシ「Chandigarh」|さまざまな関係性を写し出すイメージ
  • ペット用自動給餌器「PETLY」のある暮らし
    ペット用自動給餌器「PETLY」のある暮らし
  • 吉岡徳仁を知る/パーマネント コレクション|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(4)
    吉岡徳仁を知る/パーマネント コレクション|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(4)
  • "アラーキー"のこれまでとこれから「往生写集―東ノ空・PARADISE」開催
  • 「世界は大きな彫刻である」エスパス ルイ・ヴィトン東京でエルネスト・ネト展が開催中
    「世界は大きな彫刻である」エスパス ルイ・ヴィトン東京でエルネスト・ネト展が開催中

Prev & Next

Ranking

  • 1
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 2
    瀬戸内海を切り開く?「ファスナーの船」:瀬戸内国際芸術祭
  • 3
    世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」
  • 4
    ブルガリ「B.zero1」のアニッシュ・カプーア バージョン
  • 5
    東京デザイナーズウィーク2008 レポート(2)
  • 6
    フランス映画祭、見どころ|2015
  • 7
    ポイント倍率が最大3倍の新しいクレジットカード
  • 8
    今週末見るべき映画「おみおくりの作法」
  • 9
    背筋がゾゾッとする彫刻。「小谷元彦展:幽体の知覚」展
  • 10
    ヌード!ヌード!ヌード!篠山紀信がビルジャック

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加