今週末見るべき映画「ハンナ・アーレント」

2013年 10月 24日 13:40 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年の東京国際映画祭のコンペティション部門で上映され、硬派の映画ファンを魅了したのが、「ハンナ・アーレント」(セテラ・インターナショナル配給)だ。ちょうど1年、このほどの公開となった。

女性哲学者ハンナ・アーレントは、ドイツ系のユダヤ人。第二次世界大戦のさなか、1941年、ナチスの強制収容所を脱出、その後、アメリカに亡命する。

今週末見るべき映画「ハンナ・アーレント」メイン画像


1960年、ナチスの戦犯アドルフ・アイヒマンが、逃亡先のアルゼンチンで逮捕される。アーレントは、アイヒマンの裁判を傍聴、そのレポートを週刊誌の「ザ・ニューヨーカー」に発表する。5回の連載で、アイヒマンの裁判についてのアーレントの考えを述べた記事は、第1回から、多くの非難を浴びる。アーレントは、アイヒマンを極悪非道な犯罪者ではなく、平凡な人物であると考える。結果、多くのユダヤ人からの批判が、アーレントに殺到する。

映画は、当時のアイヒマンの裁判の実写フィルムが使われて、臨場感たっぷり。2012年に作られたドイツ、ルクセンブルグ、フランスの合作になる。ドイツは、いまだ、映画という媒体で、戦争の意味を問いかけ続けている。

いったいに、戦争で勝った国が、負けた国を裁くことができるのか? 勝った国が正義で、負けた国が悪なのか? いつも思うことだが、戦争に正義も悪もないはず。ナチス・ドイツだけが、悪ではないはず。ドイツ敗戦後のニュールンベルグ裁判しかり、極東軍事裁判(東京裁判)しかりである。右や左の思想ではない。なぜ、国と国が戦争するのか、人間と人間が殺しあうのか。単純な疑問に、アーレントは答えを提出する。諸悪の根源は、人間が思考を停止し、立場上、命令に従うだけの人間となること。つまり、人間としての善悪の判断思考の停止が、悪や暴力、大量殺人を生むことを、ほぼ半世紀前から訴えていた。

ナチスの戦犯アドルフ・アイヒマン。「ハンナ・アーレント」では、当時のアイヒマンの裁判の実写フィルムが使われて、臨場感たっぷり。

Related article

  • トッド・ソロンズの子犬物語 【今週末見るべき映画】
    トッド・ソロンズの子犬物語 【今週末見るべき映画】
  • ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿 【今週末見るべき映画】
    ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿 【今週末見るべき映画】
  • ドイツ本国仕様、新型BMW Z4の姿が明らかに
    ドイツ本国仕様、新型BMW Z4の姿が明らかに
  • 今週末見るべき映画「ロイヤル・コンセルトへボウ オーケストラがやって来る」
    今週末見るべき映画「ロイヤル・コンセルトへボウ オーケストラがやって来る」
  • スラムドッグのヒロインin パリ、シャネルを堪能した2DAYS
    スラムドッグのヒロインin パリ、シャネルを堪能した2DAYS
  • 今週末見るべき映画「コン・ティキ」
    今週末見るべき映画「コン・ティキ」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 2
    木の名作椅子「HIROSHIMA」が生まれる現場を訪ねる。 マルニ木工・本社工場レポート
  • 3
    今週末見るべき映画「起終点駅 ターミナル」
  • 4
    アマン東京|静謐な美が宿る極上の空間
  • 5
    上質なポートワイン×ショコラを味わうのが、大人の愉しみ
  • 6
    ジャズ名盤講座第1回「ブルーノート~1500番台編」
  • 7
    伊勢丹新宿店 食品フロアが6/13リニューアル
  • 8
    最新のデザイン「Fx0」|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(1)
  • 9
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 10
    「MoMA Design Store」が秋冬コレクション発表

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加