『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

今週末見るべき映画「ハンナ・アーレント」

2013年 10月 24日 13:40 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

アーレントは、マルティン・ハイデガー、エトムント・フッサール、カール・ヤスパースの教えを受けている。また、1940年に再婚した相手のハインリヒ・ブリュッヒャーは、ローザ・ルクセンブルグ率いるスパルタクス団(後のドイツ共産党)に参加し、独学ながら、アーレントの政治哲学の形成に多大の影響を及ぼした人物である。

アイヒマンを極悪非道な犯罪者ではなく、平凡な人物であると考える。ドイツ系ユダヤ人の女性哲学者ハンナ・アーレントを演じるのはバルバラ・スコヴァ。


監督・脚本は、ドイツ共産党を創設したローザ・ルクセンブルグの生涯を描いた「ローザ・ルクセンブルグ」を撮ったマルガレーテ・フォン・トロッタ。ローザに扮したバルバラ・スコヴァが、本作でアーレントを演じる。ラスト近く、アーレントは大学で講義する。学生たちへの言葉は、アーレントの思想が集約され、そのスピーチは圧巻である。

映画が娯楽であることに文句を言うつもりはない。百億円もの興行収入のある映画に、ケチをつけるつもりはない。考えさせられる、ひょっとして、人生を変えるくらいの、考えるヒントとなる映画もあってしかるべきと思う。そのような映画作家は、世界じゅう、どこにもいるし、そのひとりが、マルガレーテ・フォン・トロッタだろう。

配給のセテラ・インターナショナルは、創立25周年。公開の岩波ホールは、創立45周年という。それぞれ、いい仕事を続けていると思う。おめでとうございます。

大学で講義を行うハンナ・アーレント。

Related article

  • 母と娘の人生を描いた感動作、いよいよ公開。
    母と娘の人生を描いた感動作、いよいよ公開。
  • 今週末見るべき映画「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」
    今週末見るべき映画「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」
  • ライカ M8がアップデート、「ライカ M8.2」に
    ライカ M8がアップデート、「ライカ M8.2」に
  • フランス映画祭2016、見どころ
    フランス映画祭2016、見どころ
  • 今週末見るべき映画「ローマ法王の休日」
    今週末見るべき映画「ローマ法王の休日」
  • 今週末見るべき映画「ボヴァリー夫人とパン屋」
    今週末見るべき映画「ボヴァリー夫人とパン屋」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第4回「パシフィック・ジャズ」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 2
    ミラノ、モルティーニ新作 ダークホースはロン・ジラード
  • 3
    デザインマイアミ/バーゼル2010 詳細レポート
  • 4
    大人のためのあみぐるみ。タカモリ・トモコさんインタビュー。
  • 5
    フォトギャラリー:プレミアムコンパクト・クロスオーバー「XC60」
  • 6
    ジャズ名盤講座第10回「ヴァーヴ編(その3)」ビギナー向け9選!マスター向け9選!
  • 7
    新型グランツーリスモ「フェラーリ・カリフォルニア」価格発表
  • 8
    アラン・デュカスの“パリのお気に入り”が体験できる1週間
  • 9
    ジャズ名盤講座第9回「ヴァーヴ編(その2)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 10
    はじめてのおもてなし 【今週末見るべき映画】

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加